メモ

忘れっぽいです

フリーDL曲 2012/11/30

AnimeTion by TokAnt




・『エヴァンゲリオン新劇場版:Q
http://www.evangelion.co.jp

 新劇場版は全く見てないし情報も入れてない、本作におけるシンジまんまの状態で見ましたが、メチャクチャ面白かった。オタクで、物を作る力のある人が、ちゃんと時間と金を使って本気でやる素晴らしさ。

 この手の作品でよくある「○○発生確認!状況パターンB12」みたいなやりとりを詳細に積み重ねていくのって、普段は見てて気恥ずかしくなるんです。オタク臭くてウゼェな、気持ち悪いな、もっと大事にすべき物があるだろ、と。

 本作でも、そんなウゼェやりとりを冒頭でバリバリかまし作品内リアリティを強固にしていますが、それが同時にミサトさんの「カウント省略!」という心底シビれるセリフの前振りにもなっているのがお見事。ヲタ臭さを貫きながら、ちゃんとエンターテイメントに消化してみせる技量も身に付けている。ああ、樋口真嗣監督の実写作品でこういうのが見たいわ。

 幕切れも、完璧だと思いました。それぞれに、他人との関わりに興味が無いような素振りをしながら、実際には絶妙な関係性を持つ三人の後ろ姿。これ以上の終わり方、最終作で出来るのかしら。

 それにしても、他人にアダ名というレッテルを押し付け、コミュニケーションを拒絶していたアスカが、遂にシンジに蹴りカマすシーン、クソ羨ましいですね。ウジウジしてるだけで蹴って頂けるなんて。俺、アスカ大好き人間だったのを思い出しました。アスカが、シンジを拒絶するにも接触するにも暴力的なのがタマらないです。


・同時上映の『巨神兵東京に現る』も、これの為にもう一度エヴァ見ようかな、ってくらい良かった。円谷特撮で育った人間なので、街があんな壊れ方を、こんな壊れ方も、そんな壊れ方まで!と興奮せずにいられなかった。あの液体出ちゃってる感じ超フレッシュ。スタッフの豪華さにも興奮。ポエマーな感じやフィルム調の仕上げが、ダサくも嫌みにもならないバランスも見事でした。『ウルトラマンサーガ』と『巨神兵』をスクリーンで見られるなんて、今年はミニチュア特撮の大当たり年だわ。
[ 2012/11/30 21:24 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら