メモ

忘れっぽいです

2017年3月公開映画チェック、前半

ディズニー、イルミネーション、ドラえもん、しまじろう、プリパラ、プリキュア、ウルトラマン、ライダーx戦隊と、お子様映画ジャンキーに嬉しい春休み興行突入。
大作もアサシンクリードにキングコングと精神年齢低くても楽しめそうなラインナップの三月です。

新作公開監督は
テレンス・マリック、ジャド・アパトー、ガース・ジェニングス、ジェフ・ニコルズ、デレク・シアンフランス、ケン・ローチ、ジェームズ・ワトキンス、ミア・ハンセン=ラブ、アレックス・デ・ラ・イグレシア、モー・ブラザーズ、ヤスミン・アフマド、パク・チャヌク、ナ・ホンジン、廣木隆一、井口昇、深川栄洋、大友啓史、田口清隆、杉野希妃、神山健治
血の気の多い映画をよく撮る人がちょくちょく混じってますね。

めぼしい旧作上映は4Kレストア・デジタルリマスター版『クーリンチェ少年殺人事件』くらいでしょうか。

http://eiga.com/coming/



3/3(金)
アサシン クリード
http://www.foxmovies-jp.com/assassinscreed/

人気ゲームフランチャイズの実写映画化。映像見ると、いかにもアサクリなアクション満載。3D版で見るの良さそう。
キャストはマイケル・ファスベンダー、マリオン・コティヤール、ジェレミー・アイアンズ、シャーロット・ランプリングなど。ゲーム映画化作品にも、これだけ豪華なキャスティングが出来る時代なんですねぇ。


ラビング 愛という名前のふたり
http://gaga.ne.jp/loving/

1960年代まで、いくつもの州にあった異人種の結婚を禁じる州法を撤廃させる事になる、一組の夫婦の実話を元にした劇映画。
監督脚本『テイク・シェルター』『MUD』ジェフ・ニコルズ。
出演は、監督作『ザ・ギフト』も好評なジョエル・エドガートン。他のキャストはテレビドラマ出演はしてるけど、映画はあまり出ていない人が多く、渋くも今後が楽しみな顔ぶれ。
良さそうな映画なだけに、いかにもギャガ配給なイモい日本語サブタイトルがついてしまったのが悲しいですね。昔の日本は、一つの身体に白人と黒人のアタマが付いた双頭男が出てくる映画に『Mr. オセロマン』なんてしょうもないタイトル付けてたのに。


お嬢さん
http://ojosan.jp/

オールド・ボーイ』『イノセント・ガーデン』パク・チャヌク監督作。
1930年代、日本統治下にある朝鮮の日本人華族の財産を巡る、騙しと愛のお話。


WE ARE X
http://www.wearexfilm.jp
X JAPANのドキュメンタリー。監督のスティーヴン・キジャクはこれまでに、スコット・ウォーカー、ローリング・ストーンズ、バックストリート・ボーイズ、ジャコ・パストリアスのドキュメンタリーを監督。特定の音楽ジャンルに囚われないチョイスが好感持てます。


3/4(土)
エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方
http://www.interfilm.co.jp/amyamyamy/
ジャド・アパトー監督作。海外では2015年夏に公開済み。


フレンチ・ラン
http://gaga.ne.jp/french.run/

CIAのアウトローな捜査官と、天才スリ師のバディ物。監督脚本は、善良なカップルがDQN連中にひたすら酷いことされる、イヤな気分になれる映画の傑作『バイオレンス・レイク』のジェームズ・ワトキンス。


アシュラ
http://asura-themovie.jp/

金や私欲のために悪いことする偉い人や刑事がいっぱい出る、韓国映画お得意の犯罪映画。監督『FLU 運命の36時間』キム・ソンス。
出演は、『グッド・バッド・ウィアード』良いヤツ役のチョン・ウソン、『新しき世界』の良いツラでお馴染みファン・ジョンミン、『息もできない』社長役チョン・マンシクなど。一見すると、このメガネ市長がファン・ジョンミンとは思えませんね。


しゃぼん玉
http://www.shabondama.jp

女性や老人を狙った通り魔を繰り返していた青年が、偶然助けてしまったおばあちゃんとの出会いをきっかけに変わっていく、というお話。市原悦子ボイスの説得力すごいなー。
乃南アサの小説原作。監督脚本は、阪本順治監督作に助監督で付いていた東伸児。


雪女
http://snowwomanfilm.com

ほとりの朔子』などの制作や、『欲動』など監督もしている女優、杉野希妃が監督脚本出演。僕はどうもこの人が制作に入っている映画と相性が悪い傾向にあるのですが、本作は良さそうな。こういう怪談話に水野久美を怪しい役でキャスティングしてるのが嬉しい。


探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。
http://tantei.united-ent.com

若手イケメン俳優たちが出る青春映画を定期的にリリースしてくれるユナイテッドエンタテインメント制作の、探偵バディ物。
監督は、『武蔵野線の姉妹』『すんドめ』助監督の櫻井信太郎。脚本継田淳。撮影『闇金ドッグス』吉田淳志。
ツタヤの邦画新作を片っ端から借りていくタイプの人や、『ガチバン』みたいなVシネをよく見る人ならご存知でしょうが、この手の若手イケメン俳優ファン向け低予算映画は時折プログラム・ピクチャー的な映画の魔法がかかって傑作が生まれたりします。このスタッフ陣は期待できそうな。
主演廣瀬智紀、青木玄徳。共演に岸明日香、小野真弓、田中要次、津田寛治、田島令子。


よしもと新喜劇映画 商店街戦争 SUCHICO
http://www.shotengai-war.com

吉本新喜劇の座長と、熱血刑事のバディ物。イロモノじゃなく、ちゃんと面白そう。


映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険
http://doraeiga.com/2017/

長編37作目。かつて地球表面全体が凍結するほどの激しい氷河時代があったとするスノーボールアース仮説と、氷の下に眠る古代都市を絡めた、F先生の劇場版SFマインドを感じさせるお話。
監督脚本は、ジブリ出身で『千と千尋の神隠し』で監督助手を務めた高橋敦史。
ゲスト声優にサバンナと浅田舞、織田信成。フィギュアスケーターの二人は、『宇宙開拓史』にも出ていた動物パオパオの声を担当。パオパオの出番多そうなので違和感ないといいな。


劇場版プリパラ み~んなでかがやけ!キラリン☆スターライブ
http://pp-movie.com/
去年同様、毎週ルートが変わる上映形式。前作があじみ、ひびき、ちゃん子とブッ飛びチョイスだった反動か、今回はらぁら、ひびき、みれぃと無難そうなチョイス。
前作は監督森脇真琴、副監督コンテ演出佐藤まさふみ、とクレジットされていましたが、今回は森脇真琴は総監督名義で、大久保政雄が監督。


人類遺産
http://jinruiisan.espace-sarou.com
世界70箇所以上の廃墟を撮影したドキュメンタリー。『いのちの食べ方』『眠れぬ夜の仕事図鑑』ニコラウス・ゲイハルター監督作。


3/10(金)
スレイブメン
http://slaveman-movie.com/
ヒーロー+タイムリープ物な井口昇監督脚本作。


モアナと伝説の海
http://www.disney.co.jp/movie/moana.html
ディズニー最新作。ディズニー第二次黄金期の『リトル・マーメイド』『アラジン』などのロン・クレメンツ&ジョン・マスカー監督。脚本は『ズートピア』ジャレド・ブッシュ。
日本語吹替のメイン二人、屋比久知奈と尾上松也は予告編で聞いた感じ不安がありますが、夏木マリやROLLYは面白そう。


しまじろうと にじのオアシス
http://kodomo.benesse.ne.jp/open/movie/2017-oasis/
映画5作目。監督脚本平林勇。個人的には山田隆司脚本がこのシリーズの楽しみだったので今回不参加はちょい悲しいですが、ライムスターのMummy-Dが声優&歌で参加というトピックがあるので、やっぱり楽しみ。


ボヤージュ・オブ・タイム
http://gaga.ne.jp/voyage/

テレンス・マリック監督作。宇宙の誕生と死を探求するドキュメンタリー。『ツリー・オブ・ライフ』からやってる事の集大成みたいな感じでしょうか。


3/11(土)
ヘッド・ショット
http://headshot-movie.net/

ザ・レイド』イコ・ウワイス主演、主人公が記憶喪失で何者か分からないサスペンスなアクション映画。
モー・ブラザーズ監督脚本。『マブカル』のシャリーフ・ダーニッシュ、『キラーズ』の北村一輝と、楽しい猟奇描写で主役のキャラを徹底的に立たせてきた監督が、アクションでどうイコ・ウワイスを見せてくれるか楽しみ。


哭声 コクソン
http://kokuson.com/

チェイサー』『哀しき獣』ナ・ホンジン監督作。
韓国映画好きなら必ずどこかでその顔を見ているクァク・ドウォンが初の主演。共演にファン・ジョンミン、國村隼。


チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話
http://cheerdance-movie.jp/
タイトル通りのお話。『ちはやふる』広瀬すず、『劇場版零』中条あやみ、『野のなななのか』山崎紘菜、キュアカスタード福原遥と、ピンで主役張れそうな若手がいっぱい出てて、豪華ですね。
監督『鈴木先生』河合勇人。脚本は『白ゆき姫殺人事件』『繕い裁つ人』『夫婦フーフー日記』などオールラウンダーな林民夫。


コスメティックウォーズ
http://cosme-wars.com
東京PRウーマン』『インターン!』に続くBS-TBS制作の企業タイアップ映画。このシリーズは、TBSドラマにゆかりの深いベテランがスタッフ参加したり、プロダクトプレイスメントどころか映画全体プレイスメントなタイアップから生まれる奇妙な肯定性が面白いので、注目していきたいです。
監督『東京PRウーマン』鈴木浩介、脚本『こちら芝浦探偵社』『あぐり』清水有生。僕の偏愛TBSドラマ『オシャレ泥棒』脚本もこの人ですね。


劇場版ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!
http://m-78.jp/orb/movie/
監督田口清隆、脚本中野貴雄。


残されし大地
http://www.daichimovie.com
2016年3月、ベルギーのブリュッセルで起きたテロ事件で亡くなった音響技師ジル・ローランの初監督作。原発事故後の福島に生きる人をおさめたドキュメンタリー。


3/17(金)
SING シング
http://sing-movie.jp/

ミニオンズ』『ペット』のイルミネーション・スタジオ製3DCG映画。監督脚本『銀河ヒッチハイク・ガイド』『リトル・ランボーズ』ガース・ジェニングス。
日本語吹替版は、演出にアニメ音響監督の三間雅文、音楽プロデュースにアゲハスプリングスの蔦谷好位置、歌詞監修にいしわたり淳治、歌姫キャラ役吹替のMISIAをはじめ坂本真綾、水樹奈々、大地真央、大橋卓弥、河口恭吾など、とても気合の入った布陣。
本国版もスカヨハやジョン・C・ライリーなど豪華キャスティングで、どちらで見ても良さそう。


3/18(土)
わたしは、ダニエル・ブレイク
http://danielblake.jp/

ケン・ローチ監督作。前作の頃だったか引退宣言してましたが、映画監督の引退宣言はホント当てになりませんね。


3月のライオン 前編
http://3lion-movie.com/
実写映画化。監督大友啓史。出演神木隆之介、有村架純、倉科カナ、染谷将太、加瀬亮など。


ひるね姫 知らないワタシの物語
http://wwws.warnerbros.co.jp/hirunehime/

神山健治監督脚本のオリジナル長編アニメ。作画監督佐々木敦子、黄瀬和哉。黄瀬和哉は演出にも名を連ねています。音楽は下村陽子。映画音楽は去年のFF15映画に続き2作目。
主人公が主題歌を歌ってるのはとても良いと思うんですが、もうちっと演技とつり合った歌わせ方したほうが、エンドクレジットなんかで流れた時にグッと来るんじゃないですかね。
それと、授業中寝てる生徒を先生がポンと叩いて起こしてクラスメイトがわははと笑う、みたいな描写をいまだにやってるのに恐怖を感じます。


映画プリキュアドリームスターズ!
http://www.precure-dreamstars.com/
強引に全プリキュア参戦させるオールスターズ形式を改め、最新3作のプリキュアのみ登場させる春のプリキュア映画。本当は5年前のNSの時点でこの形式にしたかったんだろうなー。

監督はプリンセスプリキュアのフル3DCG中編『プリキュアとレフィのワンダーナイト』宮本浩史。この人選という事は、今までは主にアクションシーンで使って来た3DCGを、本編内でも積極的に使っていくのでしょう。
レフィ』は世界観説明を一気に行う会話シーンが単調にならないよう色々なカメラアングルを使える所に3DCGの良さを感じた反面、屈指のお子さま退屈ポイントである説明パートをアングル変える程度の演出でごまかそうとするのは如何なものか、とも感じました。とはいえ、プリキュア映画は制作期間が短いから、説明パートに手間をかけるくらいなら、他の部分にコストをかけたい事は想像に難くないですが。

脚本は坪田文。プリリズシリーズに参加し、レインボーライブのシリーズ構成までしただけあって、べらぼうに上手い人だと思います。教育的要素や恋愛要素を女児向けに落とし込む力量は、プリキュアから離れてしまった成田良美と赤尾でこ以上ではないでしょうか。まほプリからの脚本参加にして早くも劇場版に起用されるのも納得。

演出は佐藤宏幸と村上貴之。コンテと演出は主にこのお二人って事かな。総作画監督は中谷友紀子、作画監督は大田和寛。予告見た感じ、CGモデルと馴染みの良さそうな大田和寛テイストが強いですね。ゲスト主人公の声優は阿澄佳奈。
OP曲「桜MISSION プリキュアリレーション」は青木久美子、小杉保夫の初代主題歌コンビ作詞曲でアレンジ高木洋、歌はGoプリED北川理恵、コーラスに五條真由美&うちやえゆかと、歴代プリキュアイズムに満ち満ちた布陣でアツイです。
[ 2017/02/26 14:46 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

2016年の涼画動

2016年の涼画動もステキな動画が投稿されました。
良さを言葉にしてみたいMADが沢山ありましたが、今回は「動画とは何ぞや」「編集とは何ぞや」という基本を改めて考えさせてくれた3つのMADに絞って、ものすごく今更ですが書き残しておきます。




HEAT-MPさんのMAD

映像は、技術の進歩で精細になり、情報量は増える一方ですが、映像を見る側はあんまり進化してないので、受け損ねる情報も増すばかりです。
なので、現在の映像は、情報の見落としを防ぐために、フレーミングを工夫して視線誘導したり、音やテロップで注視すべき要素を強調したりと、言うなれば「ここを見てください」という注釈入りで提示される事が多くなっています。

このHEAT-MPさんのMADは、色や速度を減らし、映像を単純化させています。
もはや注釈など必要としないほどに単純化された映像は、人物や舞台のモーション、そしてカメラムーヴといった、映像そのものが持つ「動き」の気持ちよさを、改めて感じさせてくれます。


また、現在の映像は「動く写真」を求めて作り出されたキネトスコープやシネマトグラフの延長にあるものですが、映像の単純化によって、それ以前にあったゾエトロープやパラパラまんがを思わす質感(動きを一度解体して、再度並べ直したような動作感)が生まれている点もユニークです。

シネマトグラフ以前からあった再構築された人物/物体の動きと、シネマトグラフ以降に登場した被写体を捉えるカメラ自身の動きが、少しズレながら同居している。
その面白さは、ディズニーがCG導入によって成し得た『美女と野獣』ダンスシーンや、細田守演出の『明日のナージャ』オープニングに通じるものがあります。

少しズレているからこそ面白さが際立つ、というのは重要なポイントですが(『美女と野獣』が滑らかなフル3DCGアニメーションだったら、あのダンスシーンの快感は生まれないでしょう)、なぜ違和感が快感を呼ぶのかについては、考えがまとまらないので自分の宿題にしておきます。





どらけけさんのMAD

小鳥さんをメインに据えた映像群の中に、無人のトレーニングルームを映したカットを挿入する。
すると、「かつてこのトレーニングルームでレッスンしていた小鳥さん」や、「今はもうここに来る事がない小鳥さん」など、見ている人がそれぞれに情景を思い浮かべる事が出来ます。
カットを割って、映像を繋いでいく。すると、映像に含まれる以上の情景が生まれてしまう。編集という魔法を改めて感じさせるMADです。


映像に慣れきった私たちにとって、映像編集/モンタージュはごく当たり前のものです。ただ、私たちが日常的に見るモンタージュは、「顔のアップの後に食べ物を映すと、その人物が空腹そうに見える」的な、隣接する映像/あるいは周囲の映像群に一定の意味や方向性を与えるためのモンタージュがほとんどです。そしてそれは、主に情報や物語を効率よく伝えたり、強化するために使われます。

そういった編集を悪く言うつもりは全くありません。僕は、編集で上手に情報や物語を伝えられる人を凄いと思うし、憧れます。
ただ、編集から生まれる表現はもっと多様にあると、どらけけさんのMADを見て気づかされました。

かけ離れたものを引き寄せる。
時間を無効化する。
「ミシンとコウモリ傘」的な偶発性やデタラメさを面白がる。
あるいは、どらけけさんのように、小鳥さんと無人のトレーニングルームのカットを繋いで、可視化されていないけれども確かに存在する情景を浮かび上がらせる。
編集が出来ることは沢山あります。


アイマスMAD、特に僕がよく見ていた2010年までのダンスMADを思い起こすと、ミシンとコウモリ傘タイプの編集は稀にありましたが、他の特殊な編集を意識的に行なっていた動画はなかなか出てきません。
(近年のMADはほとんど見ていないのであまり言及できませんが、アニマスやシンデレラガールズを用いたアニメMADを経由した現在は、ユニークな編集も行われていると思います。例えば回PやリンPは、映像間の次元や時間や距離を無効化して全て並列する見事な編集をしています)

ただ、僕の知る中で例外として思い浮かぶのが、qbさんのMAD群、特に『流れてくれない(sm10669123)』です。当時、熱心なダンスMADファンの多くが、あのMADの不思議な魅力に囚われましたが、その引力の正体はようとして知れませんでした。
今にして思えばあれは、ダンス映像を繋ぎながら、ダンスならざる情景を浮かび上がらせていたのではないか。しかし私たちはダンスMADという形式にとらわれていたので、そのダンスならざる情景を掴み損ねていたのではないか。そんな気がします。


蛇足ですが、アイマス2以降のqbさんは、MADの設定や状況のようなものをやんわりと提示する、私たちが物語や情景を想起しやすい作りになっていった気がします。例によって、2011年以降のqbさんのMADをほとんど見ていないので断言は出来ませんが。


*『流れてくれない』はもう見る事が出来ないので、『流れてくれない』と共通するモチーフを持つ(インスピレーションとなった動画の一つかもしれません)SAIZPのこちらを紹介しておきます。アクセや衣装のコーデだけで物語や情景を生み出す力、そしてそれを視聴者が読み取る力は、アイマス動画の強い所ですね。

ついでに、僕の大好きな映画の世界の話もしておくと、やはり映画においても、編集はもっぱらストーリーテリングの強化に使われる傾向にあります。
近年の嬉しい例外として、押井守監督の実写版『パトレイバー 首都決戦』の中で、アニメ『パトレイバー2 the Movie』に登場した南雲しのぶが、画面上に映っていないにも関わらずその存在感を強烈に浮かび上がらせる見事なシーンがありました。10年以上の歳月の壁も、アニメと実写の壁も、そもそも違う作品であるという壁すらも一瞬で乗り越えて、アニメ『パト2』の次元にいる南雲しのぶが、現在の実写作品に現れてしまう。こんな事が出来るのは押井守監督しかいないので、ファンは「パト2の焼き直しじゃねーか」なんてみみっちい事は言わず、もっと褒めたらいいのに、と思います。


どらけけさんの涼画動MADでは、『青空を許せたら(sm29436138)』も素敵でした。
アイマス世界には、一方に歌田音や軽口哲也のような記号的キャラクターが、一方に人格のあるアイドルたちが居て、プロデューサーはその中間にあるような気がします。ユーザーをプロデューサーとみなすコンテンツの性質上、ゲームやアニメの中のプロデューサーに強い人格を与えないのは方針として間違っていないと思いますが、でもやっぱりアニマスのPだってアイドルマスターの世界において大切な一人な訳で。情景を積み重ね、アニマスのPをそっと人格の方に寄せてみせる『青空を許せたら』は、とても優しいMADだと思います。




白昼夢さんのMAD

ほとんど波音でかき消される程うっすらと沖縄民謡が流れるサウンドトラックと、夕暮れを思わす質感の中で響が踊る映像。
アイマスMADではダンスシンクロという言葉が頻繁に使われるように、音と映像の同期が重視されますが、このMADを見ると音と映像のズレも表現として面白いと気づかされます。


例えば、野外フェスでミュージシャンが演奏している映像は、基本的にステージ上の演者と盛り上がる観客たちで構成されます。
でも、現地で視線の向きを少し変えると、盛り上がる観客たちの遥か後方で、芝生に寝転びながらビールかっくらってイイ具合に出来上がりつつボンヤリとステージや、ステージ脇の巨大モニタを眺めている人たちもたくさんいます(そういえば、このMADはモニタ映像を思わすフィルタがかかっています)。
演者と芝生に寝転んでいる人たちの間にある距離感を出そうとする映像はあまり無いかもしれません。映画『ウッドストック』はステージから遠そうな観客たちも映されますが、あれは演者も客も全て狂乱の中で並列されているので、距離感ゼロですし。


白昼夢さんのこのMADは、映像自体は一般的なダンスMADとして構成しながら、環境音を前面に出す事で、ステージを遥か後方から眺めているような距離感を作り出しています。カメラと被写体の距離を変えずとも、曲と環境音のボリュームを反転させるだけで視聴者と被写体の距離は変えられる。とてもスマートな演出です。

動画説明文は「サーサー節」の一節ですが、動画中で流れている曲もそれであるかは、沖縄民謡に明るくない僕には分かりません。
この一節を通じやすい日本語文章にすると「ここで踊って遊ぼうよ、こっちに来てよ、みんな」といった感じでしょうか。映像の距離感演出と呼応する素敵な動画説明文です。
[ 2017/02/11 15:40 ] 好きなアイマス動画 | TB(0) | CM(0)

2017年2月公開映画チェック、後半

2月後半の公開映画チェックです。

http://eiga.com/coming/


2/17(金)
セル
http://cell-movie.jp/
スティーヴン・キング原作脚本、ケータイ使った人が次々に暴徒と化していく中をサバイヴするお話。
とても楽しそうな設定ですが、キャストがジョン・キューザック&サミュエル・L・ジャクソンで、監督が『パラノーマル・アクティビティ2』トッド・ウィリアムズとなると、残念映画に仕上がってそうな予感。とはいえ、この二人が主演したキング原作の『1408号室』はそこまで悪くなかったですが。『エスター』のあの少女を演じたイザベル・ファーマンが、ちょっと大人になって出演してるのが嬉しい。


2/18(土)
雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
http://ame-hare-movie.jp/

ダラス・バイヤーズクラブ』ジャン=マルク・バレ監督、近年の主演作にハズレなしジェイク・ギレンホール主演。妻が死んだけどこれっぽっちも悲しくなれない男が、身の回りのモノ全てブッ壊して、改めて自分を確かめていく。この人にピッタリの役柄で、これまた良さそうです。
原題は "Demolition" だそうで、邦題とのかけ離れっぷり凄いっすね。


ナイスガイズ!
http://www.niceguys-movie.com/

シングルファーザーで酒浸りの私立探偵と、腕力にモノを言わせる示談屋がコンビを組み、失踪した少女を捜索するバディ物。
主演ライアン・ゴズリングとラッセル・クロウ。
リーサル・ウェポン』『ラスト・アクション・ヒーロー』脚本、『アイアンマン3』監督脚本のシェーン・ブラックが監督脚本。撮影は『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』『ファンタスティック・ビースト』フィリップ・ルースロ。
この布陣ならそりゃあ間違いなく面白いでしょう。


愚行録
http://gukoroku.jp

貫井徳郎の小説映画化。ポーランド国立映画大学出身の石川慶、長編初監督作。脚本向井康介。キャストは妻夫木聡、満島ひかり、市川由衣、中村倫也など。上手い人が揃っていて良さげ。


一週間フレンズ。
http://ichifure.jp
実写映画版。僕は原作もアニメも全く知らないので何とも言えませんが、「ヒロインが日記を書く」から「主人公ふたりで交換日記する」という設定に変わっているそうで。日記にしろ交換日記にしろ、『50回目のファースト・キス』チックで実写映画にも向いてそうな題材な気はしますが、僕は原作もアニメも全く知らないので何とも言えませんね。


スプリング、ハズ、カム
http://springhascome.xyz

一人娘を生んで母はすぐに他界。二人で暮らしてきた父と娘。娘の大学進学を機に二人は別々に暮らすことになるけれども、父はあまりに素直で良い子に育った娘が心配で、娘は一人暮らしになってしまう父が心配。
小津映画の笠智衆と原節子を思わす関係性。とても良さそう。
監督『あかぼし』吉野竜平。出演、柳家喬太郎、E-girls石井杏奈、『あかぼし』主演の朴璐美。


天使のいる図書館
http://www.toshokan-movie.com

機械的なまでにド真面目な図書館新人司書が、ある老婦人の探し物の手伝いをきっかけに変わっていく。監督『リュウグウノツカイ』ウエダアツシ。出演、実写版『魔女の宅急便』小芝風花、香川京子、横浜流星、森本レオ。小芝風花と香川京子のアンサンブルも、フレーム内の人物の置き方も、すごく良い。これは間違いなく俺好みな映画ですね。


息の跡
http://www.ikinoato.com/

映像作家小森はるかが遂に作った長編。
陸前高田市で「佐藤たね屋」として種苗販売を営みつつ、津波の経験とその後の生活、また陸前高田の歴史や文化などを独学の外国語で書き続けている、佐藤貞一さんのドキュメンタリー。

予告編を見て、監督がユリイカ小津安二郎特集号に寄稿していた文章を思い出しました。
"小津の映画を観るとき、いつも少し気になることがある。あの登場人物たちが口にしている「お嫁さん」とか「戦争」とか「幸せ」という言葉は、私の知っているそれと少し違っていた。(中略)その少し違うというのがずっと咀嚼できずに残っている"
"バイト先の店長とおばちゃんたちはお昼休みによく子どもの頃の話をする。それは小津が映画を撮っていた時と同じ頃の話で、その時にもやっぱり「お嫁さん」とか「戦争」とか「幸せ」という言葉が出てくる。はっきりとあの映画の中にあるものと同じだと思う。私はわからないなりにもおばちゃんたちの口から発するその響きに慣れ親しんできて、あの登場人物たちの声が近づいたような気がする"

映像の人であるゴダールは映画をたくさんの言葉で埋め尽くし、言葉の人であるマルグリット・デュラスは一時期たくさんの映画を監督しました。二人とも、わざと映像と音の情報をずらした、映像と音が戯れるシーンを作る人です。
言葉から想起されるイメージを映像が変えていく。あるいは逆に、映像というイメージを言葉が変えていく。あるいは、言葉のイメージと映像のイメージが合わさる事で、そこに存在しないイメージが浮かび上がる。
1+1が2ではない全く別のものに変わってしまう。映画のそんな瞬間は、とても刺激的です。映画的、と呼ぶにふさわしい興奮があります。

小森監督は、小津映画の「幸せ」と、バイト先のおばちゃんの「幸せ」が、同じものを示しているのに、距離感が違う、と感じ取る人です。映像と音をずらすまでもなく、対象との距離感だけで、イメージは変わってしまうという事に気付いている人です。
息の跡』は、映像と音を編集して作られる「映画」の本質を掴んでいる、映画そのもの、な映画になっていそうな雰囲気があります。見に行ける環境にある人は、是非行って欲しいですね。


劇場版 列車大行進 日本を駆ける列車たち
http://daikoushin.jp

イオンシネマのみで上映される系映画。おこさま向け列車映画はちょくちょくありましたが、大人向けは初めてですね。ナレーション沢城みゆき。みゆきちボイスと列車サウンドを劇場で堪能できるのは良いですね。一日中これを上映している劇場でうとうとしたい。


2/24(金)
ラ・ラ・ランド
http://gaga.ne.jp/lalaland/

セッション』デイミアン・チャゼル監督脚本。ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン主演。2016年アメリカ賞レース席巻のミュージカル。出不精の僕ですが、流石にコレは見に行くつもりで事前情報シャットアウトしているので、どんな映画かよく知りません。


トリプルX 再起動
http://www.xandercage.jp/
ヴィン・ディーゼル様主演アクション『トリプルX』待望の続編。エクストリーム・スポーツ要素を取り入れたのが一作目の売りでしたが、今回は、最近の『ワイルド・スピード』シリーズからの影響か、曲者揃いのチーム物になっているようです。

キャストは過去作から続投のヴィン・ディーゼルとサミュエル・L・ジャクソン。
そして新規参入組は『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』ディーピカー・パードゥコーン、『シックス・センス』母親役トニ・コレット、『ヴァンパイア・ダイアリーズ』ニーナ・ドブレフ、台湾のクリス・ウー、オーストラリアのルビー・ローズ、サッカー選手のネイマール、そしてトニー・ジャー、さらにドニー・イェン様。
何だか知らんがとにかくよし、という感じで愉快なゴッタ煮キャスティングです。一作目のヒロインであるアーシア・アルジェント様がここに居ないのが本当に残念ですね。二作目の主人公アイス・キューブは一応出てるみたいですが。


2/25(土)
アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発
http://next-eichmann.com

「アイヒマンはじめ多くの戦争犯罪を実行したナチス戦犯たちは、そもそも特殊な人物であったのか。それとも家族の誕生日に花束を贈るような平凡な愛情を持つ普通の市民であっても、一定の条件下では、誰でもあのような残虐行為を犯すものなのか」
それを検証しようと行われたミルグラム実験を描く実録モノ。主演ピーター・サースガード、奥さん役にウィノナ・ライダー。


素晴らしきかな、人生
http://wwws.warnerbros.co.jp/subarashiki-movie/
クリスマス・シーズンのニュー・ヨーク。最愛の人を失い、失意のどん底にいる主人公の前に、三人の奇妙な舞台俳優が現れる。彼らとの出会いが主人公を変えていく。
原題は "Collateral Beauty" ですが、何とも恐れ知らずな邦題つけましたね。お話的には『素晴らしき哉、人生!』というよりクリスマス・キャロルっぽい感じがあります。
出演ウィル・スミス、エドワード・ノートン、キーラ・ナイトレイ、ナオミ・ハリス、ケイト・ウィンスレット、ヘレン・ミレンと恐ろしいメンツ。
監督『プラダを着た悪魔』デヴィッド・フランケル。撮影マリス・アルベルチ。この人、トッド・ソロンズ『ハピネス』、ダーレン・アロノフスキー『レスラー』、シャマラン『ヴィジット』、ライアン・クーグラー『クリード』と、錚々たるタイトルの撮影してますね。


彼らが本気で編むときは、
http://kareamu.com/

荻上直子監督脚本。育児放棄された少女と、その叔父さんと、叔父さんのトランスジェンダーな恋人の共同生活なお話。
僕は荻上直子作品の閉鎖的な感じは好きですが、わざとらしい無機質さがどうにも鼻をついて、基本ニガテです。しかし今回はその辺が控えめで、僕でも楽しめそうな予感。
男の体に生まれたトランスジェンダー役の生田斗真がハマってますね。この人、ホント何やっても上手いなー。叔父さん役に桐谷健太。共演にミムラ、小池栄子、門脇麦、田中美佐子。


バンコクナイツ
http://www.bangkok-nites.asia/

空族の最新作。監督『サウダージ』富田克也。間違いなく面白いでしょうが、ソフト化しないでしょうから僕はまず見る事が出来ないと思うと悲しい。お近くで上映しているなら是非見るべきですよ。


真白の恋
http://mashironokoi.com

富山に暮らす軽度の知的障害を持つ少女と、東京から来たカメラマンの恋。
地元出身監督を迎えたご当地映画は最近山ほど作られていますが、こちらはかなり良さそうな。
[ 2017/01/31 03:18 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
プロフィール
Author:かりふら