メモ

忘れっぽいです

フリーDL曲 2012/12/20

TROY AVE ft. MAC MILLER - CHILLIN prod by Cy Fyre




・『ONE PIECE FILM Z
http://www.onepiece-film.com

 珍しくネタバレしてます。文句も書きます。


 脚本鈴木おさむ、OPテーマ中田ヤスタカ、主題歌アヴリル・ラヴィーン、衣装アルマーニ エクスチェンジ、ゲスト声優に篠原涼子と香川照之。節操の無い人選だけど、力を入れてるのは理解出来るし、実際ヒットしてますね。


 原作は空島までしか読んでませんが、ハトプリや映画プリ5の長峯達也監督作なので見て来ました。『ストロングワールド』も悪くない出来だったし。

 鈴木おさむ脚本なんて名義貸しじゃねーの?と思ってたのですが、行間もクソも無い状況説明のための構成とセリフ満載だった事を顧みるに、クレジット通り鈴木おさむが書いてるのかなー。脚本がダメ、の典型の様な映画でした。中田ヤスタカのOP曲も気が抜けたサイダーの様なパンチ力の無さ、それに合わせた映像もスタイリッシュ気取って滑ってる感じ。篠原涼子も酷かった。感情出さない系キャラなので演技ヘタでも成り立つハズなのに、それでもヘタさが際立つんだから。


 逆に、メインキャストのやり取りは、つまらない会話ですら楽しく感じさせる流石のグルーヴ感がありました。セリフに情感が無いぶん、話してる人物の脇に居るキャラのちょっとした仕草で画面に魅力を出してたり、演出も頑張ってました。どうしようもない物語にケレン味つけるため、やたら乳を強調したり、男キャラを風呂に入らせてハダカにしたり、サービスも頑張ってました。ルフィのケツが意外とセクシーでした。

 アクションも良かった。クライマックス、泥んこタイマン殴り合いを、BGM無しで延々やるシーンは素晴らしい。韓国映画『映画は映画だ』もクライマックスが泥んこタイマンで熱かったけど、比べても見劣りしない熱さと泥臭さがありました。長峯&馬越コンビ好きはココの為だけにでも見る価値はありましょう。


 とはいえ、トータルでは大変つまらない、というか、不快で。妻子と教え子を海賊に惨殺された元海軍大将ゼットが、今回の悪役。そんな悪役ゼットが、海兵隊たちを(彼らにだって故郷や家族はあるだろうに)ボコボコにしながら突き進み、島を二つ潰し、他人の人生をメチャクチャにしながら、やりたいようにやって散って行く。ただただ"自分勝手"としか思えない行為を、作品上では"自分を貫いた"という美徳として語るんだから、ホントどうしようもねぇ。


 エンドロールでは、幼少期の海賊や海軍メインキャラの姿が次々と映し出されます。ファンにとっては最高のご褒美だろうし、ラストにコレを持ってくるのも良い。でも、本編に登場する、海賊と海軍に憧れを持つ少年をもっと上手く使っていれば、このエンドロールはファンサービスを越えた号泣シーンになったはず。せっかく麦わら一味や海軍お偉いサンの幼少時代を見せる、という最高のカードを切るのだからもっと名シーンに料理するべきなのに、本編の不出来も帳消しに出来たろうに、勿体ないなー。

 しかしこのエンドロールで提示される、「ヤンチャ者が大人になった時の受け皿として海賊と海軍が機能している」という世界観は、ヤクザ映画で「ヤンチャ者の受け皿としてヤクザと警察が存在する」というのと同じなので、嬉しくなりますね。そういやモロに田中邦衛ヅラな海軍大将黄猿がやたらゼットと絡んでたな。海軍的に落ちぶれていくゼット(渡哲也)に付いていく黄猿(田中邦衛)って話だったら『仁義の墓場』みたいで楽しかっただろうなー。
[ 2012/12/20 21:06 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら