メモ

忘れっぽいです

フリーDL曲 2013/10/7

HUMANOIDE. by RADIcule



・『R100
http://www.r-100.com

 松本人志監督最新作。今までの松本人志作品を「破綻した映画風コント」たらしめていた、『大日本人』『しんぼる』における自意識も、『さや侍』における物語も捨て去り、遂に、無意味な「破綻した映画」に徹する事に成功した出色の出来。石井輝男映画、もしくは受けないタイプの北野武映画みたいでした。

 今回の映画を見て思い起こす松本人志作品は、ビジュアルバムの『システムキッチン』でしょうか。あのコントは、ダウンタウンの二人による要領を得ないやり取りがキモで、オチは無意味な物でした。『システムキッチン』のオチである、すったもんだのあげくベランダ開けたら団地ドォーン!の「団地ドォーン!」を説得力のある画にした事で、「要領を得ないやり取り」部分の面白さを吹き飛ばす程の映画的快感を成立させた。『R100』はそんな映画です。要所要所での「冨永愛ドォーン!」とか、凄く良い画。スタッフの方々の素晴らしい仕事、そして16mmフィルム撮影が効いていました。YOUの使い方も抜群だったなぁ。

 SMを扱いながら、(ダウンタウンというコンビに例えれば容易に理解出来るであろう)プレイにおける関係性/信頼性を全く理解していない意識の薄さたるや酷い物ですが、本来マイナスになるはずのこの薄弱さも、映画に無意味さを寄与する機能になっていました。ファンサービスにもならない過去のネタ使い回し、蛇足なメタ要素も(松本人志はオリヴェイラ監督など知らないだろうし、だからこそ)軽薄で素晴らしい。贅沢な制作環境でこれだけの無意味が出来る。これこそ僕が松本人志映画に求めていた物。本当に、今回の映画は面白かったです。



・『ランナウェイ 逃亡者
http://www.runnaway.jp

 じっくりと面白い秀作。やっぱロバート・レッドフォード監督は外さないわ。俳優出身監督だけあって、出演者の魅力を引き出す力も見事。アホっぽく見えがちなシャイア・ラブーフのニヤケ面を深く感動的に使う演出に感嘆しました。しかしこの邦題は、何とかならなかったのかね。
[ 2013/10/07 21:29 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら