メモ

忘れっぽいです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2016年に出会ったもの

すっかり家に閉じこもっていた一年でしたが、インターネットのおかげでさほど困りませんね。そんな2016年の、出会えて良かったもの、
「あらまあステキじゃない!」と、
2016b.jpg
↑こんな顔になったものを、書きます。


1. 1970年のインド映画『Uski Roti
好みの映画に出会えた、というだけでなく、日本では全く知られていないけど、この世界にはマニ・カウルという凄い監督がいる、と発見した喜びが、とてつもなく大きかったです。


2. 今年の邦画『インターン!
「自分だけはこの良さが分かる!」なんて思っちゃうと、偏愛してしまいますよね。根強いファンがいるクソアニメって、そういう楽しみ方をしてる人が多いんじゃないかな。


3. アイドルマスター プラチナスターズ
一度は完全に興味を失ったアイマスのゲームを、今や毎日欠かさずプレイしてるんですからね。凄いことです。毎日やってるのにオーロラディーヴァ出ないってのも凄いことです。


4. ジョン・フォード監督作『太陽は光り輝く
映画はこれ一本あれば良い。なんて乱暴な事を思ってしまうほどの傑作。


5. Dyson Pure Hot+Cool Link
アフェリエイト枠。


6. 『この世界の片隅に
僕が昔ちょこっと付き合っていた女の子が自殺したと、風の便りに聞きました。事故で亡くなったカレシの後を追ったそうです。彼女には、母と兄がいて、三人暮らしの母子家庭でした。彼女が亡くなる前に、心の脆い人だった兄もまた、自殺しています。成人するまで育てた子が二人とも自殺し、それでも母親は以前と変わらぬパートタイムの仕事を続け、独り、暮らしています。その心境がいかなるものか、僕には見当もつきません。

『この世界の片隅に』を見て、僕はその事を思いました。玉音放送のシーンに、しれっと加わっている近所のおばちゃん、刈谷さん。
201606.jpg
劇中の刈谷さんは最初から最後まで表情を変える事なく、感情も表に出しません。しかし彼女もまた、我が身を呪うような後悔と悲しみの経験をしている人です。悲しみの度合いなど測れませんが、夫と弟を既に亡くし、その上あんな形で息子との今生の別れをして、一人残された彼女の状況は、主人公すずよりも悲惨かもしれない。でも彼女はこの物語の主人公ではないから、しれっとした顔をしながら一体何を思っているのか詳しく描かれる事はない。ただ、しれっとした顔で生きている、という事が提示されるだけ。

「うちしか持っとらん それの記憶がある」
すずが言う通り、人は誰しも、その人しか持ち得ぬ記憶を抱えています。人は記憶の器かもしれない。でも、この世界の片隅にいるほとんど全ての人は、物語の主人公のように記憶を器から外に出すこともなく、しれっとした顔で生きていきます。だから僕には、二人の子を亡くそうと今日も変わらずパートのおばちゃんでいるあの母親が、どんな記憶を抱え、どんな心境でいるのか、見当もつきません。

あなたからすれば、僕もそうですし、僕からすれば、あなたもそうです。しれっとした顔で生きている。でも、一人一人それぞれに記憶を抱えている。
記憶を器から出す必要があるのか、僕には分かりません。良い事ばかりとは思えないからです。共有された記憶は歴史となり、時に憎しみや論争も生みます。
それよりも大切なのは、「うちしか持っとらん それの記憶」を誰もが抱えていると認識する。そういう事だろうと、僕は思います。あなたの大切な人であろうと、あなたが気にも留めない人であろうと、あなたを攻撃する人であろうと、あなたが攻撃する人であろうと。もちろん僕自身、あなた自身も。
そしてもう一つ大切なのは、消えてしまいそうな器の記憶に思いを馳せること。この作品がそうであるように。


7. なーんて事を思わなければやっていけない程度に、他人が怖くて仕方がない僕にとって、とてもパーソナルな映画になったのが日活ロマンポルノの名作として名高い『人妻集団暴行致死事件』でした。最近は「もう映画の感想や解説、製作の裏話やインタビューは見ない!俺はただそこにある映画だけを見る!」と言う映画需要スタイルを心がけていますが、人様に評価されている物はやっぱり良い事が多いですね。


8. 『バズビー・バークリーの集れ! 仲間たち
1943年12月公開のミュージカル映画。すずの記憶で言えば、彼女に縁談が持ち込まれた時期に、アメリカではこんな狂乱の映像がスクリーンに映し出されヒットしていたんだなぁ。


9. Davis Ayer
とてもユニークな写真家さんです。


10. 東方同人誌
タイトルの字数順に
上元』サークル:砂亭
ゆめゆめわするる』サークル:風前ランプ
親愛なるラプンツェルたちへ』サークル:paseri
特に響いた三冊です。簡単な感想は追記に。感想、というより印象ですが。




では、以下に追記として、それぞれについてもう少し書きます。
スポンサーサイト
[ 2016/12/16 20:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)

2017年1月公開映画チェック、前半

長々書いてると後半ダレるので、ひと月を二回に分割。

今年もヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で「未体験ゾーンの映画たち2017」開催。この企画で上映される映画はこの記事ではあまり取り上げませんが、相変わらず楽しそうな映画が揃ってますね。netflixで既に見られる作品も混じってますが。個人的には、日本ではビデオスルーすら無いかも、と思っていたゾーイ・カザン主演ホラー『ザ・モンスター』がラインナップに入っているのが嬉しいです。
http://aoyama-theater.jp/feature/mitaiken2017

新作公開される監督はヴェルナー・ヘルツォーク、マーティン・スコセッシ、ゲイリー・マーシャル、オリバー・ストーン、トッド・ソロンズ、アントワン・フークア、ギャヴィン・オコナー、スコット・デリクソン、フィリップ・ガレル、ホセ・ルイス・ゲリン、ニコラス・ウィンディング・レフン、ドゥニ・ヴィルヌーヴ、チャウ・シンチー、ロウ・イエ、ジョニー・トー、ダンテ・ラム、キム・ギドク、瀬々敬久、園子温、白石和彌、市井昌秀。
アクの強い、ってかアクしかないような監督だらけで笑みがこぼれます。

リマスター版上映は、矢野顕子の名盤収録風景ドキュメンタリー『SUPER FOLK SONG ピアノが愛した女。』、ヴィスコンティの『郵便配達は二度ベルを鳴らす』『揺れる大地』、加藤泰監督の遺作『ざ・鬼太鼓座』。
そして何とキン・フー『残酷ドラゴン 血斗竜門の宿』『侠女』の4Kデジタル修復版が。武侠好きもシネフィルも必見の作ですが、東京はユーロスペース上映ってのが寂しいですね。
あと、新規リマスターではなさそうですがゴダールの『はなればなれに』もやるみたい。
http://mermaidfilms.co.jp/hanarebanareni/

リマスターではないですが、デヴィッド・ボウイがジギー・スターダストを封印したライブを収めた『ジギー・スターダスト』を、全曲寺尾次郎の歌詞字幕付きで公開。
マッドマックス 怒りのデス・ロード』のモノクロ版が、ブラック&クロームエディションとして公開。

http://eiga.com/coming/


1/6(金)
ダーティ・グランパ
http://dirtygrandpa.jp/
ロバート・デ・ニーロとザック・エフロン主演の、バディ物でロードムービーなコメディ。監督は、多くのサシャ・バロン・コーエン映画で製作や脚本を勤め、『ブリジット・ジョーンズ』最新作にも脚本参加のダン・メイザー。


NERVE 世界で一番危険なゲーム
http://www.start-nerve.jp/

与えられた指令をクリアすれば多額の賞金が手に入る、オンライン度胸試しゲーム。次々とクリアし、お金は入るし、一躍ネット有名人になるしでダラダラビルヨーだわ!と続けていくと指令はどんどん危険なモノになっていく。
もらえるゼニと比例して課題が危険になるゲーム、みたいなお話はいろんなジャンルでよくありそうですね。映画だと、タイの『レベル・サーティーン』なんてのがあります。本作は、ガッツリSNSを絡めてる点がユニーク。ヤングアダルト小説が原作なので、『ディス/コネクト』みたいな重みは無いでしょうが、軽薄さがむしろ題材と合っていそうな気がします。ネオンがギラギラ、ライトがギンギンな映像も面白そう。

監督は、フェイスブック上で架空の自分を演じきる女性を追った『Catfish』や、『パラノーマル・アクティビティ』シリーズの3,4作目を担当したヘンリー・ジュースト&アリエル・シュルマン。
過去作が企画力重視な変化球ドキュメンタリーと、たまに人がビョーンとぶっ飛ばされるのを楽しむだけのビックリ箱映画なので、普通の映画演出できる人たちなのか全く解らないですね。一応、『パラノーマル』シリーズで一番面白いのは彼らが監督している4作目だとは思いますが、アレは演出や脚本うんぬんじゃなく、クライマックスの勢いでそう感じさせてるだけだもんなぁ。



1/7(金)
ミューズ・アカデミー
http://mermaidfilms.co.jp/muse/
シルビアのいる街で』ホセ・ルイス・ゲリン監督脚本撮影。ドキュメンタリーとフィクションの境目を漂う映画、だそうです。僕がこの監督の映画で一番好きな『工事中』も、街のドキュメンタリーを撮るために人はフィクショナブルに演出してしまう、という奇妙なドキュメンタリーでした。今回も面白そうです。
なお、ホセ・ルイス・ゲリン監督特集上映も各地で順次開催されます。日本人気の高い監督なので過去作が上映される機会はちょくちょくありますが、短編作品も見られるのは珍しいですね。


アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男
http://eichmann-vs-bauer.com
二次大戦後、逃亡したアドルフ・アイヒマンはモサドによって発見、拘束される。その捕獲作戦のきっかけを作った、一人のドイツ人検事のお話。主人公となる検事を演じるのは『白いリボン』牧師役のブルクハルト・クラウスナー。


パシフィック・ウォー
http://pacific-war-movie.com/

のちに広島長崎へ落とされる原爆の巡洋艦輸送という極秘任務、日本軍との戦闘、艦の沈没、太平洋漂流、サメの襲撃、極秘任務ゆえに遅れる救援、艦の喪失を問う軍法会議、、、と実話ベースとは思えないほど盛りだくさんな映画。

映画の舞台である巡洋艦インディアナポリスは、映画『ジョーズ』で主要人物3人のうちの一人、鮫狩りおっさんクイントが乗っていた艦。原作小説の『ジョーズ』には無い、映画オリジナルの設定だそうです。
ジョーズ』にこの艦の逸話が盛り込まれた事により、事件から50年後に、インディアナポリス撃沈とそれに伴う軍法会議は改めて注目されます。こうして映画化されるのも『ジョーズ』があったからこそ、かもしれません。

ニコラス・ケイジ主演。監督は『ニュー・ジャック・シティ』マリオ・ヴァン・ピーブルズ 。最近の監督作は『シューター 無限射程』『レッド・スカイ』と、パッとしない感じです。
制作体制次第では『ハドソン川の奇跡』みたく扱えそうな題材ですが、VFXの質感やスタッフのメンツを見ると、バジェット少なそうな雰囲気。


アンダーワールド ブラッド・ウォーズ
http://bd-dvd.sonypictures.jp/underworldbloodwars/
不思議と安定した興行収入をキープしている、ケイト・ベッキンセール主演のシリーズ5作目。監督はアンナ・フォスター。エメリッヒ監督作や『ピッチ・ブラック』で撮影やVFXを担当してきた人。


壊れた心
http://tokyonewcinema.com/works/ruined-heart/
浅野忠信主演、クリストファー・ドイル撮影、セリフ無しのフィリピン映画。マフィアの情婦と足抜けする殺し屋、愛と破滅の逃避行なノワール。


The NET 網に囚われた男
http://www.thenet-ami.com
キム・ギドク監督脚本撮影制作。
ボートの故障で南側に侵入してしまった北朝鮮の漁師。北のスパイではないかと暴力的な取り調べを受け、韓国への亡命を持ちかけられ、それでも北にいる妻子の元へ帰るべく耐え続ける。
キム・ギドクは脚本作の『プンサンケ』『レッド・ファミリー』では既に南北朝鮮問題を扱っていますが、監督作で直接テーマにするのは初めてかな。


疾風スプリンター
http://shippu-sprinter.espace-sarou.com
自転車ロードレース映画。
香港のダンテ・ラム監督脚本原案。メインキャストは台湾、中国本土、韓国の若手。作品の舞台は台湾で、製作は香港中国合作。
手間もお金も随分かかりそうな実写ロードレース映画、以前の香港映画界で作るのは難しかったかもしれません。中国資本が入る様になった今だから実現できた企画、という気がします。


ドラゴン×マッハ!
http://asian-selection-movie.com/china/index.html

こんなタイトルですが『SPL 狼よ静かに死ね』の続編。とはいえ、物語としては繋がっていない様です。もう予告編から『SPL』の名にふさわしい傑作の予感がビンビンします。
今回は『マッハ!』のトニー・ジャーと、前作『SPL』で素晴らしいアクションを見せたウー・ジンが共闘。ハリウッドではイマイチ良い見せ場を作ってもらえないトニー・ジャーですが、香港なら間違いないでしょう。


人魚姫
http://www.ningyohime-movie.com

チャウ・シンチー監督脚本。
リゾート開発計画のため海を埋め立てようとしている若き実業家を暗殺すべく、美しき人魚が送り込まれるも、互いに恋に落ちてしまい、、、というファンタジックでロマンスなコメディ。もとより面白い映画しか撮っていないチャウ・シンチーですが、今回は特に良さそうな。
主題歌はアダム・チェンと、チャウ・シンチー映画お馴染みのカレン・モクがデュエット。


ホワイト・バレット
http://shinjuku.musashino-k.jp/movies/1039/
ジョニー・トー監督作。病院のワンフロアを舞台にしたサスペンス&アクション。出演はルイス・クー、ヴィッキー・チャオ、ラム・シュなど。


僕らのごはんは明日で待ってる
http://bokugoha.com

恋愛小説原作デート映画。監督脚本『箱入り息子の恋』市井昌秀。
昨年公開映画のマイベスト『インターン!』主演の新木優子が出てるから見ようかなー程度の考えでしたが、予告編見たら、この手の映画としては相当良い部類に入りそうな雰囲気で本気で楽しみになってきました。ヘンに格好つけた画作りをせず、王道な肩ナメの切り返しを丁寧に使ってるのとか、主人公がダッシュして入る建物の入り口でモブとすれ違わせるのとか、映画の肝をしっかりと掴んだ演出撮影が出来るスタッフの仕事、という感じがします。
撮影は関将史。『ちょっとかわいいアイアンメイデン』などの吉田浩太監督作の常連。市井昌秀監督とも『無防備』、そして3月公開の『ハルチカ』で仕事しています。これから名前をよく見る撮影監督さんになりそう。



1/13(金)
ネオン・デーモン
http://gaga.ne.jp/neondemon/
ニコラス・ウィンディング・レフン最新作。人によって全く賛否が異なる映画らしいので、『ブロンソン』『ドライヴ』方向ではなく、『オンリー・ゴッド』タイプの抽象的な作品なのかもしれません。
撮影は『悲しみのミルク』『シルビアのいる街で』ナターシャ・ブレイア。ネオンぴかぴかな画とは正反対な、陽光の中の人物を綺麗に撮る印象があるので、ちょっと意外な人選という感じ。



1/14(土)
静かなる叫び
http://aoyama-theater.jp/feature/mitaiken2017
プリズナーズ』『複製された男』そして『ブレードランナー2049』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作。日本未公開の2009年制作映画を「未体験ゾーンの映画たち2017」で上映。
大学で突如起こった銃乱射事件、その中を生き残った二人の女性のお話。
本作の次に監督したのが『灼熱の魂』ですか。年1ペースでヘヴィな映画撮り続けるなんてタフな監督だわ。


トッド・ソロンズの子犬物語
http://koinu-story.jp/

「子犬物語」だなんてキュートな子犬映画を装ってるけど、トッド・ソロンズの作風を知っていると途端に悪意に満ちたタイトルとして響く、実に良い邦題。ぜひ、勘違いして見に来てゲンナリしたり激昂する観客を生んで欲しいものです。
出演はダニー・デヴィート、エレン・バースティン、ジュリー・デルピー、キーラン・カルキンなど。ダニー・デヴィートはいかにもトッド・ソロンズ映画な顔してる人なので当然相性良いでしょうが、最近のジュリー・デルピーもメッチャ合うでしょうね。


天使にショパンの歌声を
http://tenshi-chopin.jp

ケベックの寄宿学校。そこは小さいながらも音楽教育に力を入れる名門女子校だったが、ケベックの教育方針や修道院による運営が厳しくなり閉鎖の危機に。そこで彼女たちは、音楽で世論を味方につけるべく音楽イベントを計画する。
と、よくある、でもやっぱり見たくなっちゃうプロットのカナダ映画。日本に入ってくるカナダ映画は、偽アメリカ映画みたいな作品が多いので、こうキッチリとカナダ映画なカナダ映画が見られるのも嬉しいですね。
映画の鍵となるピアニストの少女を演じるライサンダー・メナードは実際にカナダの実力派若手ピアニスト。他のキャストの演奏合唱も吹き替えなし。この手の映画でついつい気になる「このカット、別人がやってるんだろうなぁ」は無さそうです。


ブラインド・マッサージ
http://www.uplink.co.jp/blind/
スプリング・フィーバー』『二重生活』ロウ・イエ監督作。盲人マッサージ院を舞台にした激しい人間模様を描く。


本能寺ホテル
http://www.honnoji-hotel.com/

主演綾瀬はるか堤真一、監督鈴木雅之、脚本相沢友子と『プリンセス トヨトミ』のスタッフで、タイムスリップして歴史改変しちゃうかもミステリー。予告編から映画の横長な画面を使いあぐねている感じが伝わってきて微笑ましいです。しかし『プリンセス』は興収16億で、特別良い成績だったとも思えませんが、さらにお金かかりそうなタイムスリップ物作っちゃうんですねぇ。


牝猫たち
http://www.nikkatsu-romanporno.com/reboot/felines/
日活ロマンポルノ、リブート企画シリーズ。監督脚本『凶悪』白石和彌。
ロマンポルノ最初期の田中登監督作『牝猫たちの夜』へのオマージュを込めたタイトルと設定ですが、軽みのある田中登監督と違い、ずしっと重そうな雰囲気が予告から漂うのがこの監督らしいです。


動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊
http://zyuoh-vs-ninnin.jp
竹本昇監督、香村純子脚本。公式サイトも予告編も情報が少ないので「スーパー戦隊は時々映画版を見るだけ」な僕には今回の売りが分からないですが、メインスタッフ的にはかなり良さそうな。竹本監督の『トッキュウジャー ギャラクシーラインSOS』は併映のライダー映画を食ってしまう傑作だったし、プリンセスプリキュアの香村脚本回は外れナシだったし。


GARAGE ROCKIN' CRAZE
http://garage-rockin-craze.net
東京ガレージパンクシーンのドキュメンタリー。

[ 2016/12/30 08:34 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
プロフィール
Author:かりふら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。