メモ

忘れっぽいです

『ルパン三世』

・『ルパン三世
http://lupin-the-movie.jp/main.html

監督:北村龍平
出演:小栗旬、黒木メイサ、玉山鉄二、綾野剛、浅野忠信



しっかりチーム物になってて、なかなか面白い。お話的な説得力はともかく、ルパン次元五ェ門不二子の四人が並ぶ画からは、彼らにしか出せないチーム感が確実に出ていました。

どうせご立派な映画に成るハズもないのだから、と、潔くB級(というより幼稚、もしくは稚拙と言った方が正しいかもしれませんが)に徹しているのも好み。これでアクションシーンがチャカチャカしてなきゃベタ褒めしてたんですが。。。折角面白いアクションしてるんだから分かりやすく見せて欲しかった、勿体ない。

ちなみに、ニコラス・ウィンディング・レフン好きには是非本作を見て頂きたい。「あの人」の登場に、神降臨!!!!!と思わずにいられません。
あとF4のジェリー・イェンと、『アジョシ』のタイ人凄腕用心棒も出演。これだけのメンツを一気に見られるだけで幸せじゃんかー。
人体縦切断のアノ描写も悪くないし、わりと擁護したい映画。



・Gyaoで『ファンタズム』シリーズ全作配信中。4作目では、おなじみの銀球がおっぱい化!全然嬉しくない!
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00837/v09741/v0969400000000539903/
この辺りの、VHS時代はどのレンタル屋にもあったのにDVDになって全く見掛けなくなったホラーを久しぶりに見ると、童心に帰ります。

ちなみに、Gyaoでは明日から『猛獣WARS』配信開始!
http://gyao.yahoo.co.jp/player/10280/v00005/v0000000000000000019/
ぬいぐるみのウサちゃんが飛びかかって来たり、ハンドパペットの鹿に腕を噛み噛みされちゃったりする、21世紀屈指のクソ映画です!オススメ!

猛獣WARS』至極の名シーン、鹿アタック!!!!!
このシーンが一番笑えるので、ここだけ見たらもう充分だけど、頑張って全編見たら『ルパン三世』レベルの映画が傑作に思えるような広い度量を持てるかも。どう見てもヌイグルミな動物たちをホンモノと言い張る豪胆さは、とても2012年製作映画とは思えません。ニコ生でやったら盛り上がるだろうな。
[ 2014/09/07 10:07 ] 映画鑑賞記 | TB(0) | CM(4)
屈指のバケツ血潮スプラッターでもありますねwwww。
[ 2014/09/10 21:26 ] [ 編集 ]
ホントに、単純に、バケツでブッ掛けるだけ、という雑な仕事っぷりがまた、素晴らしいです。
今のご時世、これだけ強烈な映画体験を与えてくれる作品そうそう無いでしょうから、どっかで上映して欲しいなぁ。
[ 2014/09/10 22:33 ] [ 編集 ]
ルパン三世終始小栗旬が変な顔をしてるから笑っちゃった!
アクションシーンはカット割りが激しすぎてカメラもよくわかんないしよくわかんないですねこれ! 脳天唐竹割り描写は笑った(もしかして今思ったけど竹林での修行って伏線なんですかね)
敵の秘書役のヤーヤーインと黒木メイサの区別がつかない! 風呂上りを襲われた時あれどっちだこれ!? ってなっちゃひました! でもこれは俺の目が悪いだけだと思ひます!
あと、決戦前の食事シーンが印象に残りました これからやってやるぜ! と絆を深め合ふのにいい描写に見えました
『あずみ』(未視聴)を見て比較したくなりました
クソだらうなと思って見に行ってクソだったので満足ですけど上映時間133分はちょっと長かった…
[ 2014/09/18 18:58 ] [ 編集 ]
上戸彩にアクションやらせたら惨憺たる結果になった『あずみ』(上映時間142分)は、もう二回りほど太いクソです。続けざまに『ルパン三世』見たら、俺みたいに「わりと面白いな」と思えるはず。

どちらもプロデューサー山本又一朗が、水島力也という名義で脚本担当してるので、ムダに長いのはこの人の悪癖かもしれない。
感傷的なシーンが長過ぎるんだよな。食事シーンは俺も凄く好き(次元と不二子のやり取りとか、ベタで最高)なんだけど、ちょっと長いのよね。死んでいるあの人と一緒に乾杯する辺りでサクッと終わらせたら、最高に美しいと思うんだけど。

ちなみに、脳天唐竹割りの時、竹林修業シーンを思い出して笑った覚えがあるので、僕はアレ、一応伏線だと解釈しております。
[ 2014/09/18 21:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら