メモ

忘れっぽいです

フリーDL曲 2013/10/20

JUNE by Yasuji Morita



Mirrors by Sm^th




・『ダイアナ
http://diana.gaga.ne.jp

 『es』『ヒトラー 最期の十二日間』のオリヴァー・ヒルシュビーゲル監督、ナオミ・ワッツ主演のダイアナ妃映画。ナオミさんは初めて見た時からずっとハリウッド映画に出ているのでアメリカ人かと思っていましたが、イギリス生まれなのですね。しかも父親はピンク・フロイドのエンジニアだそうで。

 映画としては、腕のある監督だけあって、言葉を使わず画で魅せる演出が多くて好ましかったです。『ヒトラー 最期の十二日間』の時も思ったけど、街並みの撮影が上手い。不謹慎なので大袈裟に盛り上げられないけど間違いなくクライマックスである、ダイアナ妃の事故死が人々に広まっていく光景は、その街並み撮影テクが遺憾なく発揮された良いシーンでした。

 ヒトラーと違い、題材がダイアナ妃では死体にムチ打つようなマネが出来ないのが難点でしょうか。『ヒトラー 最期の十二日間』でのヒトラーの秘書を扱うような丁重さでダイアナが扱われるので、特に終盤はお行儀が良すぎます。ラストでcandle in the windが流れて大爆笑、みたいな陳腐を極めた最低ダイアナ映画も見てみたいですね。



・『ゴースト・エージェント R.I.P.D.
http://ghostagent-ripd.com

 公式サイト煽り文が「『メン・イン・ブラック』x『ゴーストバスターズ』」という安易さ、志の低さが、とても微笑ましい一作。生と死の狭間描写や、予告編に一切出て来ない悪のボスの配役など、見るべき部分はあるけど、かの有名な『フライトプラン』を監督したロベルト・シュヴェンケ作品だけあって、基本的にはクソでした。上から目線の観客様に貶されるためにあるような映画。
[ 2013/10/20 20:36 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら