メモ

忘れっぽいです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フリーDL曲 2012/12/22

Trip the Light – Galactic
http://tripthelightwonderful.com/galactic/



Here&Now by ALOUT



anemone by fuyuru




・年の瀬になって素晴らしい音源が沢山来ております。



・今年のDVDスルー映画めも。あんまり見てないや。

『おっぱいゾンビ』
とてもJVDらしい映画。JVDらしさ、それはチープなJVDサイトを見ればビンビンに伝わると思います。
http://www.jvd.ne.jp/hr/hr_top.html
おっぱいを出していればそれはおっぱいゾンビなので、それが乳より腹の揺れる小太りゾンビ姉貴だとしても、遺憾ながらタイトルに偽りは無いのです。タイトル勝ち。そして日本版エンディング曲勝ち。




『聖トリニアンズ女学院1&2』
イギリスの学園コメディシリーズ。07年と09年の映画ですが、日本では今年になって1と2が同時リリース。予告編見て面白そうと感じる人なら充分楽しめるはず。特に1作目は最高です。コリン・ファースが散々な目に合う姿が楽しい映画なので、『英国王のスピーチ』で箔がついた今の目で見るとまた格別。


『ギャラリー 欲望の画廊』
ロンドンの現代アート界を皮肉をこめて描いたブラックコメディ。ネットでの評判は"面白くない"が多いけれども、その面白くなさが現代アートっぽい。ダミアン・ハースト的なアート作品を皮肉的に扱ってる割りに、美術監修を担当しているのがダミアン・ハースト、という自虐的な感じも現代アートっぽい。ネットでの評判はとても悪いけど、僕は全編に満ちあふれる悪意が、とても好きでした。ラストも悪質で、最高。


『ザ・ホール』
ジョー・ダンテ監督による小中学生向けホラー映画。小中学生向けジュブナイルホラー、という点を踏まえて見ると凄く面白い。凄く良く出来てる。ていうか、ジョー・ダンテ監督作が見られるだけで嬉しいのよね。


『ガチバン SUPERMAX』
数が多過ぎてどれがどれだか分からなくなってきた人気ヤンキー映画ガチバンシリーズ13作目。やべきょうすけが駄目ヤンキーの成れの果て役で出ていて、それだけで嬉しい1本。ヒロイン近野成美の北関東ローカル感も見事でした。シリーズ的には良作ですが、シリーズ見た事ない人は大傑作『ガチバンMAX』を見るのがベストだと思います。


『携帯彼氏+』
女子中学生が友達とキャッキャ言いながら見るタイプのホラー映画。普段ならまず見ない作品だけど、津田美波が出演しているので観賞。女子中学生向け、という点を踏まえて見るととても面白かった。グロ過ぎず、ショッキング過ぎず、でもちゃんと怖い。恐怖の解決方法も納得できるし、終わり方も爽やか。メインターゲット層に向けて上手く作っていて感心しました。
[ 2012/12/22 22:06 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。