メモ

忘れっぽいです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フリーDL曲 2012/3/17

Earl – Oldie (Earl Only Edit)




・「映画 プリキュアオールスターズ NewStage みらいのともだち」@Tジョイ大泉。
http://www.toei-anim.co.jp/movie/2012_precure_allstars/

 見に行くつもりの人は、スマプリのOP、「プリキュアASNSのすべて」みたいな特番、他人の感想などでネタバレされる前に、見に行ったら良いと思います。パンフレットも観賞前に見ちゃ駄目よ。俺も今日は若干のネタバレします。


 と前振りした上で、ASNSを含めプリキュア映画を好きな順で並べると

ハトプリ
ふたりはプリキュアMH2
オールスターズDX3
オールスターズDX1
プリキュア5
スイプリ
オールスターズDX2
オールスターズNS ←ココ
ふたりはプリキュアSS
プリキュア5 Go Go
フレプリ
ふたりはプリキュアMH

な感じ。どのプリ映画も好きだし何度も見てるけど、スイプリから下は、あまり良い出来では無いと思ってます。


 今回のASNS、基本設定やストーリーの方向性は良い。というか、好き。超好き。一本の映画内で完結させる姿勢も好感。昔のプリキュアがあまり活躍しない、と大友は文句言うだろうけど、子供にとっては関係ないだろうし本質的な問題じゃない。問題は演出。あゆみの物語として必要な要素とプリキュア映画として必要な要素を、ただ並べていくだけの演出が良くないなぁと思う。

 プリキュア達の活躍を積み重ねた上で、「女の子は、誰でもプリキュアになれる」という、あゆみちゃん物語のクライマックスに到達していたら、そりゃあ俺も号泣するよ。でも、各プリキュアの活躍もクライマックスも、ただ義務的に置いていくだけ。結果として、クライマックスである新プリキュア誕生より、絵的にハデな過去のプリキュア変身/必殺技シーンや、初代登場シーンの方が盛り上がっちゃう。

 特に初代登場は、そのシーンに至るまでの3分間でカタルシスを生む構成が上手く出来ているだけに、凄く良い。今思い出しても涙腺が緩む。でも、今回のストーリーで、そこが盛り上がりの頂点になっても意味が無い訳で。DX2もそういう所があった。ブロッサムの決して諦めない心がレインボージュエルに勝る力を生み出すキッカケになる。そこが映画のクライマックスなのに、直前のプリキュアSSカタパルトの方がアガる、みたいなバランスの悪さ。


 全体から見た構成は良くないけど、個々の要素は良いのよ。アクションもギャグも決まってる(特にあゆみ達が走っている背景で、、、のシーンは素晴らしい!)。ホラー演出もカンペキ。オールスターズシリーズでありがちな、新プリキュアのコレジャナイ感も少ない。前プリキュアから新プリキュアへのプリキュア魂の継承をスマートに省略する台詞とか、相当好き。エンドロールは劇場で見られて嬉しいし、何よりオープニングと初代活躍シーンはアツイ。

 見るべき部分は沢山あるので、誰がどんなケチ付けようとも、プリキュアファンは見に行くべきよ。映画ハトプリの様な特大ホームランや、オールスターズDXの様なお祭りを期待せず、いつも通りのプリキュア映画を見るつもりで行けば、「思ったより良いじゃんコレ」となると思います。
[ 2012/03/17 19:24 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。