メモ

忘れっぽいです

フリーDL曲 2013/8/1

Tommy & Keish by Doley Bernays



Death, Romance and The Color BLK by BLKHRTS




・『劇場版トリコ 美食神の超食宝
http://www.toriko-movie.com

 監督はプリキュアS☆S最終回演出やフレプリシリーズディレクターの座古明史、脚本はASDXシリーズの村山功、キャラデザ総作監はフレプリの香川久、テレビ版プロデューサーは初代プリキュアから5gogoの鷲尾天。と、僕の好きなプリキュアスタッフがことごとく関わっているトリコ。

 使い古されたジャンプテンプレ展開と限られた条件の中で、小道具、舞台設定、時間経過をムダ無く使いこなし奥行きを出す脚本が巧み。やっぱ村山功さんがプリキュア離れたのは残念だなぁ。バトルシーンも東映アニメーションイズムに溢れ、特にラストの、重量感のある一対一の殴り合いから最終コンボに至る流れは、アクションに定評のある座古演出の中でも突出したシーンだと思います。トリコをビタイチ面白いと思えない僕ですら楽しめたんだから、演出脚本のレベル高いわ。
[ 2013/08/01 21:46 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)

フリーDL曲 2013/8/2

Columna by Auditive Escape




・『ローン・レンジャー
http://www.disney.co.jp/loneranger/

 白人統治やグローバリズムを強烈に批判するストーリーに、ゲロやら馬糞やら心臓喰いなどのエグイ要素をしっかり注入。クライマックスの列車アクションも『ワイルドスピード EURO MISSION』級の、デタラメなスケールで楽しい展開を実現。スゲェ良く出来てるし、全編西部劇らしい汗と砂ぼこりにまみれた映像なのに、何故かプラスティックな印象が残る不思議な映画です。良く言えば、後味スッキリに終わらせる観客サービスに徹した立派な娯楽映画。悪く言えば、アメリカの歴史批判をしながらその責任を取る気のない軽薄なアメリカ映画。という感じでしょうか。僕は好意的に楽しく見ました。

 ゴア・ヴァービンスキーは『ランゴ』といい本作といい、オールドスクールな西部劇世界を使ったアクションが上手いですね。ディズニー制作配給となると骨抜き映画を作ってしまう監督が多い中、これだけやれるゴア・ヴァービンスキーって、結構凄いのかもしれない。
[ 2013/08/02 22:58 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)

フリーDL曲 2013/8/5

I Sleep with the Blues by Prince of Ballard



Slow Down by 28ℳaɴṧɪoɴš




・『劇場版 仮面ライダーウィザード IN MAGIC LAND / 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック
http://www.wizard-kyoryu.jp

 映画版プリキュアが物語舞台を異世界にするのは、テレビシリーズで培ってきた日常生活の魅力をスポイルしてしまうので勿体ないなーと、いつも思います。舞台を変えて成功しているのは、サブキャラ全員を雪山に連れて行った映画MH2と、いつものフォーマットをパリに置き換えた映画ハトプリくらいでしょうか。

 今回のウィザードは、皆が魔法を使えライダーになれるパラレル世界が舞台で、テレビシリーズそのままにレギュラーキャラクターの魅力を炸裂させながら、同時に映画版ならではの特別感も生んでいて、とても良かったです。魔法がある日常生活描写は楽しいし、陣内孝則の典型的悪役は堂に入ってるし、凛子役の高山侑子かわいいし、凄く楽しめました。

 キョウリュウジャーは、東映ロゴからエンドクレジットまで、常にハイテンションor気恥ずかしい演出が続く、超高血圧演出が凄まじかったです。遊園地のヒーローショーそのままな導入パート演出が白眉。



・アイマスライブのライブビューイング見ました。スクリーンで見ると客観視してしまうせいか、最後の挨拶タイムの湿っぽさに引いてしまうのですが、仁後さんはいつも通りサバサバしてて安心しました。もう半分は知らない曲になってしまったなぁ。
[ 2013/08/05 20:52 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)

フリーDL曲 2013/8/8

Skate 99 by Frank Leone



Der Schutzheilige der Eitelkeit by Daniel Düsentrieb




・『世界が食べられなくなる日
http://www.uplink.co.jp/sekatabe/

 食の安全を問う系ドキュメンタリー。食欲の無くなる悲惨な食物生産の現状と、利益のために食の安全を放棄する大企業への批判という、この手の映画のお約束に加え、原発問題も積極的に絡めていく構成。震災後の日本でも撮影が行われ、福島の現状や、渋谷や祝島での反原発デモも大きくフィーチャーされています。現在進行形の問題を次々と見せつけられた上、この映画撮影以後も福島や祝島に悪いニュースが続いている事を思うと、観賞後のどんより感は半端じゃなく、今年の映画でもトップクラス。しかしこの、ぶさいくな邦題は、酷いですね。原題は「みんなモルモット?」だそうです。



・「核ぶつければ解決」系映画って、ありますね。地球のコアに核ぶつける『ザ・コア』とか、『アベンジャーズ』みたいな、核ミサイル打ち込めば全て解決する乱暴な映画。

 『世界が食べられなくなる日』で映される、反原発デモ参加者の感情の昂ぶりを見ると、「核なくせば全て解決」する短絡的な映画作ったらそういう人たちに大ウケするんじゃないか、と思ったのですが、『GIジョー2』がそういう映画だったし、俺まんまとそのシーンで大爆笑してたわ。
[ 2013/08/08 23:28 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)

フリーDL曲 2013/8/9

RIPism by The Hood Internet




・『パシフィック・リム』2D字幕
http://wwws.warnerbros.co.jp/pacificrim/

 日本のオタク文化DNAには、マジンガー、ヤマト、ガンダム、エヴァ、攻殻、そして林原めぐみが染みついているんだなぁ。お約束の数々が楽しく、特に、菊地凛子が演じるキャラがあまりにも林原めぐみだった事に、大変に興奮しました。僕は杉田ボイスが苦手なので字幕で見ましたが、吹替でも相当楽しいと思います。むしろ、千葉繁の役周りを考えたら吹替で見るのが正解でしょう、パトレイバー的に。

 アメリカではコケてしまいましたが、ツイッター見てると日本公開初日に見に行く数奇者からは大絶賛の嵐で、何よりです。それにしてもガキの頃は、怪獣映画の怪獣の出ない場面は退屈で仕方なかったなー。あの感じまで追体験させてくれるとは思わなかった。



・淡々としているのに、幻想的で、攻撃的な映像。こんな画を思いつきたい。

[ 2013/08/09 21:41 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)
プロフィール
Author:かりふら