メモ

忘れっぽいです

フリーDL曲 2011/06/10

ST 2 Lettaz-”Kiss the Sky” (prod. by Block Beattaz)
http://passionweiss.com/2011/06/09/st-2-lettaz-and-block-beattaz-kiss-the-sky/


Bestovitch Triple Alpha Process EP by VKRS


"cast of the moon" by Nemean Lion



Good Old Neon: Radiant City [Sample-free Version]




・今日はドリパス企画で出崎監督追悼「劇場版AIR」上映されるかもしれなかった日(全く目標数に届かなかったけど)。
http://www.dreampass.jp/deals/air/
もし今日スクリーンで見る事が出来たなら、どんな気持ちになったのだろう。そんな事を思いつつ他の映画を見る。

・「悪の華」@シアターイメージフォーラム。
 素晴らしいオープニング。その意味に二度気付かされる構成。映像で見せる、映像で惑わせる、という事を知り尽くしていながら、省略する所は映像に頼らずバッサリ言葉で語ってしまう。このオッサン映画監督の余裕、悶絶するほど格好良い。

・「ビヨンド・アワ・ケン」@渋谷シアターN。
 香港トップアイドルデュオであったTwinsのジリアン・チョン主演。俺がアイマス以前にハマった唯一のアイドルがTwinsだった。「香港でグループは売れない」という定説を覆す圧倒的な成功で次々とCDを出し、映画に出演しまくっていた頃、俺はCDも映画DVDも輸入盤で全て買って追い掛けていた。でもこの映画公開の頃、仕事が忙しくなってきて、本作のDVDを買いつつも積んでいた。

 やがて俺がアイマスにハマった頃に、ジリアンは男性アイドルとのプライベートなベットシーン写真をネットにバラまかれ香港芸能界から居なくなった。

 この映画「ビヨンド・アワ・ケン」は、ジリアン演じる主人公が元カレによってネット公開されたベットシーン写真を取り戻そうとする、という今見るとシャレにならないストーリー。

 元ファンとして、いたたまれない作品だけど、悔しいかなスクリーンに映るジリアンの可愛らしさは最高だった。「見習黒薔薇」と本作がジリアンの魅力を封じ込めた映画の最高峰だろう。お堅いメガネ姿のジリアン、ちょっとダサいファッションのジリアン、便所飯するジリアン、もう彼女を見ているだけで幸せ。悲しいけれど幸せ。
[ 2011/06/11 00:26 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら