メモ

忘れっぽいです

2017年12月公開映画チェック、前半

もう12月ですね、困りますね。
今月は2017年最後の大作『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』、後は『探偵はBARにいる3』、『DESTINY 鎌倉ものがたり』辺りがボチボチ話題になりそうな所でしょうか。

新作公開監督は
ヴィム・ヴェンダース、アキ・カウリスマキ、ケネス・ブラナー、ジョン・キャメロン・ミッチェル、ウェイ・ダーション、大林宣彦、瀬々敬久、SABU、山崎貴、曽利文彦、入江悠、英勉、吉田照幸、切通理作など。


http://eiga.com/coming/



12/1(金)
パーティで女の子に話しかけるには
http://gaga.ne.jp/girlsatparties/

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』ジョン・キャメロン・ミッチェル監督脚本。エル・ファニング主演でパンクス『ローマの休日』って感じでしょうか。
予告編はアーロン・コメットバス「パンク・ロック・ラヴとは」を地で行くような世界観。迂闊に思春期なんかに見ちゃったりしたらオール・タイム・ベスト級に惚れる一作になりそうな雰囲気。


探偵はBARにいる3
http://www.tantei-bar.com/

一作目は、70年代の東映プログラム・ピクチャーを思わす猥雑さや野暮ったさが嬉しい秀作。
二作目は、諸々の規模が大きくなって身の丈に合ってないなー。という印象でした。
三作目となる今回は監督が橋本一から、『疾風ロンド』や長谷川博己金田一『獄門島』吉田照幸に。キャストに北川景子、前田敦子、鈴木砂羽、志尊淳などが新規参戦。


鋼の錬金術師
http://wwws.warnerbros.co.jp/hagarenmovie/index.html

ピンポン』『あしたのジョー』曽利文彦が監督脚本。この人が脚本までやるとキッツイ台詞満載だった『ベクシル』を思い出してしまいますが、原作付きならアソコまで酷くはならないかな。


12/2(土)
希望のかなた
http://kibou-film.com/

アキ・カウリスマキ監督脚本制作。


デメキン
http://demekin-movie.com/

バッドボーイズ佐田正樹の自伝、実写映画化。吉本所属の人の映画は大概KATSU-doが制作配給に関わってるモンですが、本作は珍しくAMGエンタテインメントが制作配給のメインっぽい。
監督『猫侍』山口義高 、脚本『百円の恋』足立紳。アクション・コーディネーターに坂口拓と坂口茉琴。


やがて水に歸る
https://yagatemizu.wixsite.com/home

相米慎二映画の助監督榎戸耕史が、教鞭をとる大学の生徒らもスタッフに加えて監督した映画。キャストが前田亜季、趙珉和、寺田農と豪華。


青春夜話 Amazing Place
http://seishunyawa.com/
切通理作、初の監督作。


ムーミン谷とウィンターワンダーランド
http://www.moominswonderland.jp/

コンスタントに公開されているムーミンのパペット・アニメ映画最新作。
いつもは冬眠している冬だけど「クリスマス」というモノの存在を知り、今年は起きてクリスマスをお迎えする事に、というおはなし。面白そう。
日本語吹替はナレーション神田沙也加、ムーミン宮沢りえ、その他の役は森川智之と朴璐美の二人が全て担当、と面白い事になっているので声優さん目当てで見るのも良さげ。


12/8(金)
オリエント急行殺人事件
http://www.foxmovies-jp.com/orient-movie/

ケネス・ブラナー監督主演でオリエント急行、と楽しそうな企画。
他のキャストもジョニー・デップ、ペネロペ・クルス、ウィレム・デフォー、ジュディ・デンチ、ミシェル・ファイファーと大変に豪華。
撮影は『スルース』『マイティ・ソー』でケネス・ブラナーと共に仕事をしているハリス・ザンバーラウコスで、65mmフィルム撮影。脚本『ローガン』『ブレードランナー2049』マイケル・グリーン。スタッフも豪華で、上映時間114分と適度な尺。


12/9(土)
女の一生
http://www.womanslife.jp/

映画黎明期から数あまた存在するモーパッサン原作モノだけに気合の入った企画なのか、エライ映像良いですね。ジャック・リヴェットみたいだ。
監督『母の身終い』ステファヌ・ブリゼ、撮影『まぼろし』アントワーヌ・エベルレ。


ルージュの手紙
http://rouge-letter.com/

カトリーヌ・ドヌーヴ、カトリーヌ・フロ、オリヴィエ・グルメ出演。堅実に生きる人の生活に、自由奔放型人間が介入して何たらかんたら、、、とよくあるプロットですが、幾つになっても妙にキュートなカトリーヌ・ドヌーヴが自由人役。面白そう。


DESTINY 鎌倉ものがたり
http://kamakura-movie.jp/

西岸良平原作、山崎貴監督脚本の『ALWAYS 三丁目の夕日』シフトでお送りする新作。
色々言われがちな山崎貴監督ですが『ジュブナイル』『もののけ島のナキ』あたりはそんなに酷い映画でもないし、『STAND BY ME ドラえもん』脚本の原作エピソード抜粋は上手かったし、今回は上手く転べば割と良くなりそうな気がします。


世界を変えなかった不確かな罪
http://g-film.net/world/

ヘブンズストーリー』『リュウグウノツカイ』寉岡萌希主演。この方がメインで出演してる映画は個性的で面白い物ばかり。本作も良さそうな雰囲気。


ビジランテ
http://vigilante-movie.com/

入江悠監督脚本。予告編からして、今までの入江監督作とはちょっと違うんじゃないか、と期待できるハードさ。


ヘドローバ
https://plus.vice.com/hedoroba/

全員死刑』小林勇貴監督脚本撮影編集。
「ケータイで撮る映画」シリーズの第1弾作品、と言われると「ハァそうですか」という気がしますが、予告見るととっても楽しげ。 "Video Violence" みたいなビデオ撮りスプラッタ映画や、ハーモニー・コリンの "TRASH HUMPERS" と通じるテイストがありそう。


仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー
http://www.movie-taisen.com/

毎度おなじみムービー大戦シリーズ。プリキュアもそうですが、レギュラーシリーズやりながら毎年2本も映画作るの大変でしょうに。
今回は過去シリーズの主役たち、渡部秀、三浦涼介、福士蒼汰、佐野岳らがしっかり出演。ライダーは映画しか見てない僕ですら、予告や特報でテンション上がります。敵役が大槻ケンヂってのが気になりますが。多分、あの方は何をやっても大槻ケンヂにしかならないですよね。


ガールズ&パンツァー 最終章 第1話
http://girls-und-panzer-finale.jp/
最終章OVAシリーズ、1回目。


12/15(金)
スター・ウォーズ 最後のジェダイ
http://starwars.disney.co.jp/movie/lastjedi.html

おそらくマーベル映画と同じく、誰が監督しても間違いないクオリティの映画を作れる制作体制になっていると思いますが、それにしても監督脚本が『LOOPER』ライアン・ジョンソンとは。『LOOPER』はそこそこ面白い因果応報SFだったけど、まさか『スター・ウォーズ』へのパスポートになるなんてねぇ。
[ 2017/11/25 03:15 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら