メモ

忘れっぽいです

見た映画:6月

新潟は公開映画数が少ないから、より好み出来ないのです。


6/1
ハッシュパピー バスタブ島の少女
スクリーンで予告編見ると、花火のとこで泣きそうになる。



6/2
バレット
ウォルター・ヒルxスタローンによる、贅沢な凡作。


6/3
リアル 完全なる首長竜の日
黒沢清全開で面白かったけど、「映画」ではなく「泣ける物語」を期待する観客に配慮したり媚びたりする黒沢清映画も見てみたい。


6/6
はじまりのみち
ド傑作。木下惠介のこと知らずに見ると破壊力増し増しだと思う。


6/7
ペタル ダンス
どんよりと彩度を落とした色調が、やがてラストで光に包まれる映像構成は好き。


6/8
エンド・オブ・ホワイトハウス
前半の大殺戮すばらしかった。上映前にエメリッヒ最新作『ホワイトハウス・ダウン』の予告編が流れて苦笑させられるのも、映画館体験として楽しい。


6/10
カタプタリ 風の村の伝説
映像をナメてるとしか思えない。


6/11
二郎は鮨の夢を見る
ちゃんと二郎さんのアレな部分も見せてるのが、観客に対してフェアで偉い。


6/13
G.I.ジョー バック2リベンジ
馬鹿が考えた核兵器廃絶実行シーンには万雷の拍手を送りたい。


6/14
高地戦
ド傑作。

華麗なるギャツビー
バズ・ラーマンはもっとやってくれると思ってた。


6/15
絶叫学級
松岡茉優は良い女優に成りそうですね。


6/17
ハード・ラッシュ
全然駄目。


6/20
塀の中のジュリアス・シーザー
コンセプトは優秀だけど。


6/21
アフター・アース
つまんないけど、シャマラン愛護視点で見てるので嫌いにはなれない。


6/22
ある会社員
日本のマンガがやっている事を、実写でやってしまうパワフルな映画。しかも長編初監督の人間がやってるのだから、韓国映画界の層の厚さに恐れ入る。


6/24
ガラスの仮面ですが THE MOVIE
酷かった。


6/27
ハル
酷かった。

旅立ちの島唄 十五の春
こういう日本映画をこそ誉めるべき。傑作。


6/28
ハングオーバー!!! 最後の反省会
あまり笑えないけど、ファンには嬉しい最終作。


6/29
めめめのくらげ
演出も思想も最低。



-----

上半期も終わりなので、今年公開映画を好きな順にナンバリングしまーす。

  1. 桜、ふたたびの加奈子
  2. 世界にひとつのプレイブック
  3. プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命
  4. リトル ウィッチ アカデミア
  5. 旅立ちの島唄 十五の春
  6. ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
  7. ルビー・スパークス
  8. はじまりのみち
  9. ビル・カニンガム&ニューヨーク
  10. ダイナソー・プロジェクト
  11. シュガー・ラッシュ
  12. ムーンライズ・キングダム
  13. 名探偵コナン 絶海の探偵
  14. ドラえもん のび太のひみつ道具博物館
  15. PARKER/パーカー
  16. ラストスタンド
  17. バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!
  18. 二郎は鮨の夢を見る
  19. ジャックと天空の巨人
  20. エンド・オブ・ホワイトハウス
  21. 東京家族
  22. フライト
  23. アイアンマン3
  24. アウトロー
  25. ザ・マスター
  26. きっと、うまくいく
  27. セデック・バレ
  28. クロユリ団地
  29. 映画プリキュアオールスターズ NewStage2 こころのともだち
  30. ある会社員
  31. 映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!
  32. ハングオーバー!!! 最後の反省会
  33. ライジング・ドラゴン
  34. フラッシュバックメモリーズ3D
  35. ゼロ・ダーク・サーティ
  36. バレット
  37. ダイ・ハード/ラスト・デイ
  38. 遺体 明日への十日間
  39. ハッシュパピー バスタブ島の少女
  40. 君と歩く世界
  41. アフター・アース
  42. リアル 完全なる首長竜の日
  43. ジャンゴ 繋がれざる者
  44. 王になった男
  45. 96時間リベンジ
  46. 劇場版シュタインズ・ゲート 負荷領域のデジャヴ
  47. 探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点
  48. G.I.ジョー バック2リベンジ
  49. 脳男
  50. コードネーム:ジャッカル
  51. シュガーマン 奇跡に愛された男
  52. 華麗なるギャツビー
  53. ペタル ダンス
  54. 劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME
  55. 藁の楯
  56. 絶叫学級
  57. グランド・マスター
  58. ジャーニー/ドント・ストップ・ビリーヴィン
  59. キャビン
  60. アンナ・カレーニナ
  61. ドラゴンボールZ 神と神
  62. テッド
  63. クラウド アトラス
  64. L.A. ギャングストーリー
  65. フッテージ
  66. 仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z
  67. スタードライバー THE MOVIE
  68. ザ・フューチャー
  69. LOOPER/ルーパー
  70. マリーゴールド・ホテルで会いましょう
  71. 千年の愉楽
  72. ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘法
  73. オズ はじまりの戦い
  74. ジャッキー・コーガン
  75. サイド・バイ・サイド フィルムからデジタルシネマへ
  76. ヒッチコック
  77. 先祖になる
  78. ガラスの仮面ですが THE MOVIE
  79. 逃走車
  80. ハード・ラッシュ
  81. 塀の中のジュリアス・シーザー
  82. リンカーン
  83. ハル
  84. ベルセルク 黄金時代篇III 降臨
  85. ゴーストライダー2
  86. デッド寿司
  87. めめめのくらげ

今のところ『桜、ふたたびの加奈子』の、狂い咲きスピリチュアルロードなパワーが他の映画を圧倒。良い/悪い、だとか、好き/嫌い、といった安易な判断基準をブッ飛ばす狂気に充ち満ちていました。
ダイ・ハード/ラスト・デイ』辺りまでは、駄目さも含めて好きな映画。
下位5作は、他の年だったら圧倒的最下位になってるレベル。
[ 2013/06/30 08:33 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら