メモ

忘れっぽいです

Exit Through the Ritsuko Shop

 自分のMADをどうこう言うのは、あまりスマートでは無いと思っています。自分がどう思って作ろうと、見る方には関係無い。それぞれに違った視点があるからこそ面白いのに、それを限定するなんて勿体ない。しかしまあ最後くらい。



 このMADは、アイマス1とアイマス2、それぞれの律子への祝福と感傷です。

 ストリートとは、言うまでもなく、動画の最後にわざとらしく出てくる、夢の大橋のことです。アイマス1の律子トゥルーエンドで、彼女は夢の大橋から新しい事務所へと移動し、プロデューサーになりたいという夢を語ります。アイマス2で律子がPに転身するのも、彼女にとって望み通りの道でしょう。

 律子を応援する人間ならば、アニマスのプチピーマンPのように秋月律子プロデューサーを支え続けるのが、正しい姿であると思います。でも僕は、秋月律子というアイドルが好きなので、あの夜、彼女に夢の大橋に留まって欲しかった。"Tonight the Streets are Ours"は、そんな女々しい気持ちにぴったりの曲でした。

 あの曲の"今夜この道は僕らの物"というラインの全能感が、僕はとても好きです。例えばABBAのダンシング・クイーンで、踊る17歳の女の子こそが世界の中心にいる様な、あの感じ。そのディスコに存在する全てが、彼女に奉仕する世界。

 とても恥ずかしい事ですが、僕はMADの中で、夢の大橋を、僕と律子の物にしたかった。「ポンヌフの恋人」で、ポンヌフ橋が恋人だけの物になる様に。



 夢の大橋を撮影しに行ったのは去年の11月。夢の大橋は工事のため電灯が消えていました。当初はアイマス1の律子と夢の大橋の映像でMADを構成するつもりでしたが、暗くなった橋を見て、光が肯定すべきは俺のワガママではなく律子なんだなと思いしらされ、現在の構成にしました。僕は光の消えた夢の大橋に留まり、律子はプチピーマンPの様な人々の光に祝福される。それはそれで、ロマンティックです。



 タイトルは、"Tonight the Streets are Ours"が見事に使われる映画"Exit Through the Gift Shop"のもじりです。美術館は売店への通路に過ぎない、という現在のアート界への皮肉が込められたタイトル。MADのタイトルも"Exit Through the DLC Shop"にしたら面白いなーと思いましたが、そういう内容の動画じゃないし、バンナムが儲けてアイマスを続けるのは悪い事だと思わないので、止めました。単純に語呂の良さで今のタイトルにしてます。ギフトショップとリツコショップ。口に出して言うと、ちょっと楽しい。
[ 2012/04/01 20:21 ] 自分の動画 | TB(0) | CM(1)

フリーDL曲 2012/4/1

Digits: "Because It's Wrong" (Nite Jewel Remix)



Lianne La Havas - Lost and Found (Gang Colours remix)




・4月公開映画の面白そうなの。リンク貼るのメンドイ。


7日(土)
「アーティスト」ミシェル・アザナビシウス監督
http://artist.gaga.ne.jp/
モノクロ&サイレントで各映画賞受賞しまくりの話題作。

「KOTOKO」塚本晋也監督 / Cocco主演
http://www.kotoko-movie.com/
オタク側で生きてる人間には、このタイトルまぎらわしい。

「別離」アスガー・ファルハディ監督
http://www.betsuri.com/
超評判良いイラン映画。楽しみ。

「レッド・ティアーズ」辻本貴則監督
http://www.redtears.net/
倉田保昭出演100作目映画。良い案配のグラインドハウス感。

「宇宙戦艦ヤマト2199 第一章「遥かなる旅立ち」」出渕裕監督
http://yamato2199.net/
近年ロクなのがないヤマトだけど、これはオリジナルファンにも評判良い。


14日(土)
「SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」入江悠監督
http://sr-movie.com/
三作目。


21日(土)
「ももへの手紙」沖浦啓之監督
http://momo-letter.jp/
予告編見る限りでは超良さそう。かなり大規模な試写会を全国展開するけど興行的にどう影響するかなー。

「裏切りのサーカス」トーマス・アルフレッドソン監督
http://uragiri.gaga.ne.jp/
ぼくのエリ監督の新作。ぼくのエリは大傑作だったので、期待できるでしょ。

映画の國名作選5「三重スパイ」「刑事ベラミー」「ある秘密」
http://www.eiganokuni.com/meisaku5-france/
ロメール、シャブロル、クロード・ミレールの日本未公開作。


28日(土)
「ル・アーヴルの靴みがき」アキ・カウリスマキ監督
http://www.lehavre-film.com/
ようつべで見たフッテージが超良かった。

「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」ポール・フェイグ監督
http://bridesmaidsmovie.jp/
昨年の米コメディで大ヒットした期待作、ようやく日本公開。

「容疑者、ホアキン・フェニックス」ケイシー・アフレック監督
http://yougisha-jp.com/
ホアキン好き待望の一作。
[ 2012/04/01 20:47 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)

フリーDL曲 2012/4/2

LetMeKnow by Sey



The Weeknd & Balam Acab - The Moon Outside
http://cl.ly/304118293d3c3Y2K1g2s



Shura - Spoke in the Voice of an Older Man (Demo)




・かりふらPさんへの反応を様々に頂いて、本人も大変喜んでおります。驚く様な人からもメッセージが来て、何でも続けるモンだなぁと思います。個別にコメントを返す事はしませんが、あなたのアイマス人生にささやかでも爪痕を残せたのなら、こんなに嬉しい事はありません。

 ちなみに垢消した日は、山口百恵の「さよならの向こう側」のサビが頭の中をエンドレス状態でした。良い歌だよね。




・「映画プリキュアASNS」@ブルク13。
http://www.toei-anim.co.jp/movie/2012_precure_allstars/

 ブルクのアサイチ回は、400人キャパの箱&大きな音の良い環境で上映してくれてるので毎日でも通いたい。と思いつつ5回目の観賞。スマイルプリキュアは幼児アニメとしては驚くほど面白いけど、プリキュアとしては「プリキュア、なんとかビーム!」みたいな寒さが無くて物足りないと、学校シーンを見るたびに思う。

 プリキュアは"倒す"ではなく"守る"ヒロインである性質上、バトルパートより登場時の方がカタルシスが大きい、と俺は思っているので、ミラクルライトでプリキュアを呼んで登場を盛り上げる構成はとても好き。「もっともっとプリキュアを呼ぶニャ~」とか酷いセリフだけど、超アガる。

 しかし最後のミラクルライトで生まれる道は萎えるねー。一歩一歩、歩いてフーちゃんの元へ行くべきなのに、動く歩道でスーッ、ってどうよ。でもまあ、監督インタビュー見ると、とにかく時間が無かった様なので妥協部分は多いんだろうなぁ。
http://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20120327/E1332781563847.html



・「ヘルプ 心がつなぐストーリー」@ブルク13。
http://disney-studio.jp/movies/help/

 予告見た時点で、こりゃどうあがいても泣けるだろう、と思ってた通り、泣いた。良かったよ。シシー・スペイセクがとても気持ちの良い役を演じていて嬉しかった。ヘタしたら「この映画も黒人差別を利用してる」と言われかねないテイストだけど、ラストで上手く回避出来ていると思う。ただ、この後に見たウルトラマンサーガが強烈過ぎて印象薄れちゃったなー。失敗した。

 それにしても主演のエマ・ストーンは凄い。
http://ja.wikipedia.org/wiki/エマ・ストーン
主な出演作品のハズレの無さ。スーパーバッド、ゾンビランド、ラブ・アゲイン。今のアメリカのコメディ/ラブコメを知りたければコレを見ろ!とオススメ出来る傑作だらけ。



・「ウルトラマンサーガ」2D@109シネマズMM横浜。
http://www.ultramansaga.com/

 大号泣した。人は何故、ヒーローを求めるのか。物語を、フィクションを、必要とするのか。それに対するウルトラマンシリーズとしての誠実な回答。

 とは言え俺は、ウルトラシリーズはQからセブンまでしか見てないし、平成ウルトラで見たのは三池崇史が監督したマックスのみ、というリテラシーしか持ってないのよね。幼児のころ怪獣図鑑を見て、新マン以降の怪獣は子供心に「何か違うな」と思ってたので、全く見てなかった。成田亨デザイン至上主義とか、嫌なガキだな5歳のオレ。でも、そんな俺も今回は大号泣ですよ。

 今日の客層は子供連れ多めで、シークエンス終わりで子供が「今のなに~?」みたいな反応したり、静かなシーンでポップコーン食う音が聞こえたりする感じ。子供向け映画はそういう中で見ると楽しい。楽しい雰囲気なのに、導入部分のシリアスな雰囲気には胸が締めつけられたし、EDFの真相が分かる所からはもう号泣モード。泣いたツラを親子連れに見られない様にエンドロールで必死に涙を静めてたのに、エンドロール終わりでまた大号泣だよ。明るくなっても涙止まらなかったよ畜生。

 酷い部分は、正直多い。でも