メモ

忘れっぽいです

『エージェント:ライアン』

・『エージェント:ライアン
http://www.agentryan.jp

監督:ケネス・ブラナー
原案:トム・クランシー
キャスト:クリス・パイン、ケヴィン・コスナー、ケネス・ブラナー、キーラ・ナイトレイ



予告編は退屈ですが、映画自体はとても面白かったです。

ジャック・ライアンシリーズのリブートとなる、新人CIAエージェント奮闘記。今回はストレートに、ロシア人による大規模アメリカテロを防ぐストーリー。『ダイ・ハード:ラスト・デイ』も対ロシア人映画だったし、そろそろ「アメリカの敵は中東」設定全盛の時代は終わり、「アメリカvsロシア」の時代が戻ってくるのかもしれません。

ケネス・ブラナーは前作『マイティ・ソー』に引き続きアクション物を監督。ソーはスーパーヒーローなのでアクション場面はVFX全開でしたが、今回は地に足ついたアクションを展開。アクションの苦しさや痛さを分かり易く伝えるため、水や汗を多様する丁寧な演出が良かったです。画作りも上手かった。映画って、ヘリと車が一つの画面に収まるとテンション上がるんだよな。何でなんだろアレ。



・デ・ラ・ソウル、全曲フリーダウンロード、15日から。
http://jaykogami.com/2014/02/6048.html



・アマゾンのバレンタインで映画ストリーミング一本無料キャンペーン。
http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html?ie=UTF8&docId=3077789196
レンタル屋で新作/準新作な作品も普通にラインナップされてるのが嬉しい。
個人的には『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』がオススメ。ジョン・レノンの若き日を描いた映画ですが、ビートルズ知識関係ナシにガツンと感動させる傑作です。
僕はレンタルではまだ新作な『アップサイドダウン 重力の恋人』見ましたが、クソつまらなくて良かったです。無料で見た甲斐を感じました。
[ 2014/02/14 21:18 ] 映画鑑賞記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら