FC2ブログ

メモ

忘れっぽいです

2017年下半期ニコマス20選

2選。


-----

http://www.nicovideo.jp/watch/sm31766252
[ミリオンライブ!シアターデイズ ] Hummingbird feat. Merzbow
投稿者:Alberto さん

エフェクトによって映像が表情を変えていくさまを、1カット長回しで進行するハミングバードMVで見せる、見事なノイズのショーケース。

「ノイズで鳥と言えばメルツバウ」
というノイズ・リスナーの常識をストレートにアイマスMAD化。
アイマスで鳥なら「蒼い鳥」もありますが、家庭用機版のカット切りまくりAUTOカメラやLONG長回しでは、これ程の面白さは出なかった訳で。僕が家庭用機全盛時代に同じことを思いつかなくて本当に良かったです。

動画編集ソフトの妙なエフェクト順番に使いました、という感じを隠す気も無い潔さ、崇高ですらある1:45辺りのエフェクトをクライマックスに持って来ない素っ気なさも、ステキです。長いこと動画編集してると小綺麗に飾る事ばかり覚えて、こういう大胆さを忘れてしまいます。


-----

http://www.nicovideo.jp/watch/sm32070109
伸う伸う
もぼぞんえP

やわらかな質感の映像と、めまぐるしいカット割りが、ごく自然に共存する、とんでもないMAD。

高速カットインを多用するヒップホップMVや、

2017年mostソフィスケイテッドかつキレキレなDiorのPV、

観客の視覚を幻惑させるべく攻撃的な編集をしていたゴダールの3D映画『さらば、愛の言葉よ』など、

バキバキな編集を施される映像は、映像質感もバキバキである事がほとんどです(デジタルらしいハッキリクッキリ画質だったり、コントラスト高めだったり)。

『伸う伸う』の、絹のような質感の映像にバキバキの編集を施してしまうスタイルは相当に珍しい。そして格好良いです。いずれ、映像のトレンドとしてこういうの来ても不思議じゃないくらい、格好良い。

実際、GoldLinkのライブ映像はソフトな質感が増しておりMVも同じ方向に進むかもしれませんし、大手ファッションブランドが相変わらずキッチュでバキバキ方向を引きずっている中で若いブランドはフワフワでバキバキを指向しつつあるように感じます(下記の動画はふわふわバキバキというよりレトロスタイルなだけかもしれませんが)。


『伸う伸う』が時代の先を行ってるのか、ハズれているだけなのか分かりませんが、いずれにせよ異質で面白い映像が、なんだかんだで長いことアイマスMAD作ってるこの人からぼろっと零れ落ちてくるのは、味わい深いです。
[ 2018/01/03 14:55 ] 好きなアイマス動画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら