メモ

忘れっぽいです

2017年7月公開映画チェック、前半

7月。夏休み突入時期の割にショボいラインナップに思えます。
目を引く新作公開監督は
マルコ・ベロッキオ、エレノア・コッポラ、ケヴィン・スミス、チャド・スタエルスキ、廣木隆一、福田雄一、三宅唱、米林宏昌
といったところ。
記事では取り上げていないけど深夜アニメ映画は豊作で、Free、結城友奈は勇者である、ノーゲーム・ノーライフ、生徒会役員共、なのは、と弾数揃ってますね。


http://eiga.com/coming/


7/1(土)
パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊
http://www.disney.jp/pirates/
シリーズ5作目。今回の敵役はハビエル・バルデム。映像で見ると髪の毛フワフワしてるビジュアルが面白い。前作欠席のオーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイも一応出演してる、らしいです(このシリーズ一作目しか見てないのでよく知らない)。
過去作にはキース・リチャーズが出演していますが、今回は大物ミュージシャンのゲスト枠にポール・マッカートニーが出演。自身やビートルズ主演以外の劇映画に出るのは初めてじゃないですかね。


コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団
http://conveni-wars.jp/

ケヴィン・スミス監督脚本編集。
監督前作『Mr.タスク』に登場した(ジョニー・デップの娘)リリー=ローズ・メロディ・デップと(ケヴィン・スミスの娘)ハーレイ・ケイン・スミスの、コンビニ店員コンビが主役。
カナダのコンビニだからって棚いっぱいにメープルシロップ並べてしまう分かり易い「アタマ悪そう」演出。そして、ジョニー・デップ、ヴァネッサ・パラディ、スタン・リー、ジャスティン・ロング、ハーレイ・ジョエル・オスメントと、楽屋落ち感たっぷりのキャスティング。いかにもケヴィン・スミス映画って感じで、昔からのファンには嬉しい。


ディストピア パンドラの少女
http://pandora-movie.jp

カズオ・イシグロ meets ウォーキング・デッド と絶賛された小説の映画化、だそうです。近年多い、設定は面白いけどあまりホラーホラーしてない変わり種ゾンビ映画でしょうか。やっぱり渋谷のシアターN無くなってから、ガッツあるホラーの劇場上映減ってる気がしますねぇ。


地獄愛
http://2killersinlove.com

20人以上の女性を殺害した、実在の結婚詐欺カップルを元にした映画。
監督は、悪くない映画なのに邦題のインパクトで損してる『変態村』のファブリス・ドゥ・ヴェルツ。主演も『変態村』で散々な目にあうローラン・リュカ。
同事件を題材にした1970年アメリカ制作カルト・クラシック映画『ハネムーン・キラーズ』も併せて再上映。『ハネムーン・キラーズ』はトリュフォーやデュラスのお気に入りだけあって、ヌーベルバーグ好きは間違いなくグッと来るであろう傑作。ジョン・ウォーターズみたいなバッド・テイスト映画好きもイケるでしょう。帽子ばあさんのくだりとか最高。


忍びの国
http://www.shinobinokuni.jp/
天下無敵の織田軍の侍 vs 伊賀の忍、という熱いシチュエーションの戦国時代劇。『のぼうの城』和田竜が原作脚本。監督&主演は中村義洋&大野智の『映画 怪物くん』コンビ。事前に『怪物くん』を見ておけばどんな仕上がりでも「流石にアレよりは面白いわ」となるのでお得。


夏の娘たち ひめごと

魔法少女を忘れない』堀禎一、久しぶりの監督作。脚本編集も担当。撮影は『ヴィレッジ・オン・ヴィレッジ』渡邉寿岳。やまだないとがポスター描いてます。


クロス
http://www.cross2017.com/
有名プロデューサー奥山和由が珍しく監督をしている映画。共同監督に近年の金子修二作品の常連撮影監督、釘宮慎治。
監督が降りたけどスケジュール的にクランクインするしかなくてこの監督体制になったんじゃないか、と邪推しちゃう布陣。


それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!
http://anpan-movie.com/2017/
映画29作目。矢野博之監督、米村正二脚本。いつものアンパン映画な布陣。ゲスト声優に多部未華子とキャイーン。


めだまろん ザ・レジデンツ・ムービー
http://www.imageforum.co.jp/theresidentsmovie/

レジデンツのドキュメンタリー。
僕は、レジデンツの作品に触れると、普段は皮かむりの感性が剥き出しにされて「箸が転がるだけで面白い」みたいな、何でも楽しめる状態になるのですが、この予告編見てもあんまムケないですね。単なるレジデンツ紹介ムービーになりそうな気が。レジデンツならそれだけでも充分面白いでしょうけど。


7/7(金)
ジョン・ウィック チャプター2
http://johnwick.jp/

前作は「引退した殺し屋」という事で若干の動きの鈍さも言い訳できたけど、今回はそうもいかねぇ!とモーレツなトレーニングを積んだキアヌ・リーブス主演の、シリーズ2作目。トレーニング映像で見せる、実弾での的確なエイミングに惚れます。
前作はイカツイ&イイ面のおっさんキャスティングが絶妙でしたが、今回もピーター・ストーメア、イアン・マクシェーン、ローレンス・フィッシュバーン、そしてマカロニ・ウエスタンの巨星フランコ・ネロが登場。若手殺し屋は『トリプルX 再起動』ルビー・ローズ、コモンが出演。
監督チャド・スタエルスキ、脚本デレク・コルスタッドは前作から続投。


ボンジュール、アン
http://bonjour-anne.jp/

フランシス・フォード・コッポラの奥様、エレノア・コッポラが監督脚本した初の劇映画。
邦題も全然悪くないと思いますが、原題の "Paris Can Wait" はコッポラ・ファミリーらしい映画インテリジェンスがあって良いですね。奥行きを感じさせないベタっとした映像の質感は晩年のオリヴェイラっぽいし、銀座マダム向けの売り方してるけど、むしろシネフィル好みする映画かもしれません。


7/8(土)
ライフ
http://www.life-official.jp/

ポスターのど真ん中にジェイク・ギレンホールのニヤケ顔があるだけで悪い予感しかしない『エイリアン』系宇宙ホラー。
監督『デンジャラス・ラン』『チャイルド44』 ダニエル・エスピノーサ、脚本『ゾンビランド』『デッドプール』レット・リース&ポール・ワーニック。
出演ジェイク・ギレンホール、レベッカ・ファーガソン、ライアン・レイノルズ、真田広之。今の真田広之が『リング』みたく絶望の表情で死んでいくの、見たいっすね。


バイバイマン
http://byebyeman-movie.jp/

そこそこヒットしたみたいですがトレイラー見てもあまりソソらないホラー。"don’t say it, don’t think it" を執拗に繰り返すのはちょっと良いですね。


裁き
http://sabaki-movie.com/

階層、民族、言語、宗教が入り乱れるインド社会への鋭い洞察を盛り込んだ法廷劇。とはいえ、対象とのドライな距離感のおかげで、飄々として辛気臭さは薄そう。かなり面白いのでは。


逆光の頃
http://gyakko.com/

タナカカツキ最初期の漫画原作。とっても良さそう。


メアリと魔女の花
http://www.maryflower.jp/
米林宏昌がジブリを離れて一発目の監督作。


マイ・ライフ・ディレクテッド・バイ・ニコラス・ウィンディング・レフン
http://klockworx.com/movie/m-405261/

オンリー・ゴッド』撮影中のニコラス・ウィンディング・レフンを追ったドキュメンタリー。奥様のリブ・コーフィックセンが監督。『ブロンソン』『ドライヴ』といった絶賛映画ではなく、そら賛否ガッツリ分かれるよ、な『オンリー・ゴッド』撮影ドキュメンタリーなのが良いですね。映画舞台裏ドキュメンタリーは失敗作の方が面白い、みたいなところありますし。


7/14(金)
銀魂
http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama-film/

小栗旬主演な時点でボロカス言われてるんでしょうなー、な実写版。福田雄一監督脚本。かつての紀里谷映画を思わすショボVFXが大変よろしいですね。
しかし、誰が演じても色々言われそうな銀さんは小栗旬くらいしかやれる人居ないでしょうし、他は新八に菅田将暉、神楽に橋本環奈、土方に柳楽優弥、ズラに岡田将生と、かなり頑張ったキャスティングしてると思います。何より高杉晋助に滅多に映画出ない堂本剛を持ってきたのは相当面白い。


7/15(土)
甘き人生
http://www.amakijinsei.ayapro.ne.jp/

愛の勝利を』マルコ・ベロッキオ監督作。ベロッキオ監督作ですら東京ではスバル座とユーロスペースしか上映館がないなんて、世知辛いですなぁ。


ハートストーン
http://www.magichour.co.jp/heartstone/

アイスランド映画。LGBT映画賞を複数受賞しているので、そういう映画なのでしょう。


世界は今日から君のもの
http://sekakimi.com

ステレオタイプおたくの成長映画、でしょうか。無表情の門脇麦かわいい。この手の映画は大概、実際にオタクやってる人間が見ると無性にイラっと来るモンですがコレはどうかな。予告編の海ぽちゃシーンは映画力あって素晴らしい。


彼女の人生は間違いじゃない
http://gaga.ne.jp/kanojo/
廣木隆一監督作。


カーズ クロスロード
http://www.disney.co.jp/movie/cars-crossroad.html

シリーズ3作目。日本語エンディング曲奥田民生。吹替に松岡茉優、藤森慎吾などが新規参加。『モンスター・ホテル』『プリキュアオールスターズ 春のカーニバル』では散々だった藤森演技だけど、今回は予告の一言聞く限りでは以前ほど悪くなさそうな。


劇場版ポケットモンスター キミにきめた!
http://www.pokemon-movie.jp

ポケモン映画20作目。20年前に放送されたテレビアニメ第1話のラストの続きを、オリジナルストーリーで描く、という事なのでポケモン世代の方々にとってはアツそう。
監督はいつも通り湯山邦彦。毎年恒例のゲスト声優として中川翔子と山寺宏一参加。脚本は珍しく米村正二。アンパンやヒーロー大戦映画は数多くやってますが、意外なことにポケモン映画は初。王道やると強い人なので割と良さそうな。


パワーレンジャー
http://www.power-rangers.jp

初代パワーレンジャーのリブート。
監督は、高校生タイムリープ物の佳作『プロジェクト・アルマナック』のディーン・イズラライト。脚本『リアル・スティール』『フライト』ジョン・ゲイティンズ。美術『フューリー』アンドリュー・メンジース。音楽ブライアン・タイラー。
予告編から「『アベンジャーズ』『クロニクル』以降」の映画になってる感じが伝わってくるし、スタッフの人選も面白いし、金かかってる良いプロダクトですね。東映配給じゃなく、もっとプロモーション上手いところがやれば日本でも結構ヒットしそうな気が。
日本語吹替は、レッド勝地涼、ピンク広瀬アリス、ブルー杉田智和、イエロー水樹奈々、ブラック鈴木達央、悪役に沢城みゆき。


ケイト・プレイズ・クリスティーン
http://www.chunfufilm.com/kate-plays-christine

1974年、ニュース番組の生放送中に拳銃自殺したキャスター、クリスティーン・チュバック。彼女を演じることになった女優が、役作りとしてクリスティーンに近づいてく様子を撮影したドキュメンタリー、、、と言ってますがフェイクっぽいですね。面白ければフェイクでも何の問題もありませんが。
同事件に関してはレベッカ・ホール主演の "Christine" という劇映画も作られています。こっちのが面白そうなんだよなー。
[ 2017/06/22 03:28 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら