メモ

忘れっぽいです

2017年6月公開映画チェック、前半

6月。大作控えめなお陰で、バラエティに富んだラインナップ。

特集上映では、新宿K'sシネマで行われる「彩プロ30周年記念特集上映」が面白そう。
妙にエロいジャケのVシネ、通好みのミリタリー映画、秀作アジア映画、ミニシアターでロングヒット系映画など、制作&配給映画のラインナップが楽しい会社、彩プロの設立30周年企画だけあって、面白いプログラムです。
http://www.ayapro30.ayapro.ne.jp
好きな人は徹底的に好きであろう戦車映画『ホワイトタイガー』は大きい画面(とはいえK'sシネマは小さい小屋だけど)で見たい映画ですが、この機会を逃すともうスクリーンで見るのは難しいでしょうね。


http://eiga.com/coming/



6/1(木)
LOGAN ローガン
http://www.foxmovies-jp.com/logan-movie/

ヒュー・ジャックマン主演のウルヴァリン物3作目。予告編見たら『センチメンタル・アドベンチャー』みたいなイーストウッドのイイ映画っぽくて、えらく面白そう。
監督は前作『ウルヴァリン SAMURAI』に続きジェームズ・マンゴールド。『3時10分、決断のとき』を監督してるだけに、本作の世界観は得意とするところでしょう。


ゴールド 金塊の行方
http://www.gold-movie.jp/
トラフィック』『シリアナ』スティーヴン・ギャガン監督、マシュー・マコノヒー制作主演。


6/3(土)
20センチュリー・ウーマン
http://www.20cw.net/

マイク・ミルズ監督脚本。自身の父親が題材だった前作『人生はビギナーズ』から、今回は母親を題材に。自身の母親のおはなしに、このタイトルをつけるなんてイカしてますね。
出演『キッズ・オールライト』での母親役も良かったアネット・ベニング、『フランシス・ハ』以降飛ぶ鳥を落とす勢いなグレタ・ガーウィグ、そしてエル・ファニング。今のアメリカ映画界で最上の女優揃えました!というメンツ。超見てぇけど北海道は札幌だけか。
公式サイトで「1979 RADIO」という監督が選曲したミックス・テープ的なモノが聴けまして、これが見事に僕が学生時代に散々聴いたアーティストだらけ。これだけ同じモノを聴いて育ちながらこうもイカさない人間に育った自分が悲しい。


ブラッド・ファーザー
http://b-father.jp/

メル・ギブソン父ちゃんが、かつて歩んだワルの道で培ったスキルで娘を守る、大変楽しそうな映画。
監督にリメイク版『要塞警察』のジャン=フランソワ・リシェ、脚本に『ザ・タウン』ピーター・クレイグと、『ストレイト・アウタ・コンプトン』アンドレア・バーロフ。一応フランス制作の映画。カナダほどではないにしろ、フランスも割となんちゃってアメリカ映画を作るのはリュック・ベッソン率いるヨーロッパ・コープの影響でしょうか。


ザ・ダンサー
http://www.thedancer.jp

19世紀末に活躍し、1900年のパリ万博でのパフォーマンスや、最初期の映画で撮影対象となった事により、世界中に影響を与えたダンサー、ロイ・フラーの伝記映画。
監督脚本はミュージック・ビデオ出身で長編初監督のステファニー・ディ・ジュースト。共同脚本にジャック・オディアール監督作の常連トマ・ビドガン。撮影ギャスパー・ノエ映画常連ブノワ・ドビー。衣装オリヴィエ・アサイヤス映画常連アナイス・ロマン。
初監督作でこれだけのスタッフつけてるんだから、映画進出以前の仕事の実績すごいんでしょうね。


ラプチャー 破壊
http://gaga.ne.jp/rupture/

「一番嫌いなモノを与え続けてみよう」とひたすら蜘蛛まみれにされる人体実験ホラー。
セクレタリー』『毛皮のエロス』スティーヴン・シャインバーグ監督。『ハードキャンディ』やシャマラン制作『デビル』のブライアン・ネルソン脚本。『アンチヴァイラル』カリム・ハッセン撮影。主演は『プロメテウス』の傑作手術シーンも記憶に新しいノオミ・ラパス。
「とにかく見る人間をイヤな気分にしたい」という気概を感じさせるスタッフ陣。ロッテントマトでは超低評価。逆に見たくなる映画。


海辺のリア
http://www.umibenolear.com/

小林政広監督脚本制作。仲代達矢主演。阿部寛、黒木華、原田美枝子、小林薫出演。
撮影監督は、岩井俊二の監督作や制作映画の常連、神戸千木。ギャグになってしまいそうなギリギリのところで踏みとどまっている広角の画とか面白い。


武曲 MUKOKU
http://mukoku.com/
熊切和嘉監督監督作。『そこのみにて光輝く』や前田弘二監督作常連の高田亮脚本。綾野剛主演。綾野剛がキレキレな役を演じる映画は基本面白いですよね。


花戦さ
http://www.hanaikusa.jp
野村萬斎主演、篠原哲雄監督。天下を取った豊臣秀吉の圧政に、花をいける事で立ち向かった男の話。


劇場版 屍囚獄 起ノ篇
http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/lineup/20170501_14276.html

ホラー漫画原作。レンタル屋でよく見かけるけどあまり借りる気にならないジャケだけは妙にエロいVシネ、みたいな雰囲気ですが、監督脚本編集は数多くの傑作Vシネを撮ってきた城定秀夫で、この監督が意外と撮ってないスプラッタなホラー。


トモダチゲーム
http://tomodachi-game.com
マンガ原作。監督『心霊写真部』永江二朗。出演が吉沢亮、山田裕貴、内田理央と大変にニチアサ。


女流闘牌伝 aki アキ
http://aki-movie.com
二階堂亜樹の自伝的漫画の実写映画化。小島武夫役が岩松了って格好良すぎる。


ボブ・ディラン 我が道は変る 1961-1965 フォークの時代
http://dylanmovie.jp/
ディランのデビューからエレキ化あたりまでのドキュメンタリー。2015年アメリカ制作の物をノーベル賞受賞に乗じて劇場公開、という感じでしょうか。予告編見ても正直そそられませんがマリア・マルダー出てるのは気になります。マリア・マルダーってNYのイメージ無かったけど、グリニッチ・ヴィレッジ出身なのね。


6/9(金)
怪物はささやく
http://gaga.ne.jp/kaibutsu/

傑作児童小説「怪物はささやく」を、『永遠のこどもたち』J・A・バヨナ監督で映画化。原作パトリック・ネスが脚本。


パトリオット・デイ
http://www.patriotsday.jp/

ローン・サバイバー』『バーニング・オーシャン』に続き、監督ピーター・バーグx主演マーク・ウォールバーグで実話ベース映画。この二人、相性良い上に仕事早いっすね。
今回はボストンマラソン爆弾テロ事件が題材で、共演にケヴィン・ベーコン、ジョン・グッドマン、そして『セッション』のJ・K・シモンズとメリッサ・ブノワ。
音楽はトレント・レズナー&アティカス・ロスの『ソーシャル・ネットワーク』コンビ。最近のドッカンドッカン路線とはちょっと違うピーター・バーグ映画になりそう。


6/10(土)
残像
http://zanzou-movie.com/

アンジェイ・ワイダ監督遺作。スターリンの手が伸びてきたポーランドの社会主義政策に反発した画家、ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキの伝記映画。
イタリアのファシズムと未来派あたりからの、政治と芸術主義の関係性は、面白いネタたくさんありそうなので色々と作って欲しいと思う反面、映画にするとどうしても「戦争や体制にタチムカウ」みたいなテイストに偏りそう。宮崎駿『風立ちぬ』のバランスって見事だったなーと今更思います。


セールスマン
http://www.thesalesman.jp/

アスガー・ファルハディ監督脚本。予告からして、いかにも人間関係の秘密と綾の妙に満ちた「アスガー・ファルハディ映画」な感じ。間違いなく面白いでしょうね。


アイム・ノット・シリアルキラー
http://iamnotserialkiller.jp

死体や殺人に強烈な興味を示す思春期の青年 vs 隣に住む連続猟奇殺人鬼ジイさん映画。青年に『かいじゅうたちのいるところ』主演のマックス・レコーズ、ジイさんがクリストファー・ロイド。クリストファー・ロイドは脚本にも名を連ねています。


ある決闘 セントヘレナの掟
http://arukettou.com

髭もじゃリアム・ヘムズワース vs ハゲ頭ウディ・ハレルソンな西部劇。
監督は、俳優として『アニマル・キングダム』『赤い珊瑚礁』に出演しているキーラン・ダーシー=スミス。


コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝
http://sammohungisback.com/

ベニー・チャン監督、サモ・ハンがアクション監督の武侠映画。ウー・ジン、ラウ・チンワン、ルイス・クー、シン・ユーなど。香港映画おなじみ俳優と、動けるアクション俳優をバランスよく集めたキャスティング。


昼顔
http://hirugao.jp/
上戸彩、斎藤工主演の昼ドラ劇場版。『真夏の方程式』西谷弘監督。この監督の映画、基本面白いですよね。世間でボロクソな『アマルフィ 女神の報酬』も、お話とか酷いなーと思いつつ、僕は割とスキだったりします。


22年目の告白 私が殺人犯です
http://wwws.warnerbros.co.jp/22-kokuhaku/
入江悠監督、藤原竜也&伊藤英明主演。暑苦しい名前が並んでて楽しそう。


吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」
http://horoyoi-sakaba.jp

吉田類が出演、主題歌。居酒屋を舞台にしたオムニバス。
僕にとっては「やきとんのハイボールを無理しておかわりするオッサン」という今日俺イメージしかないですが、映画になるほどのコンテンツなんですね。


パパのお弁当は世界一
http://papaben-movie.com
「Twitterで35万人が涙した パパと娘とお弁当 本当にあった感動の物語が映画化」と言われると、二の足を踏みそうになりますが、パパを演じるのが映画初出演のTOKYO No.1 SOUL SET渡辺俊美、と聞くと見てみたくなります。
監督脚本制作はじめスタッフ陣はほぼミュージック・ビデオや音楽関係の人っぽいので、既存の映画界の風がほとんど入っていない辺りも面白そう。


KING OF PRISM PRIDE the HERO
http://kinpri.com/

キンプリ映画第二弾。


マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白
http://mrsb-movie.com

北朝鮮からの脱出を請け負う脱北ブローカーとして、北朝鮮にいる息子たちを脱北させる母として、そして自らも脱北者として、韓国に生きる一人の女性を追ったドキュメンタリー。
[ 2017/05/26 17:06 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら