メモ

忘れっぽいです

『映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 ペコと5人の探検隊』

・『映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 ペコと5人の探検隊
http://doraeiga.com/2014/

監督:八鍬新之介
脚本:清水東
出演:小林ゆう(ペコ)、坂本千夏(チッポ)、小栗旬(サベール隊長)、飯塚昭三(ダブランダー)



傑作でした。
鉄人兵団』リメイクは、オリジナルの欠点を修正しようとして良い部分まで削ってしまった感がありましたが、今回の『新大魔境』は変更の必要ナシと割り切ったのか、原作マンガに忠実な作り。それが見事に「吉」と出ていました。


原作マンガは、どの大長編でも多かれ少なかれ、以下の要素が入っています。

のび太とゲストキャラクターの友情(『大魔境』では、のび太とペコ)
胸躍る未知の世界の冒険(地球最後の秘境ヘビースモーカーズフォレスト)
すこしふしぎマインド(外地から隔絶されて犬が進化した世界)
現代社会への警鐘(戦争批判)
イイやつ化するジャイアン
トンチの効いたひみつ道具の使い方(先取り約束機)
幼心に性癖を植え付ける何か

大魔境』はF先生が初めて、これら大長編のツボを明確に掴み、フォーマットを確立した作品です。諸要素を無駄なく配置し、『恐竜』『開拓史』の前二作ほどシリアスにならず、才気走ったストーリーテリングでまとめあげています。


今回の映画『新大魔境』は、そんな見事な原作を壊さずストーリーを作り、水田ドラの正統派スタイルで丁寧に丁寧に演出しています。

特に序盤。冒険に至るまでの優しく繊細な、でも水田ドラのユーモアを忘れない演出はドラ映画の枠を超え、普通に映画として素晴らしかったです(日常を踏み超える一歩、という、あざとくも感動的な演出、大好き)。
以降の冒険パートも、描写の瑞々しさにワクワクしましたし、何度も泣かされました。幾度となく見た物語にも関わらず、こんなに新鮮な気持ちで向き合える。やはり、映画は物語ではなく演出と映像だと、とつくづく思います。


さて、水田ドラになってから映像面での最大の楽しみが、しずちゃんです。かかずゆみボイスと、丸っこいキャラデザが相まって、本当に可愛い。
前作は掃除機に服を吸い取られる、大変にエロいサービスシーンがありましたが、今回はキュアホワイトの如く、柔よく剛を制す美しいバトルを披露。実にりりしい、かっこいい姿を見せてくれます。俺、DVD出たら、このシーンのために見返すな、きっと。

ゲストキャラのペコは、小林ゆうが超絶イケメン声で演じております。バウワンコ王国に入ってからはスカートルックの衣装を身に着け、普通のイヌ状態(全裸)より遥かにキュートにトランスフォーム。間違いなくケモショタに目覚める子供が生まれる事でしょう。

芸能人声優では、小栗旬が素晴らしい悪役ボイスを披露。小栗旬以外はイマイチですが、芸能人声優使いがヘタなドラ映画の中では、割りと良い方です。


総じて、僕は旧映画版『大魔境』を超えた、と思いました。よほど今の声優陣に嫌悪感が無い限り、ドラ映画好きなら見て損のない出来です。



・『喜劇 一発大必勝』の倍賞千恵子、かわいい。藤田咲っぽい。

山田洋次監督作だけど、脚本の森崎東テイストが濃厚で、常に何かしら悪趣味な要素が存在している恐ろしい喜劇。肥溜めにハマって右往左往するシーンを物凄く端正なカメラワークで撮影する、という、山田洋次の狂ったバランス感覚も素晴らしかった。
[ 2014/03/10 20:41 ] 映画鑑賞記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら