メモ

忘れっぽいです

『魔女の宅急便』『ジョバンニの島』

・『魔女の宅急便
http://www.majotaku.jp

監督:清水崇(『呪怨』)
脚本:清水崇、奥寺佐渡子(『八日目の蝉』『おおかみこどもの雨と雪』)
出演:小芝風花、尾野真千子、宮沢りえ、寿美菜子



原作と、ではなく、ジブリ版と比較されてしまうのが、何とも悲しい実写版。ジブリ版は宮崎駿脚本だけあって当然、原作とかなり相違があるのですが、今回の実写版では、アニメが描かなかった原作要素とオリジナル要素を組み合わせて、ドラマを構築しております。
映画としては正直、酷くもなく、良くもなく、という感じでしょうか。
アイドル映画としては最高でした。

話の整合性より、見せたいビジュアルやシーンを優先していく方向性はとても好ましかったです。それが上手く行けば、それこそ劇中で何度も使われる「魔法」という言葉に相応しい、映画の魔法に満ちた作品になります。
ただ、残念ながら、演出も台詞もVFXも、技術面が意欲に全く追いついていないのでどうしても「陳腐」なシーンが増えていき、映画としてはイマイチな仕上がりに。

しかしアイドル映画としては、小芝風花の魅力全開で、大変に上等な出来でした。
ジブリ版同様かぼちゃパンツ見せまくるし、急に飛べなくなって落ちる時はホンキで痛々しいし、キメとなる「笑い顔」の説得力も素晴らしい。髪形も、原作の挿絵を思わせるザクザク感が嬉しい。VFXの稚拙さのせいで空飛ぶシーンはどうしても違和感が前に出てしまうのですが、VFXを使わないシーンは本当に良い。特に「影遊び」は、映画的なきらめきがあって、素直に感動しました。

他の演者も良い仕事をしておられました。尾野真千子は何やっても凄いなホント。ただ、寿美菜子のジジは、あんまり面白味出せてなかった。あまり印象的なセリフの無い映画だから声だけの出演だと厳しいですね。



・『ジョバンニの島
http://wwws.warnerbros.co.jp/giovanni/

監督:西久保瑞穂
脚本:杉田成道、櫻井圭記
出演:横山幸汰、谷合純矢、仲間由紀恵、ユースケ・サンタマリア、北島三郎



これは、今年のアニメ映画ベストになるかもしれない。

アニメ映画だから出来る、大胆な構図やデフォルメを最大限活かしたストーリーテリング。
映画が辛気臭くならないよう常に道化役を配置する軽やかな演出(予告だけ見ると重苦しそうだけど、実際はそんなコト全く無いのです)。
悲壮感を(そしてもちろんイデオロギーも)押し付けない適切な距離感。
一切、妥協や打算が感じられない見事な俳優陣の演技。
そしてあまりにも魅力的な、今年のベスト映画ヒロイン候補、ターニャ。

これだけ役が揃ってたら、余裕で役満だというのに、更に、主題が、僕の大好きな「物語の力」だったりするのだから、もう完璧です。
弱者が「物語」という優しい嘘に寄り掛かる、支えられる、救われる。『ウルトラマンサーガ』しかり、『オーガストウォーズ』しかり。そういう話に、僕は弱いのです。
しかもその「物語」が『銀河鉄道の夜』。宮澤賢治にはそれなりの思い入れがあるので、迂闊に使われたら憤慨しますが、本作での使い方は実に上手かった。まんまと泣かされました。若干、設定上の疑問はありますが、映画の評価を落とす程の物でありません。

唯一評価を落とすのは、カット終わりにフェードアウト使いすぎな点。しょっちゅうフェードアウトするので、本当に効果的なポイントでのフェードアウトが活きてないのが勿体なかったです。
あと宣伝方針も予告編も酷くて勿体ないね。


西久保瑞穂監督って、ディズニーリゾートのCMやってたのね。このCMに感動しちゃうタイプの人は『ジョバンニの島』を気に入るかも。僕は初めてこのCMを見たのがブルク13の好環境なスクリーンだった事もあって、ボロ泣きしました。
[ 2014/03/02 00:09 ] 映画鑑賞記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら