メモ

忘れっぽいです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フリーDL曲 2013/7/4

Midnight Magic by Nemo Achida
www.hulkshare.com/7radr5nhgn0g



Skylar Spence by Saint Pepsi (Spazzkid Remix)



Rakshasa (feat. Monsoonsiren) by Kodak to Graph




・「犬と猫と人間と2 動物たちの大震災
http://inunekoningen2.com

 今まで見てきた東日本大震災テーマのドキュメンタリーや劇映画の中で、最もハードコアで、やるせない一作。

 この映画は冒頭で被災地を映しながら、「その光景に言葉を失った」という監督による主観的ナレーションが入ります。僕は、「その光景」を見て何を感じるかは観客に任せるべきだと思うので、このナレーションのような、作り手の印象や映画の総意を考え無しに押し付けるドキュメンタリー演出は苦手です(明確に作り手の意図を押し付ける気で作っているのなら話は別ですが)。しかし、映画が進むにつれ、切迫した状況は、監督の主観を入れる余地を奪い去ります。

 前半こそ震災で亡くなった人々と動物たちの思い出語りによって、観客も泣く余裕があるのですが、やがて家畜の扱いに話が及ぶと、そこには安易な感情移入の涙を拒絶する、糞尿と蛆と蝿にまみれた極めて厳しい現実が映し出されます。作り手も、観客も、その映像をただただ見ているしかありません。

 震災テーマ映画は、それなりの希望を提示して終わる事が多く、本作でも人間側は「人間の美徳」を辛うじて提示できています。ですが、動物にとっては、相変わらず人間勝手な世界がそこにあるだけです。人間が人とその他の生き物を区別する以上、震災があろうと無かろうと未来永劫、人間勝手な世界は変わらないという現実。それを見せつけられ、どうしようもなく、やるせない。だからこそ切実に、行動したくなる。意義あるドキュメンタリーだと思います。


[ 2013/07/04 21:17 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。