メモ

忘れっぽいです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フリーDL曲 2011/07/20

Colder by SEVERAL SYMPTO



Lightmeout feat. Paranel by ogopogo


Meems by Treasure Hunt




・Mac Blu-ray Player、以前は数秒毎に再生停止して使い物にならなかったけど、バージョンアップしてようやく普通にBD見られる様になった。
http://www.macblurayplayer.com/


・「コクリコ坂から」@109シネマズ港北。
 あと二秒余韻を持たせればもっと良くなるのに、とか。一つカットを入れればもっと印象的になるのに、とか。そういう場面が多いし、やっぱり演出上手くないよな。でも、その演出の疎さ/物足りなさが主人公二人の関係性と完璧に重なっていて良かった。本当に良かった。

 アクションシーンの躍動感とか、親父と比べてしまったらそりゃあ全然ダメなんだけど、そのぎこちなさが人間臭くて良い。主演の長澤まさみのヘタさも酷いモンだけど、ヘタクソだからこそ「どうすればいいの?」という台詞に重過ぎない絶妙な無常さが出てた。あの台詞は良いよ。

 今、公式サイトのプロダクションノーツを見たら「どうすればいいの?」シーンとか、意図的に余韻を削ってるのか。大正解だな。全体的に余韻を作らない分、テンポは凄まじく良い。結構色んな要素を入れてるワリに、写真などの小道具を使ったり、日常描写の中にパパッと説明を入れ込んだりして、手際の良く見せているのも好感。かといって淡々としている訳でもなく、カルチェラタンのシーンはどれもテンション高くてアガる。スタッフロールも潔くてポイント高い。

 ジブリは宮崎駿&高畑勲のお陰で作家性で見られる土壌があるので、そう見られると批判されるのかもしれない。プログラムピクチャーを作る職業監督的な見方をすれば宮崎吾朗監督は面白くなっていきそうな感じがする。

 あとジブリヒロインズは可愛く思ってもハマりはしないんだが、今回の脇役メガネ美大生ヒロはヤバかったな。超好み。

 上映時間のほとんどは、「いい、やべ、これいいよ」とブツブツ呟く、涙目になる、ガチ泣きする、の、いずれかの状態で過ごした。俺はもう、相当好き。もう一回見たい。


・技術的な疎さが旨味になってるMADを見てるのに近いのかなー。MADの場合、素材自体は大抵悪くない訳で。コクリコもジブリらしい良ディテールの上で、ヘタな演出がハマってたな。
[ 2011/07/20 23:29 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。