メモ

忘れっぽいです

『ワイルドカード』

・『ワイルドカード
http://wildcard-movie.com

監督:サイモン・ウエスト(『コン・エアー』『エクスペンダブルズ2』)
脚本:ウィリアム・ゴールドマン(『明日に向かって撃て!』)
アクション監督:コリー・ユン(『トランスポーター』)
出演:ジェイソン・ステイサム、ソフィア・ベルガラ



銃ひとつ使わず、灰皿ひとつで5メートル先の人間を殺せる凄腕用心棒のおはなし。

昨年の傑作『イコライザー』を思わす主役設定ですが、『ワイルドカード』は、デンゼル・ワシントンが天からの使者さながらに虐げられし人々を救う英雄伝承譚であった『イコライザー』とは正反対の映画。腕っぷしは強いクセに何かと思い悩むジェイソン・ステイサムがいじらしい、こぢんまりとしたスケールの作品です。

ただ、サイモン・ウエスト監督は人間の葛藤を演出するのがド下手なので、本作で主人公が思い悩むシーンはどれも「ジェイソン・ステイサムが駄々をこねている」みたいに見えてしまいます。どうにも主人公の苦悩の深刻さが伝わってこない。むしろ駄々っ子ステイサムがキュートに思えてしまう、この、映画が重苦しくなれない「軽さ」に魅力を感じられるのであれば本作は、なかなか愛おしい作品になるのではないでしょうか。

残念ながら一般評価はかなり低いようですが、様々な表情のジェイソン・ステイサムが楽しめ、サイモン・ウエスト作品の長所であるテンポの良さゆえサクッと見られる、ストレスフリーな小品です。アクションも、編集は相変わらずイマイチですが、殺陣自体は敵との間合いを上手く使っていて面白い。僕は好きだなー、これ。
[ 2015/02/04 16:34 ] 映画鑑賞記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら