メモ

忘れっぽいです

2017年まとめ

プラチナスターズの時はゲームで遊ぶだけで満足でしたが、シアターデイズの二階堂千鶴に出会ってからは、音源買って(モノを増やしたくないのでダウンロード派)ブルーレイ買って中の人のラジオにちまちまメール出して、、、と再びアイマスの泥沼に戻りつつあります。
9510.jpg
9511.jpg
おーっほっほっほゲホゲホの後にこんな表情をする千鶴さん。かわいいですね。みなさま、ごきげんよう。2017年のかりふらです。
MT車に乗り換えてから運転が楽しくてドライブばかりで、ブログに書き残すような事はさほどないのですが、2017年の良かったモノ、アイマスMAD1本、映画3本、ゲーム1本、そして漫画1作を、メモしておきます。


[ミリオンライブ!シアターデイズ ] Hummingbird feat. Merzbow

「鳥といえばメルツバウ」
ノイズを少しでも聴きかじった者にとっては常識でしょう。だから、ハミングバードにメルツバウを合わせるというのは、とても自然な発想です。
当たり前の発想や連想を、パッとMADにする。10年前と変わらぬ瞬発力が今もアイマスMADにフツーに存在するのが、嬉しいですね。当人にとっては安直でも、他の人からすれば新鮮に映るかもしれないのですから、ひとまず作ってしまえば、どこかで誰かが反応して面白いことが起こるかもしれません。とりあえず僕はこのMADに反応しました。ツイッターに流れてきたURLをクリックするなんて、ましてニコニコのURLなんて、クリックしたのは何年振りでしょうか。
映像としても、とりあえずエフェクトぶち込んでいく潔さが楽しいです。メチャクチャに光るところサイコー。この、手探りのぶどーかんな感じ、動画編集に慣れていくと出せなくなっちゃうんですよね。
この投稿者さんの他のMADも面白いです。動画速度の変更が出来ないのか、映像カットで尺を合わせていくスタイルで作られており、ユニークな質感があります。かつてのアイマスMADファンとしては、フェリーニPっぽさを感じます。ネタが2000年代のフェリーニPって感じ。



極楽交通渋滞

サムネ気持ち悪いですね。
ローレル&ハーディの破壊的スラップスティック・コメディが今年のベスト映画です。
前半は店先で起こる他愛のないドタバタ劇ですが、後半はひたすら車の破壊行為が続き、エスカレートしていきます。
ギャグのために破壊している、というより、ただただ破壊のために破壊している。意味も目的もなく破壊行為だけが在る。という感じ。その光景に、初見時は笑いより恐怖を覚えました。
本作はゴダールの『ウィークエンド』渋滞シーンの元ネタです。
サモハンの『五福星』で延々カークラッシュが続くシーンも影響を受けてそうな気がします。直接の元ネタは当然『ブルース・ブラザース』でしょうが、「消火栓から吹き出る水」という運動を画面にしっかり収める優れた映像感覚は、無声スラップスティック相当見てカラダに染み付いてるサモハンやジャッキー・チェンならでは、でしょう。
(ところで先日、改めて『五福星』を見たらジガ・ヴェルトフ集団期前後のゴダールっぽさがある上に、ゴダールが放棄しているストーリーテリングも力技で内包していて、80年代ゴールデン・ハーベスト恐るべし、となりました。やっぱシネフィルはジャッキーやサモハンの映画見ておくべきよね)



星を持つ男

1950年公開、原題 "Stars in My Crown"
監督は『私はゾンビと歩いた』『キャット・ピープル』といったジャンル映画や、フィルムノワール『過去を逃れて』辺りが日本でもそこそこ知られているジャック・ターナー。

『星を持つ男』は西部を舞台にした人情噺です(Amazonのレビューで端正に作品説明をされてる方がいらっしゃいます)。
涙を誘う物語と、無駄のない演出はモチロン素晴らしいのですが、この「荷馬車いっぱいの藁の上に寝そべる二人の少年と、そこに差す木漏れ日」のシーンのような美しい情景が、映画をより忘れがたい物にしています。

こんなシーンと出会うために、映画見てるんですよ、ほんと。



映画キラキラ☆プリキュアアラモード
プリキュア映画に、理屈を入れる必要はない、といつも思います。
敵が悪いことをする理由だとか、圧倒的に強い相手に最終的に勝ってしまう理屈だとか。物語を作る人や、大きなお友達にとっては、そういった物があった方が納得できるのでしょうが、メイン客層であるお嬢さま方にとっては退屈極まりない事がほとんどです。お嬢さま方は、プリキュアがバッタバッタと悪いヤツをやっつける姿が見たいのです。
という観点から見ると、キラプリ映画は久しぶりの良作でした。理由など提示せず、「楽しい」という感覚だけで映画を進めて行く。特に動物変身モード時は「すげぇ」と呟いてしまうほどに理屈レス。辻褄を合わせるより、面白そうな方向に振るのを優先する展開に、とても感動しました。フランス人はプリキュア知らないだろうに無条件でミラクルライト振ってくれるのも良かったですね。
僕が高評価のプリ映画は、大友のみなさまが低評価を下すことが多いので、おそらくこの映画も世間の評価は低く出るのではないかと予想しますが、是非来年以降も今回のスタイルで邁進して欲しいものです。



Tormentor X Punisher

史上最高に好調だった2017年任天堂を象徴するSwitchのマリオ&ゼルダ。
理系でも文系でもない文化系純粋培養ボケ頭でも遊べてソシャゲのお供に最適な元素周期表放置ゲーム『Idle Evolution』。
マルチで遊んでナンボな作品が増えてFPS & TPS シューターからスッカリ遠ざかっていた自分が久しぶりにエンジョイ出来たシングルFPS『HIGH HELL』。
そして今年最後のサプライズ・ケーキ『Bridge Constructor Portal』。

と、2017年プレイした新作ゲームはこの程度なのですが、群を抜いて面白かったのは『Tormentor X Punisher』でした。

「リロードがショットガン」という突き抜けた仕様に、完敗と乾杯しました。
『スターシップ・トゥルーパーズ』よろしくマシンガン連射でエネミーをブチのめす。弾数は無制限だけどリロードは必要。でもリロード・ボタンを押してもショットガンが発砲されるので、弾は途切れない。
この仕様のおかげで、トリガー引きっぱなしで弾を撃ちまくるだけの単調さから解放された、リロードが快感となるネクスト・レベルのトリガーハッピーに脳が満たされます。
ゲームシステムは、プレイヤーも雑魚も一撃必殺仕様。スキルやステータスUPなどのお助け要素は一切ナシ。死ねばイチから裸一貫でやり直し、というハードコアなアーケード・スタイル。
正直、僕には難しすぎるゲームなのですが、あっさり死ぬおかげでワンプレイが短くお手軽に楽しめるし、リスタートのレスポンスも良いし、何よりDOOM直系のゴアいメタルなサウンドトラックが心地よくて、延々と遊び続けてしまいます。



みくまりの谷深

かつて月刊アフタヌーンで連載されていた虫漫画『エンブリヲ』小川幸辰の新作書き下ろし漫画。「みくまりの谷深(やみ)」と読みます。
近年はエロやパロやコメディをちょくちょく描いていて、同人誌に寄稿しているその手の作品も面白いのですが、やはりかつて『エンブリヲ』に衝撃を受けた身としては「こういうのが読みたかった!」と嬉しくなる、フォークロアでハードコアな漫画となっております。
全2巻に収める為にかなりギッチギチに詰め込んだのだろうなぁと思われる怒涛の内容で、もったいぶらずに事が起きまくり、人が死にまくります。ドロドロした村の因習と、現代社会の隠蔽気質が合わさって、最高に事態が泥沼化した地獄絵図が繰り広げられます。でも主人公の女の子の絵柄はキュート!おもらしイヤラシイ!
『エンブリヲ』の小川幸辰と、アダルト作品などの時のおがわ甘藍。二つの名義がついに理想的なカタチで融合した感があります。願わくば、今回みたいなお話をもっとじっくり展開できる場所が欲しい!という事で、興味がある人には是非買って頂きたい一作。



------
と、こんなところでしょうか。
音楽は相変わらず最近の物は全く知りません。今年は、もっぱらキャノンボール・アダレイとナット・アダレイのアルバム聴いてました。

コレ聴きながらドライブするの、楽しかった。はやく春にならないかな。
[ 2017/12/26 23:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2017年12月公開映画チェック、後半

IMG_9444.jpg
ミリオンライブ シアターデイズの天使組イベント、2000位以内を目指し、5000個程度の石を割って無事ゴール。ジュエルのコストを考えたら、10連2回分でアナザー衣装付き星4SRが手に入るのは安いくらいですね。代償として、期間中の空き時間は全てこのゲームに吸い取られましたが。


12月の再上映モノはルイス・ブニュエル監督作が3作。
http://www.ivc-tokyo.co.jp/bunuelangel/
この世に存在する全ての不条理劇の中でも最高峰に位置するであろう大傑作『皆殺しの天使』、一つの到達点『ビリディアナ』、僕は見た事ないので何とも言えない『砂漠のシモン』を、イメフォで再上映。特に『皆殺しの天使』は、イメフォだけじゃなく色んな所でガンガン再上映して欲しいモンです。



http://eiga.com/coming/


12/16(土)
オレの獲物はビンラディン
http://www.transformer.co.jp/m/finding-binladen/

ボラット』『ブルーノ』ラリー・チャールズ監督、ニコラス・ケイジ主演。人工透析中に神からの啓示を受け、自らの手でビンラディン捕獲を目指したオッサンの、恐ろしい事に実話ベースのおはなし。


はじまりのボーイミーツガール
https://www.hajimari-bmg.com/

よくある「憧れの彼女と急接近!でも彼女はある秘密(難病)を隠していた」映画っぽいですが、主役が12歳の少年少女となると何とも愛らしくて良さそうな。予告で "There She Goes" のイントロ使ってるのも個人的にポイント高いです。


アランフエスの麗しき日々
http://aranjues.onlyhearts.co.jp/
監督脚本ヴィム・ヴェンダース。


52Hzのラヴソング
http://www.52hz.jp/

セデック・バレ』ウェイ・ダーション監督脚本のミュージカル。
セデック・バレ』しか見ていないと意外に思える方向性ですが、それ以前の監督作『海角七号』は今回の新作寄りだったので、コッチが本来の持ち味なのかもしれません。『海角七号』キャストもゲスト出演。


花筐 HANAGATAMI
http://hanagatami-movie.jp/

大林宣彦監督脚本。相変わらず映像キレてますね。
出演に窪塚俊介、常盤貴子、山崎紘菜、南原清隆、高嶋政宏、品川徹と近年の大林映画のメインどころが並び、脚本には桂千穂のクレジットも。


8年越しの花嫁 奇跡の実話
http://8nengoshi.jp/
監督瀬々敬久。


Mr.Long ミスター・ロン
https://mr-long.jp/
SABU監督脚本。主演は『クーリンチェ少年殺人事件』チャン・チェン。


ボーダーライン
http://borderline-movie.com/

ガチバン』『闇金ドッグス』に続くAMGエンタテインメントのアウトロウ映画の新シリーズ『ボーダーライン』!
と言われて理解できる人が日本に何人いるのか分かりませんが、若手イケメン役者ファンや、レンタル屋での落ち穂拾いに余念のない映画ジャンキーにはなかなかの評価を得ている路線の、新シリーズだそうです。制作に苦労しそうなカー・アクションに敢えて手を出してくる辺り、気合いのほどが伺えます。


映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活
http://www.eiga-yokai.jp/
ケータの時代から30年後が舞台で主人公など一新。そして『ゲゲゲの鬼太郎』主要キャラも総登場で、東宝映画ながら協力として東映アニメーションのクレジットが入ってるのが熱いです。


私が殺したリー・モーガン
http://www.icalledhimmorgan.jp/

ジャズ・トランペッター、リー・モーガンと、彼をドラッグ中毒から救い、やがて彼を撃ち殺す恋人ヘレンのドキュメンタリー。


12/22(金)
フラットライナーズ
http://www.flatliners.jp/
エレン・ペイジ主演でリメイクな『フラットライナーズ』。あまり予告見てもソソられませんし海外評価も低いですが、脚本『ミッション:8ミニッツ』ベン・リプリーってのはちょっと期待できるポイントかも。


