メモ

忘れっぽいです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フリーDL曲 2012/12/24

LASERS EP




・2013年、春のお馴染おこさま向け映画がどれも面白そう。

映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!

監督はTARI TARIの橋本昌和。脚本は、現在公開中のライダー映画で大人観客の度肝を抜きまくっている浦沢義雄 & 黒魔女さんが通る!!シリーズ構成うえのきみこ。ここ最近イマイチなクレしん映画ですが、次回は期待して良さそうな雰囲気。


劇場版名探偵コナン 絶海の探偵

海上自衛隊全面協力。脚本は相棒の櫻井武晴。面白そう。


映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館

どうあがいても面白くなりそうなネタ出してきました。きれいなジャイアンとか、ネットでの流行りも取り込んでます。脚本は鷲尾プリキュアでの登板が多かった(そして伝説の初代8話を書いている)清水東。新鉄人兵団から3年連続。


プリキュアASNSもドラゴンボールもあるし子供向けアニメ熱いです。これだけラインナップ揃ってますが、さらに最終兵器『劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし』まで用意されているのです。来年の春は凄い。




・『フランケンウィニー
http://www.disney.co.jp/movies/frankenweenie/

 今年の万人にオススメ出来る映画ベストが『おとなのけんか』から『フランケンウィニー』に入れ替わりました。ティム・バートン監督の資質や嗜好が最高の形で結実した大傑作です。

 ティム・バートンが好きな物が好きな人、例えば怪獣映画だったりゴスだったり、そういう物が好きな人には嬉しい要素満載で、より深く楽しめます。僕は一番最初に買って所有したビデオがジェームス・ホエール監督版『フランケンシュタイン』で思い入れひとしおなので、『フランケンシュタイン』のクライマックスを見事に再現しながら、同時に『フランケンシュタイン』が提起した問題に対して現代的でポジティブな解答をしてみせるシーンには、強く感動しました。

 しかし、そんな事は知らずとも平気です。この映画はファミリー映画、80年も昔の映画など知る由もない子供も見る映画ですから。誰でも、冒頭の主人公によるショートフィルムを見れば「物が動く」という原初的な喜びにワクワクするだろうし、様々な動物たちが蘇って大暴れするシーンには興奮するハズ。予告だけ見るとお涙頂戴に見えかねませんが、実際はスペクタクル満載です。コマ撮りのチョコマカ感がテンポを良くしているのも功を奏して、ラスト30分はドリンクを手に取る余裕も無いくらい見入ってしまうのではないでしょうか。とにかく、面白いです。

 さらに素晴らしいのは「テクノロジーへの理解」がテーマである、という点。このテーマを分かり易く提示するからこそ、万人にオススメしたい作品になりました。科学に善悪はない。これに関してはWIREDの記事が良かったので貼らせて頂きます。
http://wired.jp/2012/12/14/frankenweenie_essay/
来週のシネマハスラー、『フランケンウィニー』なんですね。この映画が提示する科学観は、宇多丸さん高評価だろうなー。


・しかし3Dで見たかったのに、こっちじゃ2D吹替しかやってないフランケンウィニー。
[ 2012/12/24 20:03 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。