メモ

忘れっぽいです

2017年1月公開映画チェック、後半

イザベル・ユペールが100以上の映画で演じてきた役をコンパクトにまとめた動画。

"She was a killer twice.
And she was killed twice."
のシーンチョイスが連続でシャブロル映画なのが良いなぁ。しかしこれだけ映画出て、殺す/殺される役が二回しかない、というのが意外です。
100本以上出演して殺す/殺される役が無い人っているのかな。渥美清とか、兵隊役は多いけど、劇中で人を殺める描写はないかもしれないですね。


http://eiga.com/coming/


1/21(土)
沈黙 サイレンス
http://chinmoku.jp/
マーティン・スコセッシ監督作。遠藤周作の小説が原作。
出演アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライバー、リーアム・ニーソン、浅野忠信、窪塚洋介、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシ、PANTA、片桐はいり、伊佐山ひろ子、洞口依子、菅田俊、青木崇高、SABU、渡辺哲、EXILE AKIRA、黒沢あすか。キャスト眺めてるだけで面白い。
これだけ役者揃えて日本の時代物で、それでも『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の半分のバジェットで製作できるのかぁ。


ザ・コンサルタント
http://wwws.warnerbros.co.jp/consultant-movie/

表向きは田舎の会計コンサルタント、しかし実は裏社会の帳簿を仕切る凄腕会計士で、なおかつ暗殺術を身につけた殺し屋。大企業の不正を暴き、マフィアとの違法取引を重ねる、彼の真の目的とは、、、という楽しそうなお話。
主役にベン・アフレック、共演アナ・ケンドリック、J・K・シモンズ、ジョン・リスゴー。監督ギャヴィン・オコナー。撮影はジョー・ライト監督作の常連でなおかつ『アベンジャーズ』やギャレ版『ゴジラ』もやってるシーマス・マッガーベイ。


マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ
http://maggiesplan.jp

フランシス・ハ』グレタ・ガーウィグ、イーサン・ホーク、ジュリアン・ムーア共演の、ニューヨーカーな大人の割り切った(つもりでも実際はそうでもない)三角関係モノ。
監督脚本は『50歳の恋愛白書』レベッカ・ミラー。撮影めっちゃ良いな、と思ったら『フランシス・ハ』のサム・レビ。グレタ・ガーウィグとジュリアン・ムーアの共演は見ておきたい。


アラビアの女王 愛と宿命の日々
http://gaga.ne.jp/arabia/

ヴェルナー・ヘルツォーク監督脚本。
20世紀初頭、イギリス上流階級の生活を捨て、世界中を旅行/冒険し、やがて第一次世界大戦下のアラビアで英国情報員として、そしてイラク王国樹立の立役者となった女性、ガートルード・ベルの半生記。同時期のアラブで活動していた「アラビアのロレンス」ことT. E. ロレンスとも当然交流があったそうで、その辺りの描写も映画好きには興味深い所です。
主役はニコール・キッドマン、共演ジェームズ・フランコ、ダミアン・ルイス、そしてアラビアのロレンス役は『トワイライト』ロバート・パティンソンと、面白いキャスティング。戦争突入前の若いアラビアのロレンスを描いた映画をロバート・パティンソンでやったら、、、と夢想してしまいます。


ショコラ 君がいて、僕がいる
http://chocolat-movie.jp/index.html
リュミエール兄弟もその芸を撮影したフランス初の黒人芸人と、彼を支えた相方の白人芸人の半世紀。主役は『最強のふたり』オマール・シー、相方役にチャップリンの孫、ジェームス・ティエレ。監督は、俳優としても活躍しているロシュディ・ゼム。
リュミエール兄弟が撮影した彼らの映像は "Foottit et Chocolat" というシリーズで、6本あるようです。その内、 "IV. Guillaume Tell" と "III. Chaise en bascule" は、こちらで見ることができます。



パリ、恋人たちの影
http://www.bitters.co.jp/koibito/
フィリップ・ガレル監督作。撮影はダニエル・シュミットやストローブ=ユイレ作品に数多く参加してきたレナート・ベルタ。
最近のフィリップ・ガレル監督作常連である息子のルイ・ガレルが出てない、と思ったらナレーションで参加してますね。


新宿スワンII
http://ss-2.jp/
監督園子温、制作&脚本は実写版『ルパン三世』でお馴染み山本又一朗 aka 水島力也。アクション監督に谷垣健治。
前作は脚本が水島力也&鈴木おさむという地雷コンビで、極めてキツイ台詞や展開満載でしたが、役者の魅力で面白く見れてしまう映画でした。特に山田孝之が毎度のことながら良くて、ボウリング場で酷い事しちゃうシーンを台詞の発音一つで最高に怖く、笑える名場面にする役者力に震えました。
今回のキャストは、引き続き出演の綾野剛、伊勢谷友介、金子ノブアキ、深水元基、村上淳に加え、浅野忠信、上地雄輔、椎名桔平、中野英雄が新規参戦。女優陣は広瀬アリス、高橋メアリージュン。


太陽の下で 真実の北朝鮮
http://taiyouno-shitade.com

ロシア人監督が北朝鮮の一般市民生活のドキュメンタリーを撮ろうとしたら、「北朝鮮側の監督」が逐一セリフや演出を入れてOKが出るまでリテイクするので、それも隠し撮りしました、というドキュメンタリー。


1/27(金)
マグニフィセント・セブン
http://magnificent7.jp/

荒野の七人』リメイク。アントワン・フークア監督作。
出演デンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホーク、ヴィンセント・ドノフリオ、イ・ビョンホン。
デンゼル・ワシントンは『七人の侍』の志村喬っぽさがあって良さそうですね。『荒野の七人』は、イーライ・ウォラックが敵役を演じているおかげで、『七人の侍』で印象が薄かった悪役が光っているのが魅力の一つだと思いますが、今回はどうでしょ。


ドクター・ストレンジ
http://marvel.disney.co.jp/movie/dr-strange.html
MARVELヒーロー映画。監督脚本は『フッテージ』『NY心霊捜査官』スコット・デリクソン。映像を見ると、気取ってない『インセプション』って感じで楽しそうです。
キャストはベネディクト・カンバーバッチ、『それでも夜は明ける』キウェテル・イジョフォー、レイチェル・マクアダムス、マッツ・ミケルセン、そしてスコット・アドキンスにティルダ・スウィントン。最後のお二人はアベンジャーズにも進出して欲しいですねぇ。


スノーデン
http://www.snowden-movie.jp/
アメリカ政府による個人情報監視を告発したエドワード・スノーデンのお話を、オリバー・ストーン監督、ジョセフ・ゴードン=レビット主演で劇映画化。
エドワード・スノーデン本人がカメラの前で事実を話す『シチズンフォー スノーデンの暴露』というドキュメンタリー映画は、告発の過程そのものを記録しているだけに緊迫感があって面白いのですが、告発シークエンスは淡々として喋りも回りくどい面があるので、劇映画にした方が問題の切実さは増すでしょうね。
他のキャストは『ダイバージェント』主人公のシャイリーン・ウッドリー、現行『スター・トレック』スポック役ザカリー・クイント、クリントの息子スコット・イーストウッド、ニコラス・ケイジなど。


1/28(土)
エリザのために
http://www.finefilms.co.jp/eliza/

カンヌ国際映画祭において、『4ヶ月、3週と2日』でパルムドール、『汚れなき祈り』で女優賞脚本賞、そして本作で監督賞と、大いに評価されているクリスティアン・ムンジウ監督脚本制作。すげぇ面白そう。


エゴン・シーレ 死と乙女
http://egonschiele-movie.com
エゴン・シーレの伝記映画。1980年にもジェーン・バーキンをヒロイン役にした『エゴン・シーレ 愛欲と陶酔の日々』という映画が作られています。
監督脚本はディーター・ベルナー。日本ではハネケの『セブンス・コンチネント』の夫役しか知られていませんが、監督業が本職のようです。


僕と世界の方程式
http://bokutosekai.com

自閉症でコミュニケーションが苦手、そしてズバ抜けた数学力を持っている少年が、国際数学オリンピックの場で中国代表の少女と出会って、、、という、ウェス・アンダーソンが撮ったら数学版『天才マックスの世界』に題材。本作はオーソドックスな感動作だと思いますが。
主演エイサ・バターフィールド。キョドい演技うまいなー。母親役は『ブルージャスミン』やマイク・リー監督作で忘れ難い印象を残すサリー・ホーキンス。
撮影は『THIS IS ENGLAND』『パイレーツ・ロック』『英国王のスピーチ』など近年のイギリス映画を代表するような作品に次々参加しているダニー・コーエン。


残酷ドラゴン 血斗竜門の宿
http://www.shochiku.co.jp/kinghu/

日本以外のアジア各国で爆発的にヒットし、武侠映画、そしてその後の功夫映画の流れを決定づけた映画史に残る一作。
香港アクション好きなら、ツイ・ハーク監督のリメイク版『ドラゴン・イン 新龍門客棧』は見ているかもしれません。僕も先に見たのは『新龍門客棧』でした。また、アクション映画好きでなくとも、ツァイ・ミンリャン『楽日』の中で上映されている映画として見ているかもしれません。
とても重要で、それより何よりベラボウに面白い映画ですが、日本では随分と遅れて公開され、妙な邦題を付けられてしまいました。

巻物をサッと広げると「ジャーン!」と威勢良くタイトルが表示される気持ち良いオープニング。
荒涼とした地にある宿「龍門客棧」に、いわくありげな者が集まり面白技を披露するワクワクの展開。
タランティーノ『デス・プルーフ』ラストでも使われる「ジャーン!」音や拍子木など、京劇由来の音使いがアゲにアゲてくれる緊迫感や高揚感。
主要素がどっか行ったり、敵役の方が観客受けする属性持ちだったりする支離滅裂さ。
そして、ショットと繋ぎの奇妙なる美しさ。
映画の「フレーム」の中に何を収めるべきか本能的に分かっている人が、京劇と西部劇を一体化させてしまった奇跡の結実。

などと、幾ら言葉を費やしたところで、何の意味もない。アクションひとつで我々を圧倒してくれる「これぞ活劇」という映画です。

今回は『侠女』も併せてリマスター上映されます。こちらは未見なので早く見たいですね。しかし今回のリバイバル上映は箱が小さいのが難です。自宅のブルーレイでゲラゲラ笑ったり「ウヒョーすげー!」と驚いたりしながら見た方が楽しいかもしれません。


人狼ゲーム ラヴァーズ
http://jinro-game.net
古畑星夏初主演映画。『青鬼』で見事なスクリーミング・クイーンっぷりを見せていたのでこの手の作品も合うけど、屈指の演技力の持ち主なので、こうギャーギャー喚く映画じゃなく、もっと良さげな作品で初主演を飾って欲しかったなぁと思いますが、まあ余計な御世話ですわね。


アンチポルノ
http://www.nikkatsu-romanporno.com/reboot/antiporno/
日活ロマンポルノのリブートシリーズ、園子温監督脚本。


ゴンドラ
http://gondola-movie.com/

DOGMAのTOHJIRO監督が、1987年に伊藤智生として監督した作品。


キセキ
http://kiseki-movie.com

GReeeeNの代表曲「キセキ」の誕生秘話を、松坂桃李と菅田将暉のダブル主演で描く青春ドラマ、だそうです。この予告編を見て、素直に「本編も見たい」と思える人間に育っていたら、もう少し楽に社会人生活が出来ていただろうな、と思います。
とはいえ、監督は是枝作品で助監督についている兼重淳、脚本『余命1ヶ月の花嫁』や(僕の2014年ベスト映画である)『抱きしめたい 真実の物語』斉藤ひろし、そしてキャストが松坂桃李、菅田将暉、忽那汐里、横浜流星、奥野瑛太、小林薫と、面白い映画に出来そうなスタッフが揃っているし、俺が忌み嫌う要素に満ちた映画こそ積極的に当たりに行きたいので、見ておきたいですね。
しかし普通の映画は相容れない世界観でも割と許容できるのですが、ミュージシャン映画は感性が合わないと心底ツラくなるのが不思議なところです。『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー』とか、こんなの見始めてしまった自分を呪うレベルで不快だったりしますからね。サシャ・バロン・コーエンの嫌がらせ映画が好きな人はインティライミ映画も是非見て欲しいです。


ホームレス ニューヨークと寝た男
http://homme-less.jp

ファッションモデル出身で現在はファッション写真家、そして家族も恋人も持たないホームレス生活をしているマーク・レイのドキュメンタリー。


下旬公開予定
タンジェリン
http://tangerinefilm.jp

全編スマホ撮影。でもオーソドックスな切り返し、ステディカムっぽいスムーズな移動撮影、それにクレーンショットまであって、スマホらしいパンフォーカスな映像ながらも、しっかり映画の画になってますね。色はポスプロでかなり弄ってる感が強いですが、後処理でギラギラさせていく方向性がむしろ題材とバッチリ噛み合ってそう。

[ 2017/01/05 21:45 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら