FC2ブログ

メモ

忘れっぽいです

2018年3月公開映画チェック、後半

3月の再上映モノ。

フルーツ・チャン監督『メイド・イン・ホンコン
この映画がもう20年前ですか。言いたかないけど年取る訳ですわね。
http://mihk.united-ent.com
ゲンスブールとジェーン・バーキン主演『スローガン
http://slogan.onlyhearts.co.jp



http://eiga.com/coming/


3/16(金)
リメンバー・ミー
http://www.disney.co.jp/movie/remember-me.html
ピクサー最新作。監督は『トイ・ストーリー3』リー・アンクリッチ。併映短編は『アナ雪』。


3/17(土)
修道士は沈黙する

地味タイトルでスルーしそうでしたが、予告編見たら「これは面白いだろ」と思わずにいられない。


ラッキー
http://uplink.co.jp/lucky/
ハリー・ディーン・スタントン最後の主演作。リンチも出演して演技してる。


ニワトリ★スター
http://niwatoristar.com
公式サイトの具合や、試写見た人の絶賛レビューが並んでいる感じはキツイですが、どうでしょうね。
http://eiga.com/movie/85240/review/
脚本の方が参加してる『臍帯』は悪くなかった記憶があります。


映画プリキュアスーパースターズ!
http://www.precure-superstars.com/

「守れなかった約束」ネタはスマプリ映画でもやっておりましたが、その映画で脚本の米村正二が今回も脚本。
監督は最近プリキュアやってなかった池田洋子。以前スイプリ映画の監督してますね。
キャラデザ&総作画監督香川久、作監爲我井克美&小松こずえ。テレビ本編同様、ベテランでしっかり固めてる印象。


3/21(水)
トゥームレイダー ファースト・ミッション
http://wwws.warnerbros.co.jp/tombraider/

新生トゥームレイダー。昔のゲーム版が持っていた荒唐無稽な楽しさと、最近のシリアスなビジュアルが上手いこと絡み合ってそう。


3/30(金)
ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男
http://www.churchill-movie.jp

第二次世界大戦時の英国首相チャーチルのおはなし。
監督は意外な人選な気がするジョー・ライト。近作『アンナ・カレーニナ』『PAN』で培ったケレン味を上手く使ってそう。


ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
http://pentagonpapers-movie.jp/

スピルバーグ監督、トム・ハンクス&メリル・ストリープ主演。


トレイン・ミッション
http://gaga.ne.jp/trainmission/
ジャウム・コレット=セラ監督、リーアム・ニーソン主演コンビ映画4本目。
リーアムのおっさんはともかく、リーアム映画以外はサメ映画しか撮ってないジャウム・コレット=セラはもうちょっと他の映画も撮らないもんですかね。制作業もお忙しいでしょうけど、『エスター』みたいな変わり種も監督してるんだし。


レッド・スパロー
http://www.foxmovies-jp.com/redsparrow/

フランシス・ローレンス監督、ジェニファー・ローレンス主演の『ハンガー・ゲーム』組によるスパイ映画。
この二人だとヌルくなるんじゃ、って気もしますが、原作は著者が元CIAの本格スパイ小説。脚本は『レボリューショナリー・ロード』や、ロック様主演だけど大暴れしない渋いクライム物『オーバードライヴ』ジャスティン・ヘイス。この布陣なら、ちゃんとオトナなスパイ映画になっているのでは。
共演ジョエル・エドガートン、ジェレミー・アイアンズ、そしてシャーロット・ランプリング。豪華ですね。


ヴァレリアン 千の惑星の救世主
http://valerian.jp

リュック・ベッソン監督脚本。この監督で唯一好きな『フィフス・エレメント』寄りなので、僕でも楽しめるかもしれない。


3/31(土)
グレート・アドベンチャー
邦題の適当っぷりが悲しいですが、アンディ・ラウ、ジャン・レノ、スー・チー、エリック・ツァンと豪華キャストの冒険映画。監督はスー・チーの旦那、スティーヴン・フォン。中国制作ですが、「香港映画」って感じのメンツですね。


増山超能力師事務所 激情版は恋の味
http://masuyama.official-movie.com

エレベーターに田中直樹が一人映ってるショット見ると、この人ディヴィッド・リンチ映画に似合いそう。
監督の久万真路は『ファの豆腐』って短編良かった記憶があります。


三十路女はロマンチックな夢を見るか?
http://misozi.jp

武田梨奈主演。監督脚本は押井守がリメイクした『東京無国籍少女』のオリジナル版を撮った山岸謙太郎。
予告のノリが明るい割に、映像は甘くない渋めのルックなのが良さそう。
[ 2018/03/01 03:31 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら