メモ

忘れっぽいです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フリーDL曲 2011/05/19

MASTER MUSICIANS OF BUKKAKE | TOTEM 3
勇ましいバンド名だ。
http://www.importantrecords.com/releases/imprec333_release_page.htm


Yelawolf-”Kill My Nightmares”
http://passionweiss.com/2011/05/18/kill-yelawolfs-nightmares/


DE2MO by chvpa



Geoffrey Burleson: Vincent Persichetti Piano Sonata No. 9, Mvt. II



Thundercat-”For Love I Come”
http://passionweiss.com/2011/05/18/thundercat-ho/



・「悲しみのミルク」シネマジャック。
 冒頭、主人公の母の歌が凄まじい。自らが受けた最悪の体験を、美しい旋律とポエトリーリーディングの狭間を漂う節で歌う。壮絶な苦しみを背負いながら、それでもなお「思い出せないのは死と同じ」と歌う。
 それでも記憶と共に生きていく、というのは今年暫定ベスト映画ビーデビルをはじめ、ブルーバレンタイン、トゥルーグリットなど、今年の好きな映画に共通するテーマ。
 もう一つ今年の俺テーマとなっているのが地震後に菊地成孔が書いた「音楽は遍在性を強く示す営みで、時空を超えるという属性を持ちます。母親の鼻歌まじりの子守唄は、その時のその子にだけ届いているのではない」という文章で、星を追う子どもが妙に好きなのはその辺りも影響してる。悲しみのミルクも明確にそれを示していて、届いた結果に生まれる感情が肯定的な物だけではない、というのも良い。
 ネットで感想読んでスペイン語とケチュア語を使っているのが重要なのに俺は全然気付いてなかったりとか、相当見落としてる要素ありそうだけど、それでも印象深い映画だった。終わり方もいいなーと思ってたら、更に粋なエピローグがあったりしてナイス。

・溜まりまくったRSSと未読メール。Portal2の封も空けられない昨今、アイマスライブの一次抽選にも気付かないとかもうどうしようもない。ニコマスはご無沙汰してますが、アイマスのライブやクラブイベントには行きます。行きますのでチケットダブってる人は俺にください。
[ 2011/05/19 23:30 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。