メモ

忘れっぽいです

見た映画:5月

見たい映画が無かった前半、見たい映画多いけど体調悪くて動けなかった後半、という感じで本数少なめ。体調悪いおかげでゲームやる時間だけは増える。

「虹色ほたる 永遠の夏休み」は良かったなー。不満点はあるけれども、エッジの利いた表現から逃げがちな今のファミリー向けアニメで、あれだけハードな描写を見せる姿勢は立派。


5/4
「ル・アーヴルの靴みがき」アキ・カウリスマキ監督
 善人だらけ。良い意味で、ぬくい映画。

5/7
「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」ポール・フェイグ監督
 下劣なギャグが徹底的に下劣で、とても良かった。

5/11
「カリーナの林檎 チェルノブイリの森」今関あきよし監督
 殊更に反原発メッセージを付け足す必要も無かろうに。

5/14
「この空の花 長岡花火物語」大林宣彦監督
 どれだけ言葉を尽くしても伝わらなくとも、とにかく言葉を詰め込む。映像も、音も、同様にとにかく詰め込んで、くらえこの愛。
く ら え こ の 愛
こんなシーンは無いけれども、このスペースこぶしパンチ以上にパンチ力のある描写を冒頭から連発。間違いなく今年ベストレベル。

5/16
「ロボット」シャンカル監督
 面白いけど、特に言う事もナシ。

5/19
「バッド・ティーチャー」ジェイク・カスダン監督
 コメディとしては、教師特有のクソ寒いギャグを嘲笑する笑いが多くて爆発力に欠ける。ドラマとしても、この手の映画で重要なハズの、主人公が遂に良心を見せるエピソードが弱過ぎる。でも、そういうヌルさ、好きよ。

5/21
「虹色ほたる 永遠の夏休み」宇田鋼之介監督
 アニメーションだからこそ出来る演出をしっかり魅せて、主人公のトラウマになる出来事を逃げずに描く誠実さもあって、大変に良かった。何よりヒロインが瑞々しくて超カワイイ。もう画面の隅にちょこんと座ってるだけで可愛いんだよ。

これ
コレはモチロンかわいいけど

それ
こんな描画でも超かわいい。

「サニー 永遠の仲間たち」カン・ヒョンチョル監督
 映画内で韓流ドラマの駄目なベタを嘲笑しながら、映画自体は堂々たる王道をやってるのが、格好良いっすなー。

5/22
「ダーク・シャドウ」ティム・バートン監督
 あんま好きじゃない。超絶生まれ損な役回りのヒロインが不憫で不憫で。

5/27
「フラメンコ・フラメンコ」カルロス・サウラ監督
 顔のクローズアップより、体全体を魅せてくれ!と思う場面が多々あった。

5/29
「ヴィダル・サスーン」クレイグ・ティパー監督
 マリー・クヮントとヴィダル・サスーン、ロマン・ポランスキーとヴィダル・サスーン、キャリアの絶頂に向う人間同士が出会うべくして出会うエピソードは、大変気持ちが良い物ですね。

5/30
「ミッドナイト・イン・パリ」ウディ・アレン監督
 主人公オーウェン・ウィルソンは見事なアホヅラ演技でユーモラスだったし、実際、客席は頻繁に笑いが起きていたけど、決して報われないであろう恋愛の終わりを想像して、勝手に涙ぐんで見てしまう場面もあったり。最も好きな恋愛映画が、タイムスリップSF「ある日どこかで」なので、時を超えた恋愛には弱いのです。ヒロインの一人アドリアナが本名陽子さん系の、俺の好きなタイプだったのも超ポイント高い。


---

今年の映画スキな順。「キツツキと雨」より下の映画はそろそろ印象薄れてきた。


果てなき路
この空の花 長岡花火物語
コーマン帝国
メランコリア
ヒューゴの不思議な発明
ウルトラマンサーガ
ストリートダンス TOP OF UK
ニーチェの馬
Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち
捜査官X
ミッドナイト・イン・パリ
ポエトリー アグネスの詩
へんげ
少年と自転車
SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者
人生はビギナーズ
おとなのけんか
世界最古の洞窟壁画 3D 忘れられた夢の記憶
トロール・ハンター
スーパー・チューズデー 正義を売った日
サニー 永遠の仲間たち
ドラゴン・タトゥーの女
ハンター
バトルシップ
虹色ほたる 永遠の夏休み
J・エドガー
マリリン 7日間の恋
裏切りのサーカス
ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン
キツツキと雨
テトロ 過去を殺した男
アニマル・キングダム
ヘルプ 心がつなぐストーリー
ヒミズ
哀しき獣
ル・アーヴルの靴みがき
センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島
バッド・ティーチャー
スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス 3D
シャーロック・ホームズ シャドウゲーム
ドライヴ
映画 プリキュアオールスターズ NewStage みらいのともだち
ヴィダル・サスーン
青い塩
ロボット
容疑者、ホアキン・フェニックス
カエル少年失踪殺人事件
SHAME シェイム
ももへの手紙
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵
フラメンコ・フラメンコ
ジョン・カーター
逆転裁判
ペントハウス
ダーク・シャドウ
レッド・ティアーズ
ピープルvsジョージ・ルーカス
映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス
アーティスト
戦火の馬
TIME タイム
月光ノ仮面
[ 2012/05/31 21:13 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら