メモ

忘れっぽいです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『龍三と七人の子分たち』『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃』『フォーカス』

・『龍三と七人の子分たち
http://www.ryuzo7.jp

監督、脚本、編集:北野武
音楽:鈴木慶一
出演:藤竜也、近藤正臣、中尾彬、品川徹、樋浦勉、伊藤幸純、吉澤健、小野寺昭

北野武は「狙いに行ってる映画」製作モードになると、作品もしくは観客に寄り添ってしまい、映画と自身の距離感を欠いてしまう印象があります。
見てるコッチが恥ずかしくなる『みんな~やってるか!』や、過去作に縛られまいとして逆にがんじがらめな『座頭市』みたく、ヘンに力んだり、『菊次郎の夏』や『アウトレイジ』後半のように、サービス精神が空回りしたり。

しかし今回は、娯楽作を狙いに行きながら、観客に寄り添おうなどというウザいサービス精神が薄くて、良い感じです。全く面白く無いコメディシーンもありますが、見てるコッチが恥ずかしくなるほどキッツイ事態にはなっていません。
最近の映画にありがちな「主人公とその仲間たちはみんな幸せになりました」系エピローグが無いのも嬉しいです。肩肘張って無いプログラム・ピクチャーの佳作って感じ。楽しかったです。



・『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃
http://www.shinchan-movie.com/

監督:橋本昌和(『レイトン教授と永遠の歌姫』『映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』)
脚本:うえのきみこ(『映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』)
ゲスト声優:坂本真綾、平田広明、堀内賢雄、浪川大輔
芸能人声優:指原莉乃、日本エレキテル連合



野原一家で王道モンスター・パニック映画をやったら、ちゃんと怖くて、沢山笑えて、ベラボウに面白い傑作になってしまいました、という一作。さしずめモンスター・パニック版『ショーン・オブ・ザ・デッド』とでも言いましょうか。マジでモンスター・パニック映画史に残るレベルの出来です。
個人的にも、クレしん映画TOP3入りするかもしれません(ちなみに上から『雲黒斎』『ブタのヒヅメ』、そして今回の最新作か『カスカベボーイズ』って感じ)。

モンスター・パニックの定番ネタを次々と繰り出しつつ、「クレヨンしんちゃん」のお約束も(映画ではあまり出さないネタも含め)コレでもかと見せてくれるのがまた凄い。人喰いサボテンたちが割と本気でブキミなので、おなじみのネタが繰り出された際の安堵感が大きく、緊張と緩和の落差が効いていました。

導入パートの引っ越しで、なかなか劇場版に出てこないキャラが顔見せしてくれるのも嬉しいです。ななこおねいさんなんて『ヤキニクロード』以来12年ぶりの映画出演だそうで、先代の声優さんが亡くなられたので今は伊藤静がCVなんですね。園長先生役の納谷六朗さんも昨年亡くなりましたが、本作ではちゃんとセリフ有りで登場。本作が遺作になるのかな。しんのすけと組長のやりとり、シンプルだけど、泣けました。

さらに前作『ロボとーちゃん』に引き続き、今回も野原みさえが抜群に良いんですよね。前作では妙に「女」としての魅力を出していたみさえですが、本作では揺るぎない家族の精神的支柱として素晴らしいセリフを披露。男の身勝手をビシッと諌めるみさえ、格好良かった。



・『フォーカス
http://wwws.warnerbros.co.jp/focus/

原題 "Focus"
監督、脚本:グレン・フィカーラ&ジョン・レクア(『ラブ・アゲイン』)
出演:ウィル・スミス、マーゴット・ロビー(『ウルフ・オブ・ヲールストリート』)



監督の前作『ラブ・アゲイン』は「ダメ夫改造計画映画かと思いきや実は、、、」と観客の予想を裏切る怒涛の展開が待っている、その意外性が非常に効いている傑作でした。

今回は詐欺師モノなので、ストーリーの意外性/どんでん返しがあるのは当然、という状況の上で、あえてストレートにラブロマンスをやってしまう感じ。それでいて、前作でも見せた「まさか繋がると思っていなかった点と点が一本の線で繋がれる」という驚きもある、なかなかの佳作。
スポンサーサイト
[ 2015/05/02 13:52 ] 映画鑑賞記 | TB(0) | CM(0)

『シンデレラ』

シンデレラ
http://www.disney.co.jp/movie/cinderella.html

原題 "Cinderella"
監督:ケネス・ブラナー
脚本:クリス・ワイツ(『アバウト・ア・ボーイ』)
出演:リリー・ジェームズ、ケイト・ブランシェット、ヘレナ・ボナム=カーター



・散々使い古されたベタベタでマンネリなストーリーであっても演出が良ければ何度でも楽しめる、というお手本のようなド直球シンデレラ物語。『フランケンシュタイン(1994年版)』然り、『マイティ・ソー』然り、大仰で王道な映画を監督する時のケネス・ブラナーは、演出やお話にムダが無く、それでいて大作らしいボリューム感を損なわない、良い仕事します。

・映画内の悪を一身に引き受ける継母役ケイト・ブランシェット様さすが。『サンセット大通り』のグロリア・スワンソンを思わせる階段立ち姿、お美しゅうございました。

・あまりにも王道なシンデレラなので、鑑賞中にふと他のシンデレラ型ストーリーの映画を思い出し、比較してしまう事が何度かありました。この映画みたいに「変身シーンのカタルシス」「多くの助けを得ながらも、最後は自分の足で目的地に到達する」をしっかり演出してくれたら『映画プリキュアASNS1』も傑作になれたのになぁ、とか、シャブロル監督の一家惨殺映画『沈黙の女』って構造は正統派シンデレラ・ストーリーだったんだなぁ、とか。

・同時上映の短編『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』は、アナxエルサ中心アナ雪オールキャラのギャグ同人誌みたいなお話で、微笑ましかったです。
[ 2015/05/15 20:36 ] 映画鑑賞記 | TB(0) | CM(0)

2015年6月注目映画チェック

http://eiga.com/coming/

6月。何と言っても『マッドマックス』最新作公開が大きいですが、他にも個性的なタイトルが並んでおります。
6月新作公開される主な監督はマイク・リー、ブラッド・バード、是枝裕和、瀬々敬久、三池崇史、園子温、呉美保、中村義洋、白石晃士、西村喜廣、坂本浩一。
アニメは『台風のノルダ』『ラブライブ』『攻殻』『進撃の巨人』。
春休み&ゴールデンウィークが終わったので、これと言ったファミリー向け映画はナシ。



6/1(月)
ベアリー・リーサル
http://www.finefilms.co.jp/barely/
BarelyLethal.jpg
殺し屋養成学校で育った少女が、普通の生活を求めて高校に潜入するアクション・コメディ。キルミーベイベーかな?
監督は『ファンボーイズ』のカイル・ニューマン、主演はヘイリー・スタインフェルド。共演ジェシカ・アルバ、サミュエル・L・ジャクソン、STEVE-O。
ヘイリー・スタインフェルドは『トゥルー・グリット』以降、彼女の良さが活きる役に巡り合えていない印象がありますが、今回は垢抜けないフェイスとオーバーアクトがハマりそう。



6/5(金)
ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス
http://www.hungergames.jp/
シリーズ完結編二部作の前編。ややこしい。最終作である次作が、フィリップ・シーモア・ホフマンの遺作になるようです。
ジェニファー・ローレンス、リアム・ヘムズワース、ウディ・ハレルソン、ジュリアン・ムーア、ドナルド・サザーランドと、キャストはホント豪華。


靴職人と魔法のミシン
http://kutsushokunin.jp/
靴を履くと、その靴の持ち主に変身できる、という設定のアダム・サンドラー主演ヒューマン・コメディ。アメリカの観客は嫌いそうだなぁと思ってロッテン・トマト見たら、案の定11%と低評価。
日本の観客はアダム・サンドラーに嫌悪感無いでしょうし、共演もダスティン・ホフマン、スティーブ・ブシェミ、メソッド・マンと豪華だし、素直に「心温まるヒューマン・コメディ」として評価されそう。


台風のノルダ
http://typhoon-noruda.com/
noruda.jpg
スタジオコロリド最新作。監督はジブリ出身の新井陽次郎、キャラデザと作監は『フミコの告白』の石田祐康。コロリドの短編アニメ『陽なたのアオシグレ』の、監督と作監が入れ替わったシフトです。



6/6(土)
トゥモローランド
http://www.disney.co.jp/movie/tomorrowland.html
ディズニーランドのアトラクション映画化シリーズ最新作。「トゥモローランドはウォルト・ディズニーが残した、人類の未来を救うためのナニだったんだよ!」という、ストーリーだけ見るとMMRなキケン物件ですが、監督が『アイアン・ジャイアント』のブラッド・バードとなれば話は別。楽しい画を見せてくれそうです。主演はジョージ・クルーニー。


戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ!FILE-01 恐怖降臨!コックリさん
http://www.albatros-film.com/movie/cho-kowasugi/
前シリーズ最終章では宇野祥平のセリフにまんまと泣かされました。新シリーズも楽しみです。ニコ生では6/13(土)に上映。


予告犯
http://yokoku-han.jp/
中村義洋監督作。出演は生田斗真、戸田恵梨香。


セブンデイズ MONDAY→THURSDAY
http://sevendays-movie.com/
橘紅緒 原作、宝井理人 作画のBLコミック実写映画化。監督は『タクミくんシリーズ』の横井健司。脚本は高橋ナツコ。


あなたをずっとあいしてる
http://anatawozutto.com/
anatawozutto.jpg
クソ泣かせ恋愛死別映画みたいなタイトルでこの画、ってギャップがイイすね。声優陣は竹内順子、山口勝平、かかずゆみ、と豪華。



6/8(月)
ザ・ナイトメア
新宿シネマカリテの特集企画「カリコレ2015」上映映画。
キューブリックの『シャイニング』をトンデモ分析/解釈をする人々を取材したドキュメンタリー映画『ROOM237』の監督ロドニー・アッシャー最新作。今回は悪夢や金縛りの真相を究明するノンフィクションホラー、だそうで。またまたアレな映画っぽくて、楽しみ。



6/12(金)
ザ・レジェンド
http://the-legend.jp/
ニコラス・ケイジ&ヘイデン・クリステンセン主演、中国が舞台の剣戟映画。最近のニコラス・ケイジ主演のジャンル映画って、邦題の付け方が雑だわ。

主演二人の髪型が酷い。



6/13(土)
しあわせはどこにある
http://shiawase-movie.com/
サイモン・ペッグ主演、ロザムンド・パイク共演。精神科医の主人公が、「幸せ」とは何かを知るために世界各地を旅する、というサイモン・ペッグ版『LIFE!』な感じの映画。監督はリチャード・ギア版『Shall we Dance?』のピーター・チェルソム。わりと公開館多い。


ハイネケン誘拐の代償
http://kidnapping.asmik-ace.co.jp/
ハイネケンの経営者が誘拐された実在の事件を映画化したクライム・サスペンス。
ハイネケン経営者役はアンソニー・ホプキンス。誘拐犯グループはジム・スタージェス、サム・ワーシントンと素晴らしいメンツ。監督は『ミレニアム』シリーズの2と3を監督したダニエル・アルフレッドソン。この監督、弟が『ぼくのエリ』のトーマス・アルフレッドソンなのね。すごい兄弟だ。


鰻の男
http://albatros-film.com/movie/unagino-otoko/
製作総指揮&脚本キム・ギドク。


海街diary
http://umimachi.gaga.ne.jp/
傑作漫画を生み出し続ける吉田秋生の最新シリーズを、是枝裕和監督で実写映画化。これは良いでしょう。


白魔女学園 オワリトハジマリ
http://www.shiromajo.jp/
でんぱ組.inc主演、坂本浩一監督、吉田玲子脚本の『白魔女学園』続編。前作は、いつもの東映特撮低予算映画クオリティではありましたが、ダークでクセのある設定はちょっと良かったです。
今回は戸松遥が「伝説に謳われる最初の魔女」という役で出演。市道真央(M・A・O)も出てるし、声優ファン的にもちょっと注目ですね。


ライアの祈り
http://raianoinori.com/
現代の青森県と夢の中の縄文時代、2つの時代をつなぐ男女の運命的な出会いと絆を描いた映画。スピリチュアル系かと思ったけど、マトモな映画っぽい。今夜が宇梶、鈴木杏樹主演。共演に武田梨奈。
raiagaiyo.jpg
http://raianoinori.com/gaiyou2.html
公式サイトの「作品概要」をクリックすると真っ先に支援者の名前がズラズラっと出てくるのを見ると、何とも言えないわびしい気持ちになります。


さかなクン研究所 さかなの世界へレッツギョー! 飛ぶ!闘う!踊る!編
http://www.sakanakun-movie.com/

イオンシネマでちょくちょくやってる、おこさま向け映画シリーズ。「**編」って事は続編あるんでしょうね。
さかなクンさんボイスを映画館で浴びるのはかなりパンチありそうですが、イオンシネマはおこさま向け映画の音量小さくしちゃうんだよなー。


ラブライブ!The School Idol Movie
http://www.lovelive-anime.jp/
全く見た事ない、と思ったけど、イエサブさんのイヌコラ動画でOP見てるな。




6/19(金)
20歳よ、もう一度
http://20again-movie.jp/
昨年の傑作韓国映画『怪しい彼女』と全く同じ「70歳のおばあちゃんが写真館で写真撮ったら20歳に若返っちゃった」という設定の中国映画。『怪しい彼女』は青春&家族映画でしたが、中国版は恋愛要素強めになってるっぽい。


たこ焼きの詩
http://takoyakinouta.com

「大阪の山善が自社商品を紹介するネットムービー「YAMAZENジェネリック家電」で製作・公開した同名の短編作品がもとになっており、たこ焼き器や扇風機といった家電製品が主人公の幸せを呼び込むキーアイテムとして描かれる」、、、キツそうな物件ですね。画作りの陳腐さ、家族演技の嘘臭さ、近兼拓史監督の本人が本人のwikipedia記事書いてそう感などなど、どこを取ってもヤバそう、ぜひ見たい。


6/20(土)
マッドマックス 怒りのデス・ロード
http://wwws.warnerbros.co.jp/madmaxfuryroad/
待望のシリーズ4作目。ダサいサブタイトル良い。


ターナー、光に愛を求めて
http://www.cetera.co.jp/turner/
turner.jpg
英国ロマン主義の画家、ターナーの半生記。『ヴェラ・ドレイク』『家族の庭』のマイク・リー監督脚本最新作。今月公開作で一番見たい映画。


皇帝のために
http://emperor.ayapro.ne.jp/
野球賭博スキャンダルで球界を追放された元野球選手がヤクザな世界に足を踏み入れていく、という韓国ノワール映画。『新しき世界』のパク・ソンウン(アリとキリギリスの小さい方似のあの人)出演。


極道大戦争
http://www.gokudo-movie.com/
gokudomaddog.jpg
ザ・レイド』のマッド・ドック役、ヤヤン・ルヒアンが出ているというだけで大いに見る価値のある、三池崇史監督作。Vシネで無茶やってた頃の三池崇史映画っぽい匂いがします。


虎影
http://www.torakage.com/
主演斎藤工、監督西村喜廣、脚本は西村喜廣&継田淳。西村映造感あふれるメンツによる、シリアスな忍者アクション。


呪怨 ザ・ファイナル
http://www.juon-movie.jp/
シリーズ最終作、と言われても「はあ、そうですか」としか言いようのないシリーズ最終作。『呪怨 終わりの始まり』に引き続き落合正幸が監督脚本。
toshiodarake.jpg
予告編見た感じ、『貞子』みたく、としお君が出てくるシーンが全部ギャグシーンになっちゃってますね。


KIRI 「職業・殺し屋。」外伝
http://kiri-movie.com/
6月2本目の坂本浩一監督作。釈由美子主演。西川秀明の漫画「職業・殺し屋。」を原案とした映画。倉田保昭出てます。


攻殻機動隊 新劇場版
http://kokaku-a.jp/
この前やってた新シリーズの劇場版らしいです。



6/27(土)
オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分
http://www.onthehighway.net/
高速道路を走る主人公ただ1人が86分間にわたって映し出されるワン・シチュエーションのサスペンス映画。設定だけのクソ映画になりかねない所ですが、主演はトム・ハーディ、監督脚本は『イースタン・プロミス』の脚本家にして、ジェイソン・ステイサム映画屈指の傑作『ハミングバード』監督脚本を担当した才人、スティーヴン・ナイトなので期待できそう。


COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック
http://liveviewing.jp/cobain/
カート・コバーンのドキュメンタリー。
配給はライブ・ビューイング・ジャパン。前売券2000円、劇場販売2200円とかいうクソ価格設定してますね。普通のドキュメンタリーなんだから、イベント上映形式じゃなくて普通に公開してくれりゃいいのに。


ラブ&ピース
http://love-peace.asmik-ace.co.jp/
園子温監督作。予告編見ると『へんげ』感ありますね。そこにストレートな恋愛要素も入れた感じ。デタラメな映画っぽくてスゲー良さそう。


きみはいい子
http://iiko-movie.com/
そこのみにて光輝く』の呉美保監督作。


ストレイヤーズ・クロニクル
http://wwws.warnerbros.co.jp/strayers-chronicle/
瀬々敬久が監督する、超能力者バトル物。和製X-MENって感じでしょうか。脚本は『桐島』の喜安浩平。アクション監督下村勇二。キャストは岡田将生、染谷将太、成海璃子、松岡茉優、白石隼也など、豪華な若手が揃っています。


劇場版「進撃の巨人」後編 自由の翼
http://www.shingeki.tv/
劇場版二部作の後編。
[ 2015/05/31 12:30 ] 映画 | TB(0) | CM(2)
プロフィール
Author:かりふら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。