メモ

忘れっぽいです

『映画プリキュアオールスターズ NewStage3 永遠のともだち』『偉大なる、しゅららぼん』

・『映画プリキュアオールスターズ NewStage3 永遠のともだち
http://www.precure-allstars.com

監督:小川孝治
脚本:成田良美
ゲストキャラ声優:平野文、吉田小南美、野沢雅子、剛力彩芽



ダークナイト ライジング』は、当初は関連性を考えずに作っていた『バットマン ビギンズ』『ダークナイト』を後付けで「壮大なノーラン版バットマン三部作」の一部と二部に位置付け、無理矢理「有終の美を飾る壮大な最終作」の風格を作り上げた映画でした。

今回のASNS3は、良い意味で、そんな『ダークナイト ライジング』に似ています。

成田良美の得意とする情緒に満ちたASNS3の物語と、ニューステージシリーズが積み重ねてきた物語が交差する、成田良美らしからぬロジカルな物語構成を持った脚本は、ニューステージシリーズの最後を、そしてプリキュア10周年を飾るに相応しい仕上がりです。
そしてきっと、ASNS3を見終わった頃には、一作目と二作目への愛着が増しているでしょう。


演出面は、時間や人員の不足のせいで冴えない部分もありますが、まあ、プリキュア映画ではいつもの事です。
映画の端々に、オールスターズ各シリーズやプリキュア各シリーズを踏まえた演出/画面構成/台詞が用意されており(別の言い方をすると「使い回し」ですが、それでも)ファンにとっては多少の不出来を補って余りある、魅力的なASNS最終章になっていると思います。


とはいえ、何だかんだ言っても、スプラッシュスター組がボイス付きで戦ってるだけで泣けるっす。満足です。
あとエレンの夢のシーン、PCの壁紙にしたい。



・プリキュア5のブルーレイBOX全巻購入特典、川村敏江書き下ろしクリアファイルが到着。
オモテ面の凛々しいプリキュアたちも素晴らしいけど、ウラ面の妖精組が魅力ハンパなくて鼻血出るわ。




・『偉大なる、しゅららぼん
http://shurara-bon.com

監督:水落豊
原作:万城目学
出演:濱田岳、岡田将生、深田恭子、貫地谷しほり

やっぱ万城目モノって、どこが面白いのか、何に感心したらいいのか、本気でこの決着の付け方で話をまとめたつもりでいるのか、サッパリ分からん。
[ 2014/03/15 09:44 ] 映画鑑賞記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら