メモ

忘れっぽいです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦! さらば永遠の友よ』

・『獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦! さらば永遠の友よ
http://www.kyoryu-gobus.jp

監督:坂本浩一
脚本:三条陸
アクション監督:福沢博文
特撮監督:佛田洋



アクションシーンはもれなく素晴らしい出来。更に、そのアクションの至るところにケレン味あふれる演出効果を炸裂させる坂本演出も絶好調。女子が回転アクションすれば「シャララン♪」と効果音が鳴り、トラックがドリフト決めれば水しぶきが立ち、主人公たちがやられる時は豪快に爆発する。とにかくずーっと画面のテンションが落ちません。

そして、何より凄いのは、見ている子供たちのテンションも全く落ちない事。プリキュア映画を劇場で見ていると、いくら観客参加型のギミックを仕込んでも映画がダレれば子供もダレる、という事が身にしみて分かります。大人は飽きてもガマン出来ますが、子供はそうは行きません。騒ぎます。

しかし本作は、子供たちも見事に魅入っていたし、せつないシーンではちょっと泣いてもいました。オッサンである僕は、三度ほど涙がこぼれました。大人も子供も掴んで離さない坂本演出が堪能出来る良作。戦隊モノ映画としては、間違いなく傑作。
[ 2014/01/18 18:25 ] 映画鑑賞記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。