メモ

忘れっぽいです

フリーDL曲 2012/1/11

Ramen Noodles the EP by The Outfit



JONTI - SINE & MOON
http://stonesthrow.com/jonti
Jonti - Lost Machines by Stones Throw Records


Dream​/​Ecstacy by REKthereal
http://www.zshare.net/audio/98481208d2f841de/



JIM KONG ILL by Malkovich Music



& we could be quiet by One Lick Less




・「ストリートダンス TOP OF UK」日本語吹替@バルト9。
http://www.streetdancethemovie.jp/

 本名陽子さんの吹替目当て、という極めてプリキュア的な目的で見に行ったけど、面白かった。頭と技術をしっかり使って構成されたエンターテイメント。俺は凄く好きです。

 あまりにも"導入のための導入"に見える冒頭とか、いくらなんでもそのセリフは凡庸だとか、思う部分も有るけれど、それは見る人にきちんと伝わるよう丁寧に作った故、と好意的に捕らえました。分かり易く作っているけど、観客を見下す作りじゃないし。チームの結束が深まっていく姿をセリフを使わずダンス映像だけで見せるのとか、スマートだし客を馬鹿にしてない。モチロンそれを可能にするダンスの説得力は素晴らしい。

 王道ストーリーの背骨をビシッと引き締めるシャーロット・ランプリングの存在感も見事。思い返すとずっと同じ表情してるハリソン・フォードばりの省エネ演技だった気もするけど、凛とした立ち姿はハンパない説得力。

 カメラやカット割りが大人しくて、きっちりダンス見せてるのも良いなーと思ったら、元々3D映画なのね。納得。日本は2D公開のみだけど、ヘタに3Dメガネで煩わしい思いするより素直に楽しめるからOKでしょう。Tジョイ系は3Dメガネ重いし。日本語吹替オンリー公開は疑問も感じるけど、少なくとも俺は本名さん吹替じゃなかったら見なかった可能性大だからイイか。

 キネ旬の星取りに、製作者は暗い映画が多いイギリス映画の中で明るい映画をヒットさせたいという思いで作った、みたいな事が書いてあり、実際続編が作られる程の成功を収めている点も良いなーと思う。

 ちなみに「ワイルドスタイル」みたくストリートカルチャー描く側面は全く無いです。



・「ヘルタースケルター」映画版、もう公式サイトあるのね。
http://hs-movie.com/
岡崎センセーのコメントが読めるだけで嬉しいです。
[ 2012/01/11 20:41 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら