メモ

忘れっぽいです

6月公開の気になる映画

大きな話題には成らないかもしれないけど、楽しみな映画が多い6月。韓国映画が充実しています。大作はバズ・ラーマンの『華麗なるギャツビー』くらいかな。

http://eiga.com/coming/



6月1日(土)

リアル 完全なる首長竜の日
http://www.real-kubinagaryu.jp
予告に監督名が全く出て来ないので気付きませんでしたが、黒沢清監督作。


はじまりのみち
http://www.shochiku.co.jp/kinoshita/hajimarinomichi/
『オトナ帝国』『カラフル』の原恵一監督、初の実写作品。木下惠介とその母の話。


バレット
http://bullet-movie.jp/
2013年の世に監督ウォルター・ヒル、主演スタローンの新作映画が見られるなんて。


殺人の告白
http://satsujin-kokuhaku.net/
『殺人の追憶』と同じ事件を元ネタに、でも思いっきりエンターテイメント方向に転がした韓国映画。


マニアック
http://www.maniacthemovie.com
名作というほどでもないホラー映画リメイク物。主演はホラー大好きっ子イライジャ・ウッド。制作はアレクサンドル・アジャ、監督は評判の良い『P2』のフランク・カルフーンという事で、手堅く面白そう。


ロマン・ポランスキー 初めての告白
http://mermaidfilms.co.jp/rp/
ポランスキー自ら自身の過去を語るドキュメンタリー。公開記念で『ローズマリーの赤ちゃん』『反撥』なども上映。『反撥』は劇場で見たいなー。



6月8日(土)

G.I.ジョー バック2リベンジ
http://www.gi-j.jp/

くだらないジョークに呆れて白目剥くとか、今更Invaders Must Dieみたいなデジロック調音楽をキメに使うとか、予告編のアナクロっぷりが半端無し。セリフの間を抜いて使う予告編は多いけど、これのニセ大統領のセリフはいくらなんでも抜き過ぎで違和感アリアリ。どこをとっても見てるコッチが恥ずかしくなる感じが最高です。


クソすばらしいこの世界
http://kusosuba.com
『息もできない』ヒロインのキム・コッピ、『ムカデ人間』先頭の北村昭博が出演する、女性監督によるスラッシャー。


ハル
http://hal-anime.com/
完全オリジナルのアニメ。監督は期待の牧原亮太郎、脚本は『野ブタ。をプロデュース』などの木皿泉、ヒロイン&主題歌は日笠陽子。


ローマでアモーレ
http://romadeamore.jp
馬鹿みたいなタイトルだけどウディ・アレン監督作。久しぶりに本人出演。新潟じゃ今頃『恋のロンドン狂騒曲』やってるというのに、もう最新作かー。



6月14日(金)

華麗なるギャツビー
http://wwws.warnerbros.co.jp/thegreatgatsby/
バズ・ラーマン監督作。ディカプリオのギャツビー役は間違いないでしょうから、あとは監督のアレンジがどう出るか。わりと期待してます。


絶叫学級
http://mitewaikenai.com/zekkyo-gakkyu/
りぼんで連載中のホラー漫画が原作。ぜひレンタル屋のホラー棚の一角を陣取るシリーズとして育って欲しいです。漫画版のアイドル的存在である下半身の無い幽霊、黄泉ちゃんを演じるのは、『桐島部活やめるってよ』の桐島彼女役、山本美月。



6月15日(土)

嘆きのピエタ
http://www.nagekinopieta.com/
キム・ギドク最新作。


3人のアンヌ
http://bitters.co.jp/3anne/
ホン・サンス監督作。イザベル・ユペール主演。


スプリング・ブレイカーズ
http://www.springbreakers.jp/
『ガンモ』のハーモニー・コリン最新作。どんな映画か知らないけど映画秘宝周りでは既に評判になってるっぽいので楽しみです。



6月21日(金)

アフター・アース
http://www.afterearth.jp/
もはや予告編で一文字も名前が出なくなったシャマラン監督最新作。しかもウィル・スミス&ジェイソン・スミス親子主演。シャマラン好きは嬉々として見に行くけど、一般客は総スルーしそう。

予告編、イキナリでかい音が鳴るから映画館で毎度ビビる。



6月22日(土)

10人の泥棒たち
http://10dorobo.jp
『哀しき獣』の牛骨社長キム・ユンソク、ジョニー・トー映画常連サイモン・ヤムなど、韓国&香港のスターが揃った韓国観客動員数歴代No1映画。超楽しみにしてます。日本語吹替版の声優がやたら豪華で気合い入ってるのはいいけど、言語入り乱れ映画だから正直字幕で見たい。


ガラスの仮面ですが THE MOVIE 女スパイの恋!紫のバラは危険な香り!?
http://garasunokamendesuga.ponycanyon.co.jp/
鷹の爪とか作ってる所のアレ。映画とは関係ないですが、監督の谷東って人のwikipediaの記述が薄ら寒い。
「谷東(たに あづま、1973年6月27日 - )は、兵庫県出身のアニメ監督、演出家。DLE所属。ロードの自転車に乗っていて、たまにアニメも作る。」
これ、本人が書いてたらヤだなぁ。


攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain
http://www.kokaku-a.com/
みんな大好き攻殻。


しわ
http://www.ghibli-museum.jp/shiwa/
スペインのパコ・ロカが描いた大傑作漫画「皺」を原作にしたアニメーション。こういう映画をちゃんと配給してくれるジブリ偉いわ。


100回泣くこと
http://100kai-movie.com/
桐谷美玲の滑舌が相変わらず。




6月28日(金)

ハングオーバー!!! 最後の反省会
http://wwws.warnerbros.co.jp/thehangover3/
3作目。「またやんのか」と思いつつ公式サイト開いたら笑ってしまった。



6月29日(土)

愛のあしあと
http://www.curiouscope.jp/ASHIATO/
7月5日にはもうDVD発売するフランス映画。カトリーヌ・ドヌーヴと、その娘キアラ・マストロヤンニがミュージカルシーンやるのだから、そりゃ見たいわ。共演もリュディヴィーヌ・サニエたんやルイ・ガレルと豪華。
[ 2013/05/30 22:18 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら