メモ

忘れっぽいです

『ジャージー・ボーイズ』『劇場版 零』『マザー』

・『ジャージー・ボーイズ
http://wwws.warnerbros.co.jp/jerseyboys/

監督:クリント・イーストウッド
脚本:ジョン・ローガン(『ランゴ』『007 スカイフォール』)
出演:ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーガン、ヴィンセント・ピアッツァ、マイケル・ラマンダ、クリストファー・ウォーケン



フランキー・ヴァリとフォー・シーズンズの歴史、そして、一曲のポップソングが永遠となる瞬間を描いた傑作。ブルーレイ買います。



・『劇場版 零
http://www.zero-movie.jp

監督、脚本:安里麻里
原作:大塚英志
出演:中条あやみ、山谷花純、森川葵



最終的に真相が明らかになる『ピクニック at ハンギング・ロック』という感じ。いかにもホラー的な怖がらせ演出は一切無い、『エコール』みたいな雰囲気映画。キャストがツボにハマれば、最高の環境映像として機能する事でしょう。

個人的には、今の時代にこれだけ女の子が失神する映画が見られるだけで充分に見た価値がありました。無声映画のヒロインの如くバッタバッタと倒れていきます。素晴らしい。

ゲームの『』の映画化としては「コレジャナイ」の一言。ですが、大塚英志の映画化として見れば(良くも悪くも)納得出来ると思います。『黒鷺死体宅配便』のキャラも出てくるし。



・『マザー
http://mother-movie.jp

監督、脚本:楳図かずお
脚本:継田淳
出演:片岡愛之助、舞羽美海、真行寺君枝



楳図かずお初監督作、とは言え、監督補佐に日活撮影所出身の久保朝洋、脚本に『山形スクリーム』『めめめのくらげ』の継田淳を配し、監督はどうぞ椅子にでも座っていてください、と言わんばかりにシロウト監督受け入れ態勢万全の布陣。

おかげで、熟練監督によるJホラーの様な安定感バッチリの映像が展開されます。素人らしい稚拙な愛らしさは微塵もなし、楳図マンガを読んでいる時のような特有のタイム感も望むべくもなし。悪い意味で、普通の映像作品として纏まっています。

脚本は、いかにも継田淳。無邪気で楽しいけど、本作のような生真面目な演出をされると、物語や台詞の幼稚さが際立ってバランスが悪いです(映画終盤は演出や画面効果も幼稚になり、脚本とチューニングがあってきますが)。

2005年に作られた『楳図かずお恐怖劇場』というオムニバス実写映画がありまして、アレは「元ネタが楳図マンガなだけの凡庸なホラー」でした。本作も、楳図かずお監督作にも関わらず、元ネタが楳図かずおなだけの凡庸なホラー、って感じ。
[ 2014/10/02 05:29 ] 映画鑑賞記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら