メモ

忘れっぽいです

2014年1月見た映画

新潟は遅れて公開される映画も多いので、昨年公開作も多い1月。『ビフォア・ミッドナイト』は恋愛映画の、『キョウリュウジャーVSゴーバスターズ』は戦隊モノ映画の、歴史に残る傑作。



1/6
くもりときどきミートボール2 フード・アニマル誕生の秘密
くもりときどきミートボール』というより『センター・オブ・ジ・アース』っぽくて楽しい。前作より好き。

1/10
大脱出
スタローンにもシュワにもオイシイ構成が巧み。監督がクソ。

1/11
キリングゲーム
デニーロvsトラボルタによる痛い拷問合戦。半端にアート映画を指向して、まんまとバカ映画化。でも、とても好感の持てるバカ。

1/14
ブラインド・フィアー
好感の持てない馬鹿。今年ワーストアメリカ映画筆頭。

1/18
獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦! さらば永遠の友よ
全力疾走シーンに感動する、という映画的興奮を大人も子供もおかーさんにも伝える傑作。

1/20
エンダーのゲーム
秀逸な映像化。ただ、ヘイリー・スタインフェルドのおしりをもっと見せて欲しかったです。

もらとりあむタマ子
前田敦子は開幕からおしり突き出していて偉い。それでいて全くエロくないのが本当に偉い。ソフト化したら間違いなく見返す一作。

1/23
ビフォア・ミッドナイト
言わずもがな傑作。映画界最強おしゃべり番長決定戦としてジュリー・デルピーvsタランティーノの映画を誰か作って欲しい。

1/24
ゲノムハザード ある天才科学者の5日間
くそ。

メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー
ライブステージ演出の凄み。これを直前に見たせいで、映画アイマスのラストが余計見劣りした。

ザ・ストーン・ローゼズ:メイド・オブ・ストーン
思い出ボム炸裂ドキュメンタリー。

1/25
THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!
感想はこちらに。
http://califra.blog76.fc2.com/blog-entry-2800.html
書きわすれましたが、アニマスは公式ではなくあくまで二次創作の一つである、という考えが、僕の中の大前提としてあります。
この映画の作り手は当然見てるであろう『DOCUMENTARY of AKB48』の二作目と三作目をほとんどのアイマスファンが見ていないのは、作り手にとっても受け手にとっても幸福な事だと思います。AKBドキュメンタリーは、アイマス映画一本分のドラマが10分ごとに巻き起こり、輝きの向こう側まで見せてくれる映画なので、食わず嫌いせずに見て欲しいです。アイマスファンなら三作目の、東京ドームで前田敦子が"渚のCHERRY"を歌うシーンに、中村繪里子がドームで"太陽のジェラシー"を歌う姿を重ね合わせて号泣出来ますよ。

小さいおうち
山田洋次監督作の特撮シーンで心震わされるとは。

1/27
ある愛へと続く旅
映画のファーストショットとラストショットって本当に大事。

THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!
一箇所だけ良かったのは"GO MY WAY"の春香がウインクするシーン。
あの瞬間、TGS2006プロモ映像や、はるかゼPの主題歌MADでインサートされるごまえダンス、あずみんが初登場した幕張ライブ二日目など、思い出深い過去の"GO MY WAY"ボムが炸裂して落涙しました。


1/30
ブリングリング
傑作だけど、ソフィア・コッポラ好きじゃないとキツイだろうなーと思う。

ヌイグルマーZ
一日に二回見てしまった。一度目は武田梨奈と市道真央のロマンスに胸がときめいて冷静になれなかったけど、二度目は努めて冷静に見て、改めてこの映画の確かな凄みに気付きました。
特撮映画は画面サイズがテレビと同じビスタサイズである事が多いのですが、本作は監督の前作『電人ザボーガー』同様シネスコ。横に広い画面いっぱいにゾンビが中川翔子を追い掛けるシーンを筆頭に、画面の使い方が気持ちよいです。
また、カット割りや、カットの切り替わりでサッと人が入り込んで来たりするアクションのタイミングも驚くほど巧み。
セリフも展開もパッと見のビジュアルもチープなのに、基礎体力が高いので映画としての陳腐さは皆無。とても立派な、志の高い作品だと思います。

1/31
アメリカン・ハッスル
超優等生。スマート過ぎて悔しいけど面白い。



-----

今年公開映画、好きな順。ヌイグルマーはズバ抜けて好き。



ヌイグルマーZ
ビフォア・ミッドナイト
アメリカン・ハッスル
獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦! さらば永遠の友よ
小さいおうち
エンダーのゲーム
キリングゲーム
大脱出
THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!
ブラインド・フィアー
ゲノムハザード ある天才科学者の5日間
[ 2014/01/31 19:48 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら