メモ

忘れっぽいです

Point-to-Point​P一気見ニコ生をしました



Point-to-PointP a.k.a ねーむれすごんべ の人のアイマスMADを一気見する生をしました。
PtPPとqbさんは、個人的にMacユーザーPの二大巨頭として激リスペクトしておりまして、アイマス2前に一気見してみようと。懐古厨丸出しですね。


qbさんも質感の出し方が謎ですが、実はPtPPもかなり画質が謎なPでした。
初期はiMovie(winで言うとムービーメーカーみたいなソフト)で作っているんですが、妙に画質が良いんですよね。ソフトの性質上iMovieはイマイチ画質になりがちですが、QuickTimeProでレイヤーブレンドをして画をクッキリさせていた様です。MacのニコマスPでこんな事をしていたのは、PtPPだけなんじゃないかと思います。動画の編集もフィニッシュも、キメが細かい。


個人的にPtPP期の最高傑作だと思うのが、このMADです。
切り貼りだけのダンスPVは、体裁としてアイドルのライブ映像になるのが普通です。が、このMADは純粋な切り貼りダンスPVでありながら、ライブ映像というより、プロモーションビデオとして成立している。見事な組み立て方だと思います。
あと恐ろしい事に、これSD画質でキャプチャした映像を使っているんですよね。信じられない。


10年後半から、PtPPとしてではなく「ねーむれすごんべ」という別アカウントで動画を投稿する様になります。
このMADはもう、氏のプロモーションビデオ的方向の究極でしょう。今までも充分凄かったのに、HDキャプになったら本気で凄い。何せ、何もしなくてもこんなに凄いのですから。
僕も、同じような雰囲気の動画は作っているのですが、つい色調を弄ったりトリミングしたりしてハッタリを効かせてしまうのです。でも、このMADはただただ春香さんを映しているだけ。それで完璧。


そして、ニコ生では流しませんでしたが、現時点での最新作。
PtPPだったかーと、ヤられた感満載。以前Rezで作ってた事を考えると、こっちの選曲もあるよなぁ。
ワザと色んな人の作風を取り入れてる様な感じがしますね。俺とか、qbさんとかの。ただその二人と違って自録り出来るぶん、面白いカットを沢山入れられるのがズルイ!


まとめて見ても、ガチと小ネタが良いバランスで並んでいて、全然ダレなかったですねー。僕は3分以上の動画見るのがシンドイ人間なんですが、PtPPのは普通に見れちゃう、ふしぎ。
PtPPの丁寧なレイアウトと編集は、アイマス2MADの前に再び見る価値があると思います。僕のニコ生で見るとヴォイスがウザイので、元動画の方でじっくり見ておくと良いんじゃないでしょうか。
[ 2011/02/14 23:53 ] 好きなアイマス動画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かりふら