カンフー・ヨガ
http://kungfuyoga.jp/

インド中国合作ジャッキー・チェン映画。


12/23(土)
勝手にふるえてろ
http://furuetero-movie.com/

綿矢りさ原作。松岡茉優が、意外な事に映画初主演となるラブコメ。コレは物凄い俺好みな予感。


未成年だけどコドモじゃない
http://misekodo.jp/
水波風南の少女漫画原作。今年3本目の英勉監督作。


トリノコシティ
http://torinokocity.jp/

ボカロ曲原作。僕が苦手とするフワフワ系ルックですが、ビジュアルそのものは面白くて良さそう。


マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年
http://manolo-tokage.com/

シューズブランド「マノロブラニク」のデザイナー、マノロ・ブラニクのドキュメンタリー。出演はご本人の他、アナ・ウィンター、リアーナ、ソフィア・コッポラなど。ダイアナ・ヴリーランドとのエピソードなんかも語られるのかな。


12/29(金)
オール・アイズ・オン・ミー
http://alleyezonme.jp

ようやく作られた2PACの伝記映画。6月に公開済みの米国観客の反応は、期待が大きかっただけにガッカリも大きい、という感じが大半でしょうか。
[ 2017/11/30 02:28 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

2017年12月公開映画チェック、前半

もう12月ですね、困りますね。
今月は2017年最後の大作『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』、後は『探偵はBARにいる3』、『DESTINY 鎌倉ものがたり』辺りがボチボチ話題になりそうな所でしょうか。

新作公開監督は
ヴィム・ヴェンダース、アキ・カウリスマキ、ケネス・ブラナー、ジョン・キャメロン・ミッチェル、ウェイ・ダーション、大林宣彦、瀬々敬久、SABU、山崎貴、曽利文彦、入江悠、英勉、吉田照幸、切通理作など。


http://eiga.com/coming/



12/1(金)
パーティで女の子に話しかけるには
http://gaga.ne.jp/girlsatparties/

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』ジョン・キャメロン・ミッチェル監督脚本。エル・ファニング主演でパンクス『ローマの休日』って感じでしょうか。
予告編はアーロン・コメットバス「パンク・ロック・ラヴとは」を地で行くような世界観。迂闊に思春期なんかに見ちゃったりしたらオール・タイム・ベスト級に惚れる一作になりそうな雰囲気。


探偵はBARにいる3
http://www.tantei-bar.com/

一作目は、70年代の東映プログラム・ピクチャーを思わす猥雑さや野暮ったさが嬉しい秀作。
二作目は、諸々の規模が大きくなって身の丈に合ってないなー。という印象でした。
三作目となる今回は監督が橋本一から、『疾風ロンド』や長谷川博己金田一『獄門島』吉田照幸に。キャストに北川景子、前田敦子、鈴木砂羽、志尊淳などが新規参戦。


鋼の錬金術師
http://wwws.warnerbros.co.jp/hagarenmovie/index.html

ピンポン』『あしたのジョー』曽利文彦が監督脚本。この人が脚本までやるとキッツイ台詞満載だった『ベクシル』を思い出してしまいますが、原作付きならアソコまで酷くはならないかな。


12/2(土)
希望のかなた
http://kibou-film.com/

アキ・カウリスマキ監督脚本制作。


デメキン
http://demekin-movie.com/

バッドボーイズ佐田正樹の自伝、実写映画化。吉本所属の人の映画は大概KATSU-doが制作配給に関わってるモンですが、本作は珍しくAMGエンタテインメントが制作配給のメインっぽい。
監督『猫侍』山口義高 、脚本『百円の恋』足立紳。アクション・コーディネーターに坂口拓と坂口茉琴。


やがて水に歸る
https://yagatemizu.wixsite.com/home

相米慎二映画の助監督榎戸耕史が、教鞭をとる大学の生徒らもスタッフに加えて監督した映画。キャストが前田亜季、趙珉和、寺田農と豪華。


青春夜話 Amazing Place
http://seishunyawa.com/
切通理作、初の監督作。


ムーミン谷とウィンターワンダーランド
http://www.moominswonderland.jp/

コンスタントに公開されているムーミンのパペット・アニメ映画最新作。
いつもは冬眠している冬だけど「クリスマス」というモノの存在を知り、今年は起きてクリスマスをお迎えする事に、というおはなし。面白そう。
日本語吹替はナレーション神田沙也加、ムーミン宮沢りえ、その他の役は森川智之と朴璐美の二人が全て担当、と面白い事になっているので声優さん目当てで見るのも良さげ。


12/8(金)
オリエント急行殺人事件
http://www.foxmovies-jp.com/orient-movie/

ケネス・ブラナー監督主演でオリエント急行、と楽しそうな企画。
他のキャストもジョニー・デップ、ペネロペ・クルス、ウィレム・デフォー、ジュディ・デンチ、ミシェル・ファイファーと大変に豪華。
撮影は『スルース』『マイティ・ソー』でケネス・ブラナーと共に仕事をしているハリス・ザンバーラウコスで、65mmフィルム撮影。脚本『ローガン』『ブレードランナー2049』マイケル・グリーン。スタッフも豪華で、上映時間114分と適度な尺。


12/9(土)
女の一生
http://www.womanslife.jp/

映画黎明期から数あまた存在するモーパッサン原作モノだけに気合の入った企画なのか、エライ映像良いですね。ジャック・リヴェットみたいだ。
監督『母の身終い』ステファヌ・ブリゼ、撮影『まぼろし』アントワーヌ・エベルレ。


ルージュの手紙
http://rouge-letter.com/

カトリーヌ・ドヌーヴ、カトリーヌ・フロ、オリヴィエ・グルメ出演。堅実に生きる人の生活に、自由奔放型人間が介入して何たらかんたら、、、とよくあるプロットですが、幾つになっても妙にキュートなカトリーヌ・ドヌーヴが自由人役。面白そう。


DESTINY 鎌倉ものがたり
http://kamakura-movie.jp/

西岸良平原作、山崎貴監督脚本の『ALWAYS 三丁目の夕日』シフトでお送りする新作。
色々言われがちな山崎貴監督ですが『ジュブナイル』『もののけ島のナキ』あたりはそんなに酷い映画でもないし、『STAND BY ME ドラえもん』脚本の原作エピソード抜粋は上手かったし、今回は上手く転べば割と良くなりそうな気がします。


世界を変えなかった不確かな罪
http://g-film.net/world/

ヘブンズストーリー』『リュウグウノツカイ』寉岡萌希主演。この方がメインで出演してる映画は個性的で面白い物ばかり。本作も良さそうな雰囲気。


ビジランテ
http://vigilante-movie.com/

入江悠監督脚本。予告編からして、今までの入江監督作とはちょっと違うんじゃないか、と期待できるハードさ。


ヘドローバ
https://plus.vice.com/hedoroba/

全員死刑』小林勇貴監督脚本撮影編集。
「ケータイで撮る映画」シリーズの第1弾作品、と言われると「ハァそうですか」という気がしますが、予告見るととっても楽しげ。 "Video Violence" みたいなビデオ撮りスプラッタ映画や、ハーモニー・コリンの "TRASH HUMPERS" と通じるテイストがありそう。


仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー
http://www.movie-taisen.com/

毎度おなじみムービー大戦シリーズ。プリキュアもそうですが、レギュラーシリーズやりながら毎年2本も映画作るの大変でしょうに。
今回は過去シリーズの主役たち、渡部秀、三浦涼介、福士蒼汰、佐野岳らがしっかり出演。ライダーは映画しか見てない僕ですら、予告や特報でテンション上がります。敵役が大槻ケンヂってのが気になりますが。多分、あの方は何をやっても大槻ケンヂにしかならないですよね。


ガールズ&パンツァー 最終章 第1話
http://girls-und-panzer-finale.jp/
最終章OVAシリーズ、1回目。


12/15(金)
スター・ウォーズ 最後のジェダイ
http://starwars.disney.co.jp/movie/lastjedi.html

おそらくマーベル映画と同じく、誰が監督しても間違いないクオリティの映画を作れる制作体制になっていると思いますが、それにしても監督脚本が『LOOPER』ライアン・ジョンソンとは。『LOOPER』はそこそこ面白い因果応報SFだったけど、まさか『スター・ウォーズ』へのパスポートになるなんてねぇ。
[ 2017/11/25 03:15 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
プロフィール
Author:かりふら