メモ

忘れっぽいです

『かみさまとのやくそく』

・『かみさまとのやくそく
http://norio-ogikubo.info

監督、撮影、編集、制作:荻久保則男



生まれる前の記憶、胎内記憶を語る子供たち、及び研究している人たちのドキュメンタリー。

精神世界/スピリチュアル系にどっぷりの人は、その世界を受け入れない人々を断絶する事も多いと思いますが、本作のメインの語り手の一人である医師の方はニュートラルな視点も維持している為、僕のような興味本位の鑑賞者や、揶揄の対象として見に来た人間にも意外と優しい作り。
「胎内記憶の事実はともかく、子供たちが語るそれを、頭がおかしいなどと頭ごなしに否定するよりは、受け入れる態度を見せた方が良いのではないか」といった意見はとても真っ当に感じました。

ただ、その医師と、大学教授の意見以外は、普通にスピリチュアル。「生まれた意味」を知り安堵し、「赦し」や「救い」を貪欲に求めていく。とにかく自己肯定したい/されたい欲求ハンパなし。
[ 2014/05/13 13:09 ] 映画鑑賞記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら