メモ

忘れっぽいです

『アメリカン・ハッスル』

・『アメリカン・ハッスル
http://american-hustle.jp

監督、脚本:デヴィッド・O・ラッセル
出演:クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンス、ジェレミー・レナー



監督は、何を撮っても最高に面白くしてしまう現代の名匠筆頭デヴィッド・O・ラッセル。出演者には、監督の過去作で賞レースを席巻したメンバーがズラリと顔を揃えた、面白くない訳がない騙し合いムービー。

相変わらず役者馬鹿一代を地で行くクリスチャン・ベイルは、海原はるかスタイルのハゲ&タップリ肉のついた腹、というスタイル。フィルモグラフィーでは前作が『ダークナイト ライジング』なので、今回もまた弩エライ肉体改造をやっています。

相変わらず1990年生まれとは思えない貫録のジェニファー・ローレンスは、出ずっぱりでは無いにも関わらず全てを持っていってしまうオイシイ役どころ。ポール・マッカートニー(71歳)は最高にロックである事を、最高の演技で表現するジェニファー・ローレンス(23歳)に惚れる。ポール以外にも、70年代王道ロックやポップが流れまくるサントラも嬉しい。

監督の前作『世界にひとつのプレイブック』が持っていた前半後半のイビツさも無い、優等生な出来。去年のアカデミー賞で『アルゴ』が作品賞を得た流れが続くなら、今年の作品賞は『ゼロ・グラビティ』じゃなく本作が持っていきそう。
[ 2014/01/31 19:28 ] 映画鑑賞記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら