メモ

忘れっぽいです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『幕が上がる』『ドラえもん のび太の宇宙英雄記』

・『幕が上がる
http://www.makuga-agaru.jp

監督:本広克行
脚本:喜安浩平(『桐島、部活やめるってよ』)
原作:平田オリザ
出演:ももいろクローバーZ、黒木華



良くも悪くも、本広克行監督らしい仕上がり。
この監督の悪癖である、常に画面に動きがないと死んじゃう病は、今回も健在。カメラは常に動き続け、演技演出は常に大袈裟。「常に面白い映画」であろうとして、メリハリを失い単調になる、いつもの調子です。

おかげさまで前半はなかなか退屈だったのですが、ももクロ演じる主要キャラクターの立ち位置が定まった辺りからは、本広監督の良さである「軽み」が功を奏し、とても楽しめるアイドル映画になっていきました。


この映画はとにかく、深刻になりません。物語は主人公が屈折を抱えた状態で始まりますが、あっさり演劇の神様が手を差し伸べてくれますし、演劇部に訪れそうになる危機は勝手に解決されていきます。
ももクロと黒木華の行動をひたすらに肯定し続けるこのヌルさが、恐れや限界を知らずに突き進める「青春時代」特有の無敵感を生み出していて、とても気持ち良かったです。

また、登場人物は成長もしません。あくまで自分の資質に気づくだけです。
二時間という時間は、複数の人物の成長を描くには短すぎます。成長を描いて鈍重になるよりは、早々に資質に目覚めて颯爽と活躍するキャラクターを写し取っていく。アイドル映画として、とても正しい選択だと思います。

そして何より、エンドクレジットが素晴らしかった。アイドルたちが主題歌に合わせて、舞台となった学校内で踊ったりおどけたりする、アイドル映画の王道エンドクレジット。
映画本編での演劇モードの彼女たちとはまるで違う、「ももクロ」としての彼女たちの魅力に溢れた映像が流れ出すと、異化効果でついつい泣いてしまうのは、僕が大林版『時をかける少女』が好きだから、というのもあるでしょうが、それを置いても、本編中の彼女たちの演技力の凄みに改めて気づかせてくれる、良いエンディングでした。

他の監督がやれば、もっと奥行きのある映画になっただろうとも思いますが、アイドル青春映画としては本広克行監督で大正解。本広監督映画としても、資質と素材がバッチリ合った、ベストの一作なのではないでしょうか。



・『ドラえもん のび太の宇宙英雄記
http://doraeiga.com/2015/

監督:大杉宜弘
脚本:清水東
ゲスト声優:井上麻里奈、能登麻美子
芸能人声優:市村正親、田中裕二、観月ありさ



近年のドラ映画は良作続きで、(少なくとも現行声優ドラを好意的に見ているタイプの)オトナファンの多くから高評価を受けていた印象があります。が、おそらく今回は厳しい評価のオトナが増えるのではないでしょうか。

今回は正直、脚本がイマイチ。ストーリーではなく、シーンの瞬発力で強引に約100分の尺を繋いでいる映画です。
明確に幼年層向けに作られており、楽しいシーンやアツいシーンがちょくちょく挟み込まれるのでお子様のリアクションは良好ですが、エピソードを積み重ねるウェルメイド寄りのドラ映画好きなオトナには物足りないかと思われます。


個人的には、ドラえもんのお約束が散りばめられたエピソードを乱雑に繋ぐスタイルが面白く、大袈裟に言えば『狩人の夜』的な良さを感じました。

狩人の夜』は、グリム童話にも似たシンプルな物語を、その場その場で移り行くチグハグな演出スタイルで描いた結果、メルヘンチックなのに凄まじくサスペンスフルに仕上がった、トリュフォー曰く「映画的文体の不統一」が魅力の映画です。
『のび太の宇宙英雄記』の場合は「映画的文法の不統一」というよりは、「脚本の方向性の不在」ゆえにチグハグになっているのですが、結果、ドラえもんらしい安心感とスラップスティック感が同居した、不思議な魅力を生んでいます。

脚本の弱さは、映画を「物語と伏線」ではなく、「行為の反復」で構成させる、映画的な面白さの原動力にもなっていました。
特に「のび太のズボンネタ」の反復によるギャグシーンは秀逸で笑ってしまったのですが、その後さらに「のび太の井戸落ち」でその行為を再反復して物語の推進力に利用する演出は見事で、唸りました。


ゲスト声優、井上麻里奈は今まで聞いた中で一番のイイ男声を出していました。ファンは一聴の価値ありでしょう。ドラ映画は相変わらずゲスト声優の使い方バツグンですわ。能登麻美子はピーピー言うマスコットキャラで、ちょっと珍しい役ですが、能登麻美子感は極薄。
芸能人声優は全員上手いっす。田中裕二は『モンスターズ・インク』のマイク役とは違った味を出していて流石。初声優業の観月ありさも違和感ナシ。
スポンサーサイト
[ 2015/03/14 04:18 ] 映画鑑賞記 | TB(0) | CM(0)

『映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪』

・『映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪
http://www.precure-allstars.com/

監督:志水淳児
脚本:井上美緒
ゲスト声優:中田敦彦、藤森慎吾



プリキュアオタクとしては、過去作への思い入れ故に、それなりに楽しめました。が、「俺の中の幼女」はさほどトキメキませんでした。

昨年の『劇場版プリティーリズム・オールスターセレクション プリズムショー☆ベストテン』のようにダンスステージ特化型であれば、もしくは、劇場版セラムンR併映の『メイクアップ! セーラー戦士』のようなカタログ型であれば、プリキュア過去シリーズを知らない子供も容易に楽しめたと思うのですが、本作は両方を中途半端に取り入れた構成で、女児置いてきぼりになってしまった様に思います。


プリキュア映画でお子様が最も盛り上がるシーンは「私の知っている物が出てくる」場面である事が多いんですよね。
昨年のオールスター映画の場合は、キュアハニー登場シーンでした。当時のハニーはTVシリーズ本編ではまだキチンと活躍していないけど、オープニングなどに出てくるのでみんな存在は知っている、という状態。雑誌などでプリキュア予習している女の子が得意になって「キュアハニーだよ!」と声をあげたりするのが、なんとも微笑ましい光景でした。

逆に、よく知らないおはなしを延々と続けられると、お子様はどうしようもなくテンションが下がっていきます。今回はその典型でした。昔のプリキュアや妖精の姿を情緒たっぷりに見せられても、何のこっちゃ、です。再放送の少ない地方では、なおさら。

しかし流石に、主題歌"イマココカラ"は大々的にテレビなどで露出していたので、お子様のリアクションも上々でした。プリキュアとハロプロの連携プロモーションとしても良かったですね。『映画ふたりはプリキュアMH2』以降、イマイチなコラボを繰り返してきましたが、ようやく成功した感じ。


反面、オリラジの起用は案の定お寒い結果となりました。
プリキュアは頻繁に芸人を声優起用しながら(フレプレのレギュラー前田健を除いて)総じてクソみたいな使い方しか出来ていませんが、それと比べれば幾分マシです。
藤森慎吾は、かつて米国産3DCGアニメの佳作『モンスター・ホテル』で吹替担当して作品を台無しにしていたのですが(悪いのは芸人さんじゃなくて、起用したヤツと吹替セリフ書いたヤツだと思うけど)、それと比べれば圧倒的にマシです。
それでもやはり、ただでさえ低い作品クオリティをドン底にまで落とし込む要素になった事は否めません。寒々しいセリフと演技に、お子様連れの親御さんは呆れ返った事でしょう。いい加減、相手に迎合しない芸人起用をして欲しいっす。



と、主題歌以外のほとんどの要素を酷評してしまう映画にも関わらず、プリキュアオタクとして見ると号泣作品になってしまうのだから、思い入れというのは恐ろしいモノです。

最終回後の世界を楽しそうに過ごしているプリキュアたちを見ているだけでウルウルします。しかもそれが青山充原画だったり、香川久や川村敏江の画だったりするので、嬉しくて嬉しくて、涙ダダ漏れでした。特にドキプリパートは今思い出しても涙ぐみますねヤバイですね。

しかし、プリキュアたちを見せるにしても、前回のオールスター映画ASNS3が、映画のテーマである「夢」と絡めて各プリキュアの個性を活かしていたのと比べると、今回はあまりに安易。
ASNS1の時点で、キュアマリンに「やるっしゅ!」って言わせときゃイイんだろ的な安易さは出ていましたが、今回は「このキャラとこのキャラいちゃいちゃさせときゃイイんだろ」という、悪い意味で二次創作的な安易さが炸裂しており「公式がコレをやってしまうのか」と不安にもなってしまいました。

でもそんな文句垂れながらドキプリパートのマナレジ&あぐエルで号泣しちゃうのが悲しい。トークをもれなくゴハンネタに繋いでいく大森はスゲェ面白かったし、キュアメロディとキュアマリンの絡みも新たな可能性が見えてヤバかったなぁ。。。
ああ、コレはまんま、ソープで散々気持ち良くなっておきながら嬢に説教するダメ男ですね、よくないですね。
[ 2015/03/17 15:07 ] 映画鑑賞記 | TB(0) | CM(0)

『イントゥ・ザ・ウッズ』『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』

・今日のイイ話。三池崇史監督と皇族が並んで映画鑑賞。
http://www.oricon.co.jp/news/2050458/full/



・『イントゥ・ザ・ウッズ
http://www.disney.co.jp/movie/woods.html

監督:ロブ・マーシャル
脚本、原作:ジェームズ・ラパイン
出演:メリル・ストリープ、エミリー・ブラント、クリス・パイン



どんな監督がついてもイマイチ映画になってしまう近年のディズニー実写おとぎ話シリーズの中では、最もマトモな出来。監督の良さも原作の良さもキチンと出ており、何よりもかなり「映画」してます。他の作品は映画というより、原作との辻褄合わせや差別化に四苦八苦しているだけの絵解き物語、って感じでしたからね。

しかし本作は、その構成が、複数のおとぎ話をキレイに集約していく群像劇ではなく、不要になったキャラは割とザックリ切り捨てていく雑なスタイルなので、イマイチ評価な人が多いのも仕方ないかと思います。日本語字幕もあまり良くないし。
ただ、日本人感覚では全編がメルヘンな映画ですが、911以降なアメリカ人感覚では、メルヘンが崩壊しても毅然と現実に立ち戻る映画として解釈できるようなので、その辺を踏まえると、イマイチ映画だと思った人も、好意的に見えるようになるかもしれません。もしくは、そのマッチポンプっぷりが今のアメリカの縮図に見えて、ウンザリするかもしれません。

個人的には構成も、主義主張も、音楽も、カメラワークも、好みではありませんでしたが、割と高い映画力ゆえに、最後まで楽しく見ました。テーマはとても良かったのに全く楽しめなかった『マレフィセント』とは正反対ですね。



・『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号
http://www.superhero-movie.com

監督:柴崎貴行
脚本:米村正二
出演:竹内涼真、中村優一、半田健人、天野浩成、倉田てつを、及川光博



もうヒーロー集合お祭り映画で理にかなったストーリー作るのとか無理だし、とにかく楽しい/熱いアクションと展開を繋げて映画にしましょう!って感じのデタラメさが、スゲェ面白かったです。
安易で雑(だけど誠実)な作りをニヤニヤと笑いながら見ていたクセに、子供が「ライダーがんばれ!」と応援するシーンで速攻泣いてしまう自分の安易さには、若干悲しくなりました。キッズムービー見てる時の俺は涙腺のハードルゆるすぎるわ。
[ 2015/03/24 11:00 ] 映画鑑賞記 | TB(0) | CM(0)

2015年4月注目映画チェック

ゴールデンウィーク突入で良ラインナップな4月。
大作は『ワイルド・スピード』。
アカデミー賞モノ『バードマン』『セッション』。
ポール・トーマス・アンダーソン、ウディ・アレン、ケネス・ブラナー、そして北野武最新作。
アニメは『ドラゴンボール』『名探偵コナン』『クレしん』。
韓国映画も大きな話題作こそ無いものの、注目俳優の最新作がいくつか来ております。
ジャンル映画は『コワすぎ!最終章』のみ。

http://eiga.com/coming/


4/4(土)

傷だらけのふたり
http://www.alcine-terran.com/maninlove/
新しき世界』のファン・ジョンミン主演のラブストーリー。喧嘩っ早いけど情にもろい借金取りの役で恋愛劇をやってくれるなんて超見たい!けど上映館少ない!監督脚本は『悪いやつら』『新しき世界』などで助監督をしてきたハン・ドンウク。


パレードへようこそ
http://www.cetera.co.jp/pride/
イギリスで実際にあった炭鉱労働者たちのストライキと同性愛者たちの友情を、カルチャー・クラブ、ザ・スミスなど1980年代のヒットナンバーにのせ、涙と笑いを交えて描く。主演ビル・ナイ、イメルダ・スタウントン。いかにもなイギリス感動コメディっぽいですが、出来良さそう。


間奏曲はパリで
http://kansoukyoku-paris.jp/
イザベル・ユペール主演。旅先のパリで出会った三人の男の間で揺れる恋心。中山美穂主演映画みたいな話だなぁ。


やさしい女
http://mermaidfilms.co.jp/yasashii2015/
日本では1986年の公開以来、未ソフトだったロベール・ブレッソン監督作のリマスター版。ブレッソンは何撮っても面白いですね。つい最近『湖のランスロ』見たけど、残酷で冷淡で、すごく良かった。コレも見たい。


ジヌよさらば かむろば村へ
http://www.jinuyo-saraba.com/
監督松尾スズキ、主演松田龍平の『恋の門』コンビで、いがらしみきおの漫画を映画化。松たか子、二階堂ふみ等、共演者もスタッフ陣も豪華で良さそう。


案山子とラケット 亜季と珠子の夏休み
http://www.kakarake.com/
ソフトテニスをネタにした、珍しい映画。平祐奈と大友花恋が主演。正統派アイドル青春映画な雰囲気。


蘇生
http://officetetsushiratori.com/sosei/
スピ系。



たまゆら 卒業写真 第1部 芽
http://tamayura.info/
完結編4部作の第1部。映画上映館で劇場限定ブルーレイも売っていくパターンは最近の劇場公開OVAの王道ですね。



4/10(金)

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
http://www.foxmovies-jp.com/birdman/
アカデミー賞取りまくったアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作。予備知識ゼロで見たいから、どんな映画なのか全く知りません。



4/11(土)

JIMI:栄光への軌跡
http://www.jimi-movie.com/
音楽権利が何かとややこしい事もあってか、なかなか無かったジミヘン伝記映画、『それでも夜は明ける』の脚本家ジョン・リドリーの監督脚本で実現。主演はoutkastのアンドレ3000ことアンドレ・ベンジャミン。共演も『キャプテン・アメリカ』ヒロインのヘイリー・アトウェル、『ニード・フォー・スピード』のイモージェン・プーツと、フレッシュな人選で面白そう。


カイト KITE
http://kite.asmik-ace.co.jp/
梅津泰臣が監督したアダルトアニメ『A KITE』の実写映画化。『スネーク・フライト』のデヴィッド・エリス監督が撮影入る直前に死去、ラルフ・ジマンが監督引き継ぎ。


ギリシャに消えた嘘
http://kieta-uso.jp/
パトリシア・ハイスミスのサスペンス小説「殺意の迷宮」映画化。ヴィゴ・モーテンセン、キルスティン・ダンスト、そして『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』主役のオスカー・アイザックが主演。監督脚本は『ドライヴ』の脚本家ホセイン・アミニ。しかしホセイン・アミニの他の脚本作は『シャンハイ』『スノーホワイト』『47RONIN』と、ことごとくアレな映画が並んでて恐ろしいぞ。


マジック・イン・ムーンライト
http://www.magicinmoonlight.jp/
色々あっても相変わらず年一で映画を作り続けるウディ・アレン最新作。コリン・ファース、エマ・ストーン出演。


戦慄怪奇ファイル コワすぎ!最終章
http://albatros-film.com/movie/kowasugisaishu/
ニコ生では4/19に上映。個人的白石晃士最高傑作である『ノロイ』のメンツが出てるだけでもう嬉しくなっちゃいますね。



4/17(金)

ワイルド・スピード SKY MISSION
http://wildspeed-official.jp/
シリーズ最新作、そして、ポール・ウォーカー最後の映画作品になってしまうのかな。今回のトピックは何と言ってもジェイソン・ステイサム参戦。ヴィン・ディーゼル、ザ・ロック、ステイサムと、男も惚れる最強ハゲ集結映画となっております。カート・ラッセルも顔見せしており、いよいよ『エクスペンダブルズ』っぽくなってきました。監督はジャスティン・リンから、『ソウ』『狼の死刑宣告』のジェームズ・ワンへバトンタッチ。


セッション
http://session.gaga.ne.jp/
名門音楽大学に入学したドラマーが、伝説の鬼教師に狂気のレッスンを叩き込まれる映画。アカデミー賞3賞受賞。監督脚本は、昨年屈指の馬鹿サスペンス良作『グランドピアノ 狙われた黒鍵』の脚本家、デイミアン・チャゼル。


デュラン・デュラン:アンステージド
http://www.duranduran.jp/
デュラン・デュランのライブ映画。何と監督ディヴィッド・リンチ。


海にかかる霧
http://www.umikiri-movie.com/
殺人の追憶』脚本のシム・ソンボ監督デビュー作。制作ポン・ジュノ。主演『哀しき獣』の牛骨おじさんキム・ユンソク。


恋するヴァンパイア
http://love-vampire.com/
桐谷美玲主演の恋愛ヴァンパイア映画。北京の中央戯劇学院で演劇を学んだ鈴木舞が監督脚本原作小説。何故か香港明星のイーキン・チェンも出演している、色々と不思議な映画。ひょっとしたら面白いかもしれない。




4/18(土)

インヒアレント・ヴァイス
http://wwws.warnerbros.co.jp/inherent-vice/
監督ポール・トーマス・アンダーソン、主演ホアキン・フェニックス、原作はトマス・ピンチョン。うわぁすごそうだ。共演はジョシュ・ブローリン、オーウェン・ウィルソン、リース・ウィザースプーン、マーティン・ショート。SNLファンとしては、近年これといった出演作がないマーティン・ショートをどう使ってくれるか楽しみにしております。


あっちゃん
http://www.acchan-movie.com/
ニューロティカのイノウエアツシのドキュメンタリー。配給が日販って珍しい映画だな。この辺りのバンドのドキュメンタリーって需要ありそうだけど、意外と少ないですね。


ドラゴンボールZ 復活の「F」
http://www.dragonball2015.com/
歴代ドラゴンボール映画で作画監督をしてきた山室直儀が、監督と作監を担当。


名探偵コナン 業火の向日葵
http://www.conan-movie.jp/
監督は例年通り静野孔文。脚本は前々作『絶海の探偵』でイイ仕事してた櫻井武晴。


映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃
http://www.shinchan-movie.com/
一昨年あたりから盛り返してきたクレしん映画最新作。こちらも前々作『B級グルメサバイバル』同様に橋本昌和監督&うえのきみこ脚本。



4/25(土)

シンデレラ
http://www.disney.co.jp/movie/cinderella.html
ディズニーおとぎ話実写化シリーズ。監督ケネス・ブラナー。継母にケイト・ブランシェット、魔法使いにヘレナ・ボナム・カーター。同時上映短編アニメが『アナ雪』なのがズルい!見たいやん!


Looking for Johnny ジョニー・サンダースの軌跡
http://www.curiouscope.jp/JOHNNY/
ジョニー・サンダースのドキュメンタリー。予告編に出てくるテレヴィジョンのリチャード・ロイドが随分とデブってて驚きました。


群盗
http://www.guntou.net/
悪いやつら』監督脚本のユン・ジョンビン監督作。主演は『哀しき獣』の主役ハ・ジョンウ。豪華メンツなのにウェブサイトしょぼいな。


寄生獣 完結編
http://kiseiju.com/
山崎貴監督作。前編はそんなに悪くなかったですよ。


王妃の館
http://www.ouhi-movie.jp/
探偵はBARにいる』の橋本一監督作。最近イマイチな監督作が続いているので、そろそろ楽しいヤツ見せて欲しいところ。


龍三と七人の子分たち
http://www.ryuzo7.jp/
北野武最新作。映画見る気の失せるウェブサイトしてますね。
[ 2015/03/31 04:19 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
プロフィール
Author:かりふら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。