メモ

忘れっぽいです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フリーDL曲 2012/9/20

London Bridges by London Bridges



Time Is Of The Essence by BK Beats




・引っ越し完了。ちょっと落ち着いたので、最近見た映画から、とりあえず一本。


最強のふたり
http://saikyo-2.gaga.ne.jp

 首から下が麻痺している白人富豪フィリップと、成り行きで介護役になったスラム出身黒人ドリスの交流。泣ける映画として宣伝してるけど、去年の東京国際映画祭ではバディ物としても評判だったので、結構楽しみにしていた。


 この映画には、素敵なダンスシーンがある。

フィリップの誕生日パーティもそろそろ終わり、という頃。フィリップがオーケストラでクラシックな音楽をドリスに紹介した後、ドリスがお返しに自分好みのEW&Fを流し、踊り出す。ダンスは周囲に広がっていき、フィリップはそれを楽しそうに眺める。

 僕が行くようなライブやイベントに、よく参加される方ならご存知かもしれませんが、先日、ある方が亡くなったばかりで。このシーンを見ると、大変な身体を押しながらも積極的にイベントに来ていた彼の事を思い出します。このシーンが描いている、ダンスを、パーティを、誰もが楽しむ事が出来るという事実を、彼は正に体現していました。


 思い入れマシマシで見ていたのでスゲェ泣いたけど、それ以上に笑える映画でもあって。特にギャグはなかなか悪質だったりエゲツなかったりで、"奇麗事"にならないよう舵を切る姿勢がとても良かった。世界各国でのヒットも納得の、広くオススメ出来る一本。



・先日のNoNoWire on floor、大変楽しゅうございました。VJで自分のMADが流れるのはタダでさえ嬉しいモノですが、今回は流れるタイミングが最高すぎて絶頂でした。今後も何とか時間作ってイベントごとには参加したいね。



・プリキュアSSのDVD-BOX 1巻目、出た。ブックレットのインタビューが泣ける。

主人公なのにDVD3巻のジャケで妙な表情しちゃう咲、かわいいなぁ。
スポンサーサイト
[ 2012/09/20 23:29 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)

フリーDL曲 2012/9/21

ROBOT BRAINSTRONAUT BLASTOFF​!​!​! by Renard




・『ウルトラマンサーガ』のBlu-ray、DVD発売。メモリアルBlu-ray BOXが1万円は高いけど、まあ、3万円ぶんくらいは涙絞り取られてるからいいか、と購入。予告編を見て苦笑していたシーンでことごとく号泣させられたからなぁ。何かしらウルトラマンが好きなら、好きだったなら、見ると良い一本だと思います。



・ブログさぼってる間に見た映画感想。

『アベンジャーズ』
http://www.marvel-japan.com/movies/avengers/

 ダイアログや構成の妙が光る映画というのは分かるんだけど、俺が見たいのは巧さよりヒーロー達が大暴れしている姿なんだよなー。と、中盤まではモヤモヤしながら見てたけど、ラストバトルでオールOKな感じに。カット割らずに次々と全ヒーローのアクション見せていくシーンのあの高揚感。アイアンマンからキャプテン・アメリカまで付き合って来た甲斐があった。



『バイオハザード5 リトリビューション』
http://www.biohazard5.jp

 物語背景の説明を、いかにも説明パートとしてしか処理出来ない辺り、流石ポール・W・S・アンダーソン監督脚本なだけあるなぁという感じ。でも、そんな分かり易さがアクションパートでは効果的で良いんだよねぇ。

 "ここ凄いアクションですよ"って所は全部スロー!画面がグラグラだと見づらいから手ブレ風効果は多用しない!並行して行われる二つのバトルを交錯させない!愚直なまでの分かり易さと、俺の嫁mjジョヴォヴィッチ感、とても良い。


ストーリーは次回作への繋ぎでしかない、見事なまでの中身の無さ。物語が存在しないので、一作目しか見ていない俺でも問題ナシ。にも関わらず、二種類ある予告編は両方とも超面白そう。予告編作った人すごい。
[ 2012/09/22 22:09 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)

フリーDL曲 2012/9/24

Sound Healers Vol 2 by Sound Healers




Soul Snatcher by Anthology





・lyrical schoolとhy4_4yhのライブ見ました。リリスクの多幸感、ハイパーヨーヨの攻撃性、どちらもステキ。
hy4_4yhの新曲 "グラッパ!(My Granpa Is JB)" 格好良し。曲名が既にキラーチューン。

新潟はアイドル環境に恵まれてるんで、まんまとハマりそう。



・ブログさぼってる間に見た映画。

桐島、部活やめるってよ
http://kirishima-movie.com

 "人生"に気付いてしまう瞬間。残酷だけど面白い。どうしてバスケやってるのか、のシーンは胸を抉られたなぁ。

 しかし最近の邦画、橋本愛使いすぎ、と思うけど「映画終わって後ろ向いたら橋本愛!!!!!」シーンの破壊力を見ると、橋本愛の多用もやむなし、と頷いてしまう。超かわいかった。



白雪姫と鏡の女王
http://mirrormirror.gaga.ne.jp

 意思の強い太眉美少女って、まるでキュアホワイト、雪城ほのかじゃないですかー。と思いながら、かなり好意的に観賞。白雪が七人の小人に説教カマす構図は、初代プリキュア10話の銀行強盗に説教するほのかの様で、大層グッと来ました。

 テンポよし、ジュリア・ロバーツのBBAネタよし、アクションも多し、サービス精神バッチリ。ただ、アクションシーンは整理されてなくて見づらかったなー。ターセム・シン監督作だけあって、衣装は石岡瑛子。残念ながら遺作になってしまったけど、最後に相応しい仕事、と言っても良いのでは。エンドクレジットでの献辞は、ずっと仕事を共にしてきたターセム・シン監督作だからこその重みがあります。

 さらにクレジット見て驚いた事に、音楽はディズニー楽曲を数多く手がけるアラン・メンケン。本気のスタッフ陣、旬を抑えた豪華なキャスト、七人の小人役はキチンと小人俳優が担当。とても誠実に作っているのにフンイキ映画になっちゃう辺り、ターセム・シンらしいと思う。
[ 2012/09/24 19:49 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)

フリーDL曲 2012/9/25

Mountains Come Out of the Sky (Lapalux Saturation Remix)




・前回のスマイルプリキュアみたいなプリキュア挫折回と『桐島、部活やめるってよ』は、決着の付け方は違えど、やってる事は同じだよなー。



・今日見た映画。

劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-
http://www.tigerandbunny.net

 超丁寧な導入編なので、予告以外の予備知識ゼロの俺でも問題無かった。ここから先、バディ感やチーム感が出てキャッキャウフフ〜の楽しい物語が始まるんだろうなー、という所で終わるので、アニメ本編が見たくなってしまう。巧い作りだわ。



かぞくのくに
http://kazokunokuni.com

 北朝鮮と日本、離れ離れになった家族の束の間の再会。というお話し。北朝鮮フィルターが掛かる事によって、何でもないはずの家族の光景、やりとり、全てがスリリングに見えてしまう。ゆえに緊張の緩和が生み出す感動がハンパなし。

 内紛や民族問題などを扱う映画にありがちな"テーマの重さは立派だけど映画としてはイマイチ"系の作品では全く無く、単純に映画としても面白い。"北朝鮮ってそうなんだ〜"というカルチャーギャップも楽しめるし、何より安藤サクラ vs ヤン・イクチュンというアジア最高峰の対戦カードが用意されているので、今の映画として熱い。
[ 2012/09/25 22:25 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)

フリーDL曲 2012/9/27

Ammunition EP - Alex Metric
http://www.alexmetric.com




・『隣る人
http://www.tonaru-hito.com

 諸々の事情で親と共に暮らせない子供たちと、親代わりとなる保育士さんたちをとらえたドキュメンタリー。と聞くと辛気臭くも感じるでしょうが、そんな事は全く無く。子供たちのバイタリティに圧倒され、発想に感心し、暴言に笑える、感情を豊かに刺激する映画。


 例えば感心したシーンの一つ。
tonaru.png
ずっと一緒だった保育士と別れた女の子が、保育士さんへの感情をノートにぶつけていく場面。まず大きく"大好き"と書いて、次に小さく、また小さく、と書き進め、最後にまた大きく"大好き"と書きなぐる。

 思いが大きいからでっかく書くし、何度も書く。大人になるにつれ、"伝わるように" とか "賢く見えるように" などと、つい常識と自意識がモノの書き方を制限してしまうから、このノート表現はとても格好良く見えた。七尾旅人の1stアルバムの歌詞カードも、こういう感じあったよな。


 あらゆる部分に感心や感動のポイントが詰まっているけれども、当人たちにとっては、あくまでも日常生活。テロップ無し、BGM無しで、平凡な日常が淡々と積み重ねられていく。その積み重ねの果てに、平凡な日常がある、という事実に号泣させられる前向きなクライマックスが待っている。見事としか言いようの無い構成と、ウェットにならない演出のおかげで、単純に映画としても素晴らしいです。


 あと、映画公式サイトの著名人コメントは大概ウソくさく見えてしまうので普段は参考にしませんが、この映画へのコメントはどれも誠実さがあって、すごく良いです。
[ 2012/09/28 00:23 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)
プロフィール
Author:かりふら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。