メモ

忘れっぽいです

2017年6月公開映画チェック、後半

6月の新作公開監督は、メル・ギブソン、アンジェイ・ワイダ、アスガー・ファルハディ、クリスチャン・デュゲイ、ポール・シュレイダー、ピーター・バーグ、ジェームズ・マンゴールド、マイク・ミルズ、ガイ・リッチー、J・A・バヨナ、ベニー・チャン、小林政広、篠原哲雄、清水崇、城定秀夫、入江悠、熊切和嘉、西谷弘、内田伸輝、永江二朗、水谷豊、坂本浩一、松江哲明&山下敦弘など。


http://eiga.com/coming/


6/16(金)
レイルロード・タイガー
http://railroadtiger-movie.jp/

近年の成龍映画では相当上等な『ポリス・ストーリー レジェンド』のディン・シェン監督とジャッキー・チェン主演コンビで、機関車アクション・コメディ。久しぶりにジャッキーの息子、ジェイシー・チャンも映画出演。
バスター・キートン正当後継者とも言えるジャッキーが、キートン映画最高峰『キートン将軍』を思わす機関車アクション。期待したいです。欲を言うなら、もっと若い時にこの設定やって欲しかった。


映画 山田孝之3D
http://www.tv-tokyo.co.jp/yamada_cannes/takayuki_yamada_the_movie_3d/

「山田孝之のカンヌ映画祭」からの流れで生まれた映画。監督、山下敦弘&松江哲明。山下監督は『超能力研究部の3人』で劇映画もフェイク・ドキュメンタリーもないまぜにする奇妙な世界をモノにしてるし、松江監督は『フラッシュバックメモリーズ 3D』で3Dドキュメンタリー実績もあるし、何せ山田孝之だし、面白いでしょうね。


6/17(土)
キング・アーサー
http://wwws.warnerbros.co.jp/king-arthur/

ガイ・リッチー監督作。この監督の映画の面白さって、主役のキャラ立ちが担ってる部分が大きいと思うんですが、予告見る限りでは今回の主役は薄味そうな。敵役のジュード・ロウは濃そう。


世界にひとつの金メダル
http://sekakin.com

実話ベース馬術映画。主演&脚本は、両親が馬の飼育場を営み、自身も馬術競技選手経験のあるギョーム・カネ。
監督は『スキャナーズ』2.3作目や、フィリップ・K・ディック原作映画でも屈指の傑作『スクリーマーズ』でジャンル映画ファンに馴染み深いクリスチャン・デュゲイ。昔の作風からSFオタクのインドア系かと思ってたら、監督も馬術競技元カナダ代表という経歴があるそうで。


ドッグ・イート・ドッグ
http://dogeatdog-movie.com

タクシー・ドライバー』脚本のポール・シュレイダー監督。ニコラス・ケイジ、ウィレム・デフォー主演。
正直『キック・アス』以降のニコラス・ケイジ主演作は、どんな映画もそれなりに面白く見ようと努めているいる僕ですらキツイ物が多く、2011年『デビルクエスト』、2012年『ブレイクアウト』、2013年『ゴーストライダー2』、2014年『トカレフ』、2015年『ザ・レジェンド』と、毎年その年のワースト級を繰り出してくるので逆に見ずにおれない所があります。が、本作は素直に面白そうですね。


リベンジ・リスト
http://gaga.ne.jp/revenge.list/

96時間』『アジョシ』『ジョン・ウィック』系の、怒らせた相手が悪かったリベンジ・アクション。ジョン・トラヴォルタ主演。
監督はジム・キャリー『マスク』、シュワちゃん『イレイザー』のチャック・ラッセル。2002年ザ・ロック主演『スコーピオン・キング』以来の監督作。これだけヒット連発してた人が10年以上キャリアにブランク空くのか。


心に吹く風
http://kokoronifukukaze.com

松竹ブロードキャスティングが沖田修一、橋口亮輔といった面白い監督にオリジナル作品を撮らせているシリーズの第四弾。
今回の起用監督は『冬のソナタ』監督脚本ユン・ソクホ。初の劇場監督作。撮影『ナビィの恋』高間賢治。撮影スタッフ全て日本人でこのロマンチズム溢れる画を作ってしまう監督力すごいなー。
主演は眞島秀和と、『月とキャベツ』ヒロインの真田麻垂美。真田麻垂美さんは2001年から俳優活動休止してアメリカ留学していたそうで、本作で久々の復帰。
これは大変に僕好みな映画の予感。


TAP THE LAST SHOW
http://www.tap-movie.jp

水谷豊初監督作。スタッフは撮影会田正裕、美術近藤成之、監督補杉山泰一など、『相棒』や『少年H』など水谷豊主演作に参加経験を持つ盤石の布陣。


こどもつかい
http://kodomo-tsukai.jp/
清水崇監督のホラー。滝沢秀明、有岡大貴、門脇麦出演。


スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー
ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッド エピソードゼロ

http://www.space-squad.net/
東映の特撮ヒーローたちがチームを結成する「スペース・スクワッド」シリーズ第一弾。とか言われても新鮮味も無けりゃワクワクもしないのが東映特撮ヒーロー。東映ビデオ配給作品なので、Vシネを一応劇場でも公開しておく、といった感じでしょうか。
ギャバンVSデカレンジャー』と『ガールズ・イン・トラブル』の二本立て上映で、どちらも坂本浩一が監督。
今回は2代目ギャバン+デカレンジャーの刑事チームが共演。初代ギャバン大葉健二や白鳥スワンの石野真子、原幹恵なども出演。
同時上映の『ガールズ・イン・トラブル』はデカレンジャーと近年の宇宙刑事シリーズのヒロインが共演する作品。こっちも原幹恵、そして佃井皆美や、『赤xピンク』桃瀬美咲も出演。


霊眼探偵カルテット
http://www.reigantantei-karutetto.com

僕の好きそうなティーン向けホラー。


約束の地、メンフィス テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー
http://www.curiouscope.jp/Memphissoul/

メンフィスに所縁あるミュージシャンが、世代もジャンルも越えて集結し、レコーディングするプロジェクトを追ったドキュメンタリー。


6/23(金)
フィフティ・シェイズ・ダーカー
http://fiftyshadesmovie.jp
人気ロマンス小説原作『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の続編。


6/24(土)
ハクソー・リッジ
http://hacksawridge.jp/

待望のメル・ギブソン監督作。銃もナイフも持たず戦場に向かい、75人の兵士を救出した米軍衛生兵の実話ベース映画。


ジーサンズ はじめての強盗
https://warnerbros.co.jp/movie/g3z/

モーガン・フリーマン、マイケル・ケイン、アラン・アーキン主演、タイトル通りの爺さんが強盗映画。「爺さんが○○する」系映画最強の『狼たちの処刑台』マイケル・ケインが出てる時点で失敗する気がしない。他にクリストファー・ロイド、最近あんまり映画で見ないマット・ディロン出演。


マローダーズ 襲撃者
http://marauders.jp

ブルース・ウィルス出演だけが売りのクライム映画っぽいですが、デイヴ・バウティスタ演じるやたらガタイの良い捜査官の風体が面白い。それだけでもう見たい。


ぼくらの亡命
http://ourescape.makotoyacoltd.jp

監督脚本音響編集制作もろもろ『ふゆの獣』『さまよう獣』内田伸輝。傑作『ふゆの獣』は未だソフト化されていないので、これも劇場で見逃すと、見る機会が無くなってしまうかもしれません。


イイネ!イイネ!イイネ!
http://iineiineiine.official-movie.com
クレイジーケンバンド出演、劇映画。共演に中野英雄、伊原剛志、金子賢、秋吉久美子など。
監督は門馬直人。監督作は見たことないですが、片嶋一貴監督映画で制作クレジットされている方。脚本は一雫ライオン。この監督絡みの映画や、僕には高評価の実写版『やるっきゃ騎士』で脚本担当。


ひだまりが聴こえる
http://hidamari-kikoeru.com

高橋ナツコ脚本で池袋上映なBL映画。この手の映画は、大胆な裸シーンやキスが見せ場になる事が多いですが、本作はあんまりそういう側面がなさそうな慎ましい雰囲気。これはジャンルに興味ない人にも拾い物になるかも。


ラオス 竜の奇跡
http://saynamlai.movie
日本ラオス合作という珍しい制作体制映画。『天国からのエール』熊澤誓人監督。栗コーダーカルテット音楽。


6/30(金)
兄に愛されすぎて困ってます
http://anikoma-movie.jp

少女漫画原作実写化。監督『俺物語』河合勇人。映画初出演となる GENERATIONS from EXILE TRIBE 片寄涼太の、こなれていない堅い演技が良い方向に働いて面白くなりそうな。
[ 2017/05/28 13:15 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら