メモ

忘れっぽいです

『トランスフォーマー / ロストエイジ』

・『トランスフォーマー / ロストエイジ』2D字幕
http://www.tf-movie.jp

監督:マイケル・ベイ
出演:マーク・ウォールバーグ



一見してマイケル・ベイ作品だと分かる強烈なビジュアルがあり、悪辣なユーモアがある。アクが強く個性的な映画を作っているのに、マイケル・ベイの映画からは不思議と、「マイケル・ベイの人間性」みたいなモノが全く見えてきません。

スピルバーグの様にコンプレックスが透けて見える訳でもなく、ノーランの様に野心が滲み出る事もない。
ピーター・ジャクソンの様な作品世界に対する思い入れもない。
かといって、エメリッヒの様に淡々ともしていない。
鈴木則文や三池崇史は近い物があるけれども、彼らの様に隠し持ったインテリジェンスがある訳でもない。

数多くの口出しや要望を受け入れて作らなければならないハリウッドの大予算映画を連発しながら、全く屈折を感じさせない、そして知性も感じさせないマイケル・ベイの楽天性。

トランスフォーマー / ロストエイジ』はその頂点を極めた映画です。屈託なく、知性ゼロの、満面の笑顔。ホンモノのバカっつら。
それでいてVFX使っていないシーンのフィルム的ルックは素晴らしいし、妙なカメラワークで新鮮な驚きを感じさせるショットもあって、映画的な良さもキチンと兼ね備えている。
もしかしたらコレ、ゴダールの『ウイークエンド』を資本主義賛歌に書き換えた、デタラメで愉快な傑作じゃなかろうか。今度は3Dで再見しようと思います。
[ 2014/08/09 08:07 ] 映画鑑賞記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら