メモ

忘れっぽいです

『劇場版アイカツ!』

・『劇場版アイカツ!
http://www.aikatsu-movie.net

総監督:木村隆一
監督:矢野雄一郎
脚本:加藤陽一



DOCUMENTARY of AKB48』シリーズは、高橋栄樹が監督する二作目以降、アイドルの陰と陽を容赦なく映し出す事でAKBファン以外にも高く評価される傑作ドキュメンタリーとなりました。しかしそれは、AKB48に憧れる女の子たちに、アイドル世界の残酷さを知らしめる絶望の映画でもありました。

二作目があまりに強烈だった為、一作目の『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued』は忘れられがちですが、岩井俊二製作総指揮、寒竹ゆり監督によるシリーズ一作目は、アイドルの現実を見せつける二作目以降とは正反対に、アイドルがキラキラに輝く姿と清々しい涙でアイドル世界を肯定する、シュガーコーティングされたドキュメンタリーでした。

[AKBgirls48.com] Doc. To Be Continued PART1 投稿者 AKBgirls48
冒頭、テーブルを囲んで和気藹々と食事する等身大のアイドルたちを岩井俊二ルックで映し出す、わざとらしく取り繕われた、しかし見るものを恍惚とさせる幸福感に満ちたシーンは、この映画を象徴しています。

ドキュメンタリーとして優れているのは二作目以降です。しかし、スクリーンに甘美な夢を求めるのであれば、映画ファンからは無視されがちな一作目だって悪くありません。そして何より、AKBに憧れる女の子が見たらきっと「私もアイドルになりたい!」という思いを強くするであろう、キラキラな希望に満ちた映画です。


劇場版アイカツ!』もまた、そんな甘美と憧れの映画。一般向け映画であれば、その甘さは批難の対象にも成り得ますが、女児と共に見るキッズムービーでその世界観を否定するのは無粋な事です。

キッズムービーらしく平易で、だからこそ力強く意図が伝わる演出が、アイドルという存在を全力肯定する世界。その中で、キラキラで個性的なアイドルたちが「大スター宮いちごまつり」を作り上げていく映画前半戦の、カケラも陰を感じさせない、圧倒的な陽性。さほどアイカツ知識を持ち合わせていない僕ですら、その眩しさ故、頻繁に涙してしまいました。

そして開演した大スター宮いちごまつりを通して繰り広げられる、シンプルでツボを押さえた伝説継承劇。僕の大好物である「伝説は受け継がれる」映画でもある事が、更に涙腺を刺激します。去年の受け継がれる系映画の大傑作『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命』の枠に、今年入るのがまさかアイカツになるとは。

あと、ワタクシ今回初めてアイマス以外の沼倉愛美参加作品を見たもので、彼女の演技に貫禄すら感じたオープニングは「ああ沼倉さん立派になったねぇ。。。」と最高に号泣いたしました。
[ 2014/12/18 17:56 ] 映画鑑賞記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら