メモ

忘れっぽいです

『ドラキュラZERO』『イコライザー』

・『ドラキュラZERO
http://dracula-zero.jp

原題 "Dracula Untold"
監督:ゲイリー・ショア
出演:ルーク・エバンス、ドミニク・クーパー



ドラキュラの性能が完全にチート。強すぎて敵を圧倒してしまうので、敵軍ではなく、むしろ主人公の周囲の人間たちがストーリー進行上に必要な「主人公が乗り越えるべき障害」として使われてしまう構成。お陰様で、守るべき主人公の奥様も民衆もみんな「ムカつきますよね、死ねばいいのに」と思わずにいられませんでした。


あとアクションシーンの見せ方ヘタ。観客に「もっと◯◯すれば良いのに」と思わせてしまう主人公の行動多すぎ。せっかく敵側にドミニク・クーパー使ってるのに全くキャラ立って無い。などなど、擁護できる要素が思いつかないっす。



・『イコライザー
http://www.equalizer.jp

原題 "The Equalizer"
監督:アントワン・フークア(『トレーニング デイ』『エンド・オブ・ホワイトハウス』)
出演:デンゼル・ワシントン、クロエ・グレース・モレッツ



とても良く出来た、「一人の少女を救うため、悪の組織壊滅させちゃいました」系映画。

チャック・ノリスやセガール以上に無双する無敵の主人公。
その場にあるモノで次々と相手を殺傷していくDIY精神に満ちた楽しいバトル。
「背後で大爆発が起きてるけど気にせず歩く主人公」のランウェイ距離がやたら長い豪快な大爆発。

全編が劇画的ケレンに満ちた、人情味のある『ゴルゴ13』といった感じの快作。シンプルかつ王道の物語ながら、静謐なメインストーリーと人情的サイドストーリーのバランス良い進行、そして見事な統合が実践される脚本は、職人技がキラリと光っています。


冒頭はアメリカを代表する作家の言葉で始まり、劇中はアメリカ映画お約束の展開やセリフがビシバシ決まり、ラストはアメリカを代表する有名アートの構図で〆る。
主人公は品行方正なアメリカ人。敵は冷酷なロシア人。守るべきはロシア人に蹂躙される弱き者。

単純にリベンジ・アクションとして見ても滅法面白いですが、今のアメリカ活劇映画が求める要素のショーケースとしても、とても興味深いです。狙った事を、しっかり実践できている、見事な一作。
[ 2014/11/02 08:58 ] 映画鑑賞記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら