メモ

忘れっぽいです

『フルスロットル』

・『フルスロットル
http://0-g.asmik-ace.co.jp

原題 "Brick Mansions"
監督:カミーユ・ドゥラマーレ
出演:ポール・ウォーカー、ダビッド・ベル、RZA



昨年、交通事故で亡くなったポール・ウォーカー。
死後、『ハリケーンアワー』『逃走車』『スティーラーズ』と、普通ならビデオスルーされそうな生前の出演作品も次々と劇場公開されてきましたが、いよいよ残り少なくなってきました。
フルスロットル』は彼の死後に完成した唯一の主演作となります。残る出演作は『ワイルド・スピード』最新作のみです。


しかし残念ながら、最後の主演作は「早い、安い、あんまり上手くないですね」な、典型的ヨーロッパ・コープ制作映画になってしまいました(いつもそんな感じのアクション系ジャンル映画に出ている人ではありますが)。

本作は2004年の『アルティメット』のリメイクなのですが、見事に元のまんま。主役コンビの一人をポール・ウォーカーにしただけなので、『アルティメット』(及びその続編)を見ている人にとっては、ポール・ウォーカー以外の差異はほぼ無し。


とは言え、元ネタを知らなければ楽しいでしょうし、知ってたら知ってたで間違い探し的に楽しめるし、何よりポール・ウォーカーの事を思えば自然と好意的に見られます。キャットファイト(しかもボンテージvsウェイトレスなコスプレ風味)も、そのオチとなる体位も、大変素晴らしい。

これで最近のヨーロッパ・コープの悪いクセである激しいカット割りと、カメラのブレやズームを後付けしたのが丸分かりの酷い映像処理、それと割りと大事なカットでのピンボケがなけりゃ積極的に褒めてたんですが。。。折角トンチの利いたアクションしてるんだから分かりやすく見せて欲しかった、勿体ない。
[ 2014/09/08 20:28 ] 映画鑑賞記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら