メモ

忘れっぽいです

2017年7月公開映画チェック、後半

今の時期は忙しくて適当です、7月映画チェック後半。

旧作上映は、ジャック・デゥミとアニエス・ヴァルダ夫妻の監督作5作品を特集上映する「ドゥミとヴァルダ、幸せについての5つの物語」があります。
http://www.zaziefilms.com/demy-varda/

ローラ』『5時から7時までのクレオ』はヌーヴェルヴァーグの中でも特に重要な、そしてそんなカテゴライズなど無意味でタイムレスな名作なだけに、劇場公開は嬉しいですね。欲を言うなら、日本じゃそうそうやらないであろうアニエス・ヴァルダの特集上映なら、映画史家ジョルジュ・サドゥールが「最初のヌーヴェルヴァーグ作品」と呼んだヴァルダの "La Pointe Courte" もやって欲しかった。

新宿シネマカリテの「カリコレ2017」で『吐きだめの悪魔』やりますね。人間が溶ける、という至高の面白要素すら割とどうでもよくなるクズ人間のクズ行為パレード映画。監督が現在もカメラ・オペレーターとして第一線で活躍中のジム・ミューローなだけに無駄にカメラ動きまくりです。以前、大画面で見た時は楽しかったなぁ。
http://qualite.musashino-k.jp/quali-colle2017/

シネマヴェーラは羽仁進レトロスペクティブ。有名作は普通にソフト化されていますが、渥美清主演『ブワナ・トシの歌』や『ピンキーとキラーズの恋の大冒険』はこういう機会にしかお目にかかれないでしょうね。


http://eiga.com/coming/


7/21(金)
怪盗グルーのミニオン大脱走
http://minions.jp
ミニオン3作目。日本予告見てもイマイチそうだけど、アメリカ予告見ると今回とても良さそう。英語版では何とトレイ・パーカーが声優参加。


7/22(土)
ウィッチ
http://www.interfilm.co.jp/thewitch/

ホラー映画、特にアメリカ産のホラー映画って、いかに面白ルールで人を殺すか、どんなグロを見せるか、なんて事には熱心ですが、「恐怖」を感じさせるのにはあまり長けてないなー、と僕は思っているのですが、これは怖そう。楽しみ。


ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走
http://gaga.ne.jp/bon-voyage/

世界の果てまでヒャッハー!』ニコラ・ブナム監督作。車が止まらない暴走コメディ。


十年
http://www.tenyears-movie.com

香港若手監督5人による、2025年の香港を題材にしたオムニバス。
香港映画は中国返還後、一気に勢いを失い、今や中国香港合作映画ばかり。そんな香港映画界にあって、微々たる制作費の自主制作映画として作られ、1館の公開から草の根的上映活動を経て全土に広まり、遂に香港電影金像奨の最優秀作品賞となった、劇的な一作。


心が叫びたがってるんだ。
http://kokosake-movie.jp

実写版。『ジンクス!!!』『近キョリ恋愛』の熊澤尚人監督&まなべゆきこ脚本。


密使と番人
https://www.nihon-eiga.com/missitburnin/
三宅唱監督作。時代劇専門チャンネルと日本映画専門チャンネルが製作のオリジナル作品。三宅唱監督に時代劇撮らせるなんて、面白い製作者/企画者さんがいるモノだなぁ。


7/28(金)
ザ・マミー 呪われた砂漠の王女
http://themummy.jp/

トム・クルーズ主演、1932年のユニバーサル怪物ホラーのクラシック『ミイラ再生』のリメイク。監督は新生『スター・トレック』シリーズ制作脚本のアレックス・カーツマン。脚本は『プロメテウス』ジョン・スパイツと、近年のトムクル映画に欠かせない『アウトロー』監督脚本のクリストファー・マッカリー。
ハムナプトラ』も『ミイラ再生』リメイクで、アレは『ミイラ再生』の設定を一応なぞりつつ、続編である1940年『ミイラの復活』のコミカル要素強め作劇を踏襲していましたが、今回の『ザ・マミー』はいよいよ『ミイラ再生』要素が行方不明になってそう。
ちなみにユニバーサルのミイラ映画は、日本では『ミイラ再生』以外ソフト化されていなかったのですが、コスミック出版の10枚組1800円DVDシリーズによってまとめて日本語字幕で見られるようになりました。ミイラ男が包帯ぐるぐるビジュアルでズルズルのろのろ歩く、と言うステレオタイプなイメージを確立した『ミイラの復活』はとても楽しくコレ一作で1800円払ってもオツリがくる内容。コスミック出版のBOXシリーズは、西部劇も面白い映画だらけだし、今年6月発売のゾンビBOXは普通に『私はゾンビと歩いた!』入ってるしで、最近ココのDVD-BOXばかり見ています。画質も必要充分だし「映像特典なぞ要らぬ、本編だけ見れりゃ良い」という映画ジャンキーには本当にオススメ。



君の膵臓をたべたい
http://kimisui.jp/
監督『黒崎くんの言いなりになんてならない』月川翔。脚本『ホットロード』吉田智子。撮影『ちはやふる』柳田裕男。


7/29(土)
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
http://thefounder.jp

最近のKADOKAWA配給映画のYouTubeサムネって下品よね。


ローサは密告された
http://www.bitters.co.jp/rosa/

フィリピン映画。劇映画とは思えない映像の質感が素晴らしい。


東京喰種 トーキョーグール
http://tokyoghoul.jp

マンガ実写化。出演は窪田正孝、清水富美加、蒼井優、大泉洋、白石隼也、相田翔子、浜野謙太、古畑星夏、前野朋哉、岩松了など。面白い演技をしてくれそうな人を揃えた良いキャスティング。


海辺の生と死
http://www.umibenoseitoshi.net

満島ひかり主演。島尾ミホ「海辺の生と死」や島尾敏雄「死の棘」「島の果て」を元にしたおはなし。『かぞくのくに』『夏の終り』プロデューサーの越川道夫が監督脚本。
[ 2017/06/29 13:17 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

2017年7月公開映画チェック、前半

7月。夏休み突入時期の割にショボいラインナップに思えます。
目を引く新作公開監督は
マルコ・ベロッキオ、エレノア・コッポラ、ケヴィン・スミス、チャド・スタエルスキ、廣木隆一、福田雄一、三宅唱、米林宏昌
といったところ。
記事では取り上げていないけど深夜アニメ映画は豊作で、Free、結城友奈は勇者である、ノーゲーム・ノーライフ、生徒会役員共、なのは、と弾数揃ってますね。


http://eiga.com/coming/


7/1(土)
パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊
http://www.disney.jp/pirates/
シリーズ5作目。今回の敵役はハビエル・バルデム。映像で見ると髪の毛フワフワしてるビジュアルが面白い。前作欠席のオーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイも一応出演してる、らしいです(このシリーズ一作目しか見てないのでよく知らない)。
過去作にはキース・リチャーズが出演していますが、今回は大物ミュージシャンのゲスト枠にポール・マッカートニーが出演。自身やビートルズ主演以外の劇映画に出るのは初めてじゃないですかね。


コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団
http://conveni-wars.jp/

ケヴィン・スミス監督脚本編集。
監督前作『Mr.タスク』に登場した(ジョニー・デップの娘)リリー=ローズ・メロディ・デップと(ケヴィン・スミスの娘)ハーレイ・ケイン・スミスの、コンビニ店員コンビが主役。
カナダのコンビニだからって棚いっぱいにメープルシロップ並べてしまう分かり易い「アタマ悪そう」演出。そして、ジョニー・デップ、ヴァネッサ・パラディ、スタン・リー、ジャスティン・ロング、ハーレイ・ジョエル・オスメントと、楽屋落ち感たっぷりのキャスティング。いかにもケヴィン・スミス映画って感じで、昔からのファンには嬉しい。


ディストピア パンドラの少女
http://pandora-movie.jp

カズオ・イシグロ meets ウォーキング・デッド と絶賛された小説の映画化、だそうです。近年多い、設定は面白いけどあまりホラーホラーしてない変わり種ゾンビ映画でしょうか。やっぱり渋谷のシアターN無くなってから、ガッツあるホラーの劇場上映減ってる気がしますねぇ。


地獄愛
http://2killersinlove.com

20人以上の女性を殺害した、実在の結婚詐欺カップルを元にした映画。
監督は、悪くない映画なのに邦題のインパクトで損してる『変態村』のファブリス・ドゥ・ヴェルツ。主演も『変態村』で散々な目にあうローラン・リュカ。
同事件を題材にした1970年アメリカ制作カルト・クラシック映画『ハネムーン・キラーズ』も併せて再上映。『ハネムーン・キラーズ』はトリュフォーやデュラスのお気に入りだけあって、ヌーベルバーグ好きは間違いなくグッと来るであろう傑作。ジョン・ウォーターズみたいなバッド・テイスト映画好きもイケるでしょう。帽子ばあさんのくだりとか最高。


忍びの国
http://www.shinobinokuni.jp/
天下無敵の織田軍の侍 vs 伊賀の忍、という熱いシチュエーションの戦国時代劇。『のぼうの城』和田竜が原作脚本。監督&主演は中村義洋&大野智の『映画 怪物くん』コンビ。事前に『怪物くん』を見ておけばどんな仕上がりでも「流石にアレよりは面白いわ」となるのでお得。


夏の娘たち ひめごと

魔法少女を忘れない』堀禎一、久しぶりの監督作。脚本編集も担当。撮影は『ヴィレッジ・オン・ヴィレッジ』渡邉寿岳。やまだないとがポスター描いてます。


クロス
http://www.cross2017.com/
有名プロデューサー奥山和由が珍しく監督をしている映画。共同監督に近年の金子修二作品の常連撮影監督、釘宮慎治。
監督が降りたけどスケジュール的にクランクインするしかなくてこの監督体制になったんじゃないか、と邪推しちゃう布陣。


それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!
http://anpan-movie.com/2017/
映画29作目。矢野博之監督、米村正二脚本。いつものアンパン映画な布陣。ゲスト声優に多部未華子とキャイーン。


めだまろん ザ・レジデンツ・ムービー
http://www.imageforum.co.jp/theresidentsmovie/

レジデンツのドキュメンタリー。
僕は、レジデンツの作品に触れると、普段は皮かむりの感性が剥き出しにされて「箸が転がるだけで面白い」みたいな、何でも楽しめる状態になるのですが、この予告編見てもあんまムケないですね。単なるレジデンツ紹介ムービーになりそうな気が。レジデンツならそれだけでも充分面白いでしょうけど。


7/7(金)
ジョン・ウィック チャプター2
http://johnwick.jp/

前作は「引退した殺し屋」という事で若干の動きの鈍さも言い訳できたけど、今回はそうもいかねぇ!とモーレツなトレーニングを積んだキアヌ・リーブス主演の、シリーズ2作目。トレーニング映像で見せる、実弾での的確なエイミングに惚れます。
前作はイカツイ&イイ面のおっさんキャスティングが絶妙でしたが、今回もピーター・ストーメア、イアン・マクシェーン、ローレンス・フィッシュバーン、そしてマカロニ・ウエスタンの巨星フランコ・ネロが登場。若手殺し屋は『トリプルX 再起動』ルビー・ローズ、コモンが出演。
監督チャド・スタエルスキ、脚本デレク・コルスタッドは前作から続投。


ボンジュール、アン
http://bonjour-anne.jp/

フランシス・フォード・コッポラの奥様、エレノア・コッポラが監督脚本した初の劇映画。
邦題も全然悪くないと思いますが、原題の "Paris Can Wait" はコッポラ・ファミリーらしい映画インテリジェンスがあって良いですね。奥行きを感じさせないベタっとした映像の質感は晩年のオリヴェイラっぽいし、銀座マダム向けの売り方してるけど、むしろシネフィル好みする映画かもしれません。


7/8(土)
ライフ
http://www.life-official.jp/

ポスターのど真ん中にジェイク・ギレンホールのニヤケ顔があるだけで悪い予感しかしない『エイリアン』系宇宙ホラー。
監督『デンジャラス・ラン』『チャイルド44』 ダニエル・エスピノーサ、脚本『ゾンビランド』『デッドプール』レット・リース&ポール・ワーニック。
出演ジェイク・ギレンホール、レベッカ・ファーガソン、ライアン・レイノルズ、真田広之。今の真田広之が『リング』みたく絶望の表情で死んでいくの、見たいっすね。


バイバイマン
http://byebyeman-movie.jp/

そこそこヒットしたみたいですがトレイラー見てもあまりソソらないホラー。"don’t say it, don’t think it" を執拗に繰り返すのはちょっと良いですね。


裁き
http://sabaki-movie.com/

階層、民族、言語、宗教が入り乱れるインド社会への鋭い洞察を盛り込んだ法廷劇。とはいえ、対象とのドライな距離感のおかげで、飄々として辛気臭さは薄そう。かなり面白いのでは。


逆光の頃
http://gyakko.com/

タナカカツキ最初期の漫画原作。とっても良さそう。


メアリと魔女の花
http://www.maryflower.jp/
米林宏昌がジブリを離れて一発目の監督作。


マイ・ライフ・ディレクテッド・バイ・ニコラス・ウィンディング・レフン
http://klockworx.com/movie/m-405261/

オンリー・ゴッド』撮影中のニコラス・ウィンディング・レフンを追ったドキュメンタリー。奥様のリブ・コーフィックセンが監督。『ブロンソン』『ドライヴ』といった絶賛映画ではなく、そら賛否ガッツリ分かれるよ、な『オンリー・ゴッド』撮影ドキュメンタリーなのが良いですね。映画舞台裏ドキュメンタリーは失敗作の方が面白い、みたいなところありますし。


7/14(金)
銀魂
http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama-film/

小栗旬主演な時点でボロカス言われてるんでしょうなー、な実写版。福田雄一監督脚本。かつての紀里谷映画を思わすショボVFXが大変よろしいですね。
しかし、誰が演じても色々言われそうな銀さんは小栗旬くらいしかやれる人居ないでしょうし、他は新八に菅田将暉、神楽に橋本環奈、土方に柳楽優弥、ズラに岡田将生と、かなり頑張ったキャスティングしてると思います。何より高杉晋助に滅多に映画出ない堂本剛を持ってきたのは相当面白い。


7/15(土)
甘き人生
http://www.amakijinsei.ayapro.ne.jp/

愛の勝利を』マルコ・ベロッキオ監督作。ベロッキオ監督作ですら東京ではスバル座とユーロスペースしか上映館がないなんて、世知辛いですなぁ。


ハートストーン
http://www.magichour.co.jp/heartstone/

アイスランド映画。LGBT映画賞を複数受賞しているので、そういう映画なのでしょう。


世界は今日から君のもの
http://sekakimi.com

ステレオタイプおたくの成長映画、でしょうか。無表情の門脇麦かわいい。この手の映画は大概、実際にオタクやってる人間が見ると無性にイラっと来るモンですがコレはどうかな。予告編の海ぽちゃシーンは映画力あって素晴らしい。


彼女の人生は間違いじゃない
http://gaga.ne.jp/kanojo/
廣木隆一監督作。


カーズ クロスロード
http://www.disney.co.jp/movie/cars-crossroad.html

シリーズ3作目。日本語エンディング曲奥田民生。吹替に松岡茉優、藤森慎吾などが新規参加。『モンスター・ホテル』『プリキュアオールスターズ 春のカーニバル』では散々だった藤森演技だけど、今回は予告の一言聞く限りでは以前ほど悪くなさそうな。


劇場版ポケットモンスター キミにきめた!
http://www.pokemon-movie.jp

ポケモン映画20作目。20年前に放送されたテレビアニメ第1話のラストの続きを、オリジナルストーリーで描く、という事なのでポケモン世代の方々にとってはアツそう。
監督はいつも通り湯山邦彦。毎年恒例のゲスト声優として中川翔子と山寺宏一参加。脚本は珍しく米村正二。アンパンやヒーロー大戦映画は数多くやってますが、意外なことにポケモン映画は初。王道やると強い人なので割と良さそうな。


パワーレンジャー
http://www.power-rangers.jp

初代パワーレンジャーのリブート。
監督は、高校生タイムリープ物の佳作『プロジェクト・アルマナック』のディーン・イズラライト。脚本『リアル・スティール』『フライト』ジョン・ゲイティンズ。美術『フューリー』アンドリュー・メンジース。音楽ブライアン・タイラー。
予告編から「『アベンジャーズ』『クロニクル』以降」の映画になってる感じが伝わってくるし、スタッフの人選も面白いし、金かかってる良いプロダクトですね。東映配給じゃなく、もっとプロモーション上手いところがやれば日本でも結構ヒットしそうな気が。
日本語吹替は、レッド勝地涼、ピンク広瀬アリス、ブルー杉田智和、イエロー水樹奈々、ブラック鈴木達央、悪役に沢城みゆき。


ケイト・プレイズ・クリスティーン
http://www.chunfufilm.com/kate-plays-christine

1974年、ニュース番組の生放送中に拳銃自殺したキャスター、クリスティーン・チュバック。彼女を演じることになった女優が、役作りとしてクリスティーンに近づいてく様子を撮影したドキュメンタリー、、、と言ってますがフェイクっぽいですね。面白ければフェイクでも何の問題もありませんが。
同事件に関してはレベッカ・ホール主演の "Christine" という劇映画も作られています。こっちのが面白そうなんだよなー。
[ 2017/06/22 03:28 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

東方同人誌感想

例大祭14同人誌の感想。辺境在住で都会に出る元気などないので、全てメロン&とら通販で購入した物です。



但し紅霧は指から出る
サークル:NORAONI

幻想郷の中で毎度起こる「異変」。霊夢たちや一般の人々にとっては厄介ごとでしかない異変だけれども、その闇の向こうには、美しい光があるのかもしれない。
そんな事を思わす光景を、ラスト2ページ見開きの、右ページが暗く、左ページが明るい、鮮やかな対比で描くエンディングがステキでした。二つの情景を同時に視認させる、という映像媒体が苦手とする表現手法。普段映画ばっか見てるだけに、こういう漫画ならではの見せ方をうまく使われると、僕は感嘆します。




風遊神事2
サークル:ポンポンブラック

現在、最も続きが楽しみなシリーズの二作目。
東方本編のストーリーを別視点、特に5,6面ボス側から語り直す同人作品は数多くありますが、この作品は今のところ3〜4ボス&中ボス視点の比重が大きめ。にとり/椛/文が、それぞれの種族や個人としての立場を踏まえ行動しつつ、語り部としても機能する事で、静かに始まった一つの異変が複数の思惑を絡め取りながら肥大化していく流れを、スリリングに読ませていく。おはなしも作劇も圧巻です。




わたしのおわり
サークル:paseri

一つのテーマ/世界観の元、描かれるオムニバス作品。124ページというボリュームながら、僕、一話目の途中から最後まで、ずっと瞳うるうる、時にはポロっと涙をこぼしつつ、読み終えました。
僕は、萩尾望都先生『ポーの一族』のおはなしの一つ「グレンスミスの日記」のような "人はなぜ、物語を欲するのか" を語るタイプの物語が好きです。人間が本当に賢かったら、きっと「物語」など必要ありません。人間が本当に賢かったら、過去の「事実」から学び、同じ過ちを二度と繰り返さない完璧超人にでもなっていた事でしょう(まるで『ウォッチメン』のDr.マンハッタンのような)。
でも人間は愚かで弱いから、そんな愚かさも弱さも肯定し得る「物語」に、あるいはそんな愚かさも弱さも一時忘れさせてくれる「物語」に、寄り添ってもらわなければ生きていけない。僕は「グレンスミスの日記」を、そういうおはなしとして受け取っています。
この作品は「グレンスミスの日記」の対句と言っても良いかもしれません。人間からしたら、ほとんど完璧超人に思える妖怪たちが「弱さ」と向き合ったとき生まれるもの。 "人はなぜ、物語を紡ぐのか" という事。




幻想少女と靴
サークル:そぞろ

靴をテーマにした、にとりと、とある少女の短編。
東方の世界において、顧みられる事のない存在、人間。そんな一介の里の少女に視線を注ぐ二つ目のおはなしの切れ味にやられました。名前を与えられることもない里の少女、それはまるで、この物語を読んでいる何者でもない私のようで。



Our Humidity
サークル:赤色バニラ

「シンデレラのようなおとぎばなしのハッピーエンドは残酷だ」と、いつも思います。ゆめまぼろしのようなおとぎばなしや大冒険、あるいは劇的な恋愛譚の果てに "いつまでも幸せに暮らしました" などというエンディングに辿り着いた彼や彼女にとって、穏やかな生活に磔にされる残りの人生は果たして幸福なのか。ゆっくりと心の底に淀みを溜めていく日々が永遠に続くだけじゃないか、と思ってしまうのです。
こちらは秘封倶楽部の、そんなおはなし。赤色バニラのクマさんのシリアス秘封モノらしいおはなし。淀みが流れ去っていく最後が優しい。




吸血鬼と知識の魔女
サークル:寿司屋

ありふれた家族の関係性を繰り返し描いているのに、庶民的というより超然的といった方がしっくりくる小津安二郎監督作品。その佇まいの例え話として、
"アジアのとある国の偉い僧侶が、悟りを開くと世界は変わって見えるのか、と問われ、「何も変わらない。ただ、3センチ浮いて見える」と答えた"
という逸話を紹介していた小津研究本がありました(手持ちの本を見返してもそんな記述一行も無いので記憶違いかもしれないけど)。
そんな逸話をふと思い起こさせる、レミリア・スカーレットとパチュリー・ノーレッジの邂逅モノ。登場人物たちの飄々とした立ち振る舞いが、作品に超然的な浮遊感を与えています。かなりオーソドックスなおはなしなのに、奇妙にフレッシュ。他にはない味わいです。締めるトコロはビシッと締めるメリハリのある話運びも巧み。続き、描いて欲しいですね。




ゆゆさまイメチェンですか!?
サークル:Pumpkin City

コスをいじる作品は割と見ますが、こちらはあまり見ないヘアアレンジ物。表紙からしてかわいい。中身もかわいい。



出来たてほやほや

よぬさん(@nyonunu)がシェアした投稿 -


だいすきを教えて
サークル:よぬりめ

レイマリ、めーさくカプのハイレベルおのろけ作品を次々送り出しているよぬりめさんのレイマリの中でも、今回のは一番好きかもしれない。霊夢も魔理沙も、やることなす事いちいち可愛らしく、いちいちその可愛さにお互いやられあってる姿に頰が緩みます。劇中マンガが水沢めぐみ先生調というのもツボ。




二ッ岩むじな考・通
サークル:嘲笑屋

マミゾウさんの出所、佐渡ヶ島の観光/巡礼案内や民話伝承を、写真や丁寧なテキストで紹介。さらに、マミゾウさんのモデルたぬき、団三郎に伝わる色恋事情を美麗なイラスト&テキストで紹介、の二本立てフルカラーな一冊。
僕、新潟育ちな上に、佐渡汽船でバイトまでしたこともあるのに、佐渡知識ゼロなので大変勉強になりました。二ッ岩大明神あたりは本当に幻想郷入りしそうな様子で、今度実家帰ったらついでに佐渡参りした方が良さそうですね。
[ 2017/06/12 21:43 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)
プロフィール
Author:かりふら