メモ

忘れっぽいです

『ゆるゆり なちゅやちゅみ!』

・『ゆるゆり なちゅやちゅみ!
http://yuruyuri.com

監督:畑博之(『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』)
脚本:横手美智子(『クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』)
出演:三上枝織、大坪由佳、津田美波、大久保瑠美


ちゃんと予告編のサムネイル選びに気を使ってて偉いなぁ。こういうの、映画配給会社にも見習って欲しい。

間の取り方がTVシリーズよりゆったりしており、原作の読感に近く、非常に僕好み。いたずらにカメラを動かさないフィックスのショットが多いのも端正で良いです。

脚本は、オリジナルストーリーの中に原作エピソードを挿入する手際がスマート。
各キャラの個性も、TVシリーズの様に現実を逸脱するほど極端にコミカルに振れる事なく、正しく「日常系」と呼ぶに相応しい地に足のついた活かし方が成されています。

総じて、現在の原作の精神にとても忠実な、丁寧な出来。もしかしたら、TVシリーズを幾度もリピートしている人は物足りなく感じるかもしれませんが、原作を読み込んでいる人間にとってはコレ以上ない、理想的な映像化です。
OVAの劇場公開にそこまで求める必要な無いとは思いますが、欲を言えば「映画的」な瞬間が欲しかった(クライマックスの場所に向かうシーンがもう少し長ければ「映画的」になりそう)。それ以外は何の文句もナシ。延々と自宅で眺めていたいので早くブルーレイ出してほしいなぁ。



・GYAO!に『ヤクザガール 二代目は10歳』来てる。1/3まで公開。
http://gyao.yahoo.co.jp/p/00938/v00315/
元乙女新党メンバーで、『GJ部』綺羅々・バーンシュタイン役の荒川ちかが主演で、たいへんにかわいい、ロシア産ヤクザコメディ。日本のアイドル映画的なあざとさが無く、コメディ部分は如何にもロシアのドタバタコメディらしい狂躁感が楽しい佳作です。
[ 2014/12/05 05:20 ] 映画鑑賞記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら