メモ

忘れっぽいです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フリーDL曲 2011/12/06

Warry Bhite by Warry Bhite



Return (O.G.) by big chris from austin


DAY & NIGHT EP. by Ta-ku
www.mediafire.com?1dwal1cdh754318



Beat Culture - Midori by Bad Panda Records



・「ピザボーイ 史上最凶のご注文」@109シネマズMM横浜。
http://www.pizza-boy.jp/

 常に気の利いたセリフで笑わせてくれるし、映画ネタのくすぐりも多くて、最後まで面白い。けど、あまりにもパンチが足りない。しゃがみ小キック延々当てられてタイムオーバーで対戦終わった、みたいな食い足りなさ。

 映画ネタは笑うけど、ほとんど会話で消化されるだけで"映画で見た知識が活きる!"みたいなギャグになってないんだよな。
劇中の会話で
「映画借りきたぜ、リーサル・ウェポン1、リーサル・ウェポン2、、、」
「明日があるから夜中に映画見てらんねーよ」
「じゃあCall of Dutyしようぜ」
「おっけー」
みたいなやり取りがあるけど、それこそこの映画見る時間でCODやった方がマシに思えるのが何とも。

 ゾンビランドみたいなラストの気持ち良さがあれば印象変わるんだけど。せめて最後、愛車で180°ターンをキメて爆破回避!って展開にすれば、中盤の盛り上がりポイントと呼応して燃えるのに。



・「50/50」@TOHOシネマズららぽーと横浜。
http://5050.asmik-ace.co.jp/

 難病モノ、でもとてもユーモラスに仕上がっていて、おかしいし、気持ち良く涙させてくれる。こちらも映画、TVドラマをネタにしたギャグ多し。表面的なギャグで終わらず、ちょっと昔のドラマネタを使ったせいで相手に通じない、というジェネレーションギャップを示して二重に笑えるネタにしてたりして、上手い。

 セス・ローゲン、アンジェリカ・ヒューストンなど良い俳優さん揃えてるだけあって演技良い。主人公の父親役サージ・ホードの表情演技は特に。アレだけで一気に涙腺ヤられた。そしてジョセフ・ゴードン=レビットのあの笑顔。あの笑顔があるから、しみったれたお涙頂戴にならず爽やかになる。彼のファンならメロメロになるだろうなー。



・「映画けいおん!」@TOHOシネマズららぽーと横浜。
http://www.tbs.co.jp/anime/k-on/

 50/50を挟んで二回見た。今週中に見ないと箱も小さくなるだろうし。

 2度目3度目の視聴なので、何が起こるか分かり切った上でひたすら甘美な女の子世界を堪能する110分。デカいスクリーン最前列真ん中で俺一人のモノとして享受する喜びったらないね。直前に卒業回見直した事もあって、初見時以上にガン泣き。

 それにしても"映画"に期待されるドラマを「てへぺろ☆(・ω<) 」する冒頭から映画的エンドロールを引き裂くエンドクレジットまで、ひたすらTVアニメけいおん!世界で在り続ける、強靭なディテールは素晴らしいわ。それでいて、最後の最後に映画らしいエンドロールを見せる心憎さもあって、たまらん。

 それにしてもエンドクレジットですよ奥さん。明らかに「さらば青春の光」ラストを意識したあの映像。「さらば青春の光」ラストで主人公がペスパを崖から落とす様に、彼女達は崖から白い薔薇を落とす。白い薔薇の花言葉は「無邪気、純潔」と、実に分かりやすく象徴的。映画本編をTVアニメの物語の範疇に収めファンを安心させながらも、エンドクレジットのPV的映像で本作がアニメ版けいおん!の最終コンテンツになっても落とし前が付くように出来てる、そのスマートさ。敬服します。
[ 2011/12/06 23:54 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。