メモ

忘れっぽいです

『ルームメイト』

ルームメイト
http://www.roommate2013.com

監督、脚本:古澤健(『アベックパンチ』『アナザー Another』)
出演:北川景子、深田恭子

このタイトルでサイコホラー、と聞いて想像出来る展開をベタに、しかし深田恭子という最高の素材と、随所にホラー映画マナーを忍ばせた演出で料理して、ライトな客層も楽しめるよう丁寧に盛りつけてみせた、パーフェクトな出来。

今までの商業ベース映画での古澤監督作品は色んな歯車が噛み合っていなかった印象がありましたが、今回は一味も二味も違います。監督自身の趣味/資質と、商業的要求/関心と、うまく両者の折り合いがついています。

青白い光に照らされた顔、『赤い影』よろしく画面を横切るワンピース、毒、階段落ち、舞い散る紙、シャワー、、、サスペンスやホラーのお約束描写が満載で胸躍る予告編。

これだけ多様なお約束描写を詰め込んだら物語が破綻しそうなものですが、今作は違和感なく物語に消化されていました。お約束やベタが見事に反転する終盤のヒネリもお見事。そんな職人芸脚本の上に、深田恭子の的確な存在感/演技(+北川景子へのビンタ!)が上乗せされるのだから、そりゃもう最高ですよ。今年のホラー映画ではベストの一本。脚本もベスト。
[ 2013/11/10 00:15 ] 映画鑑賞記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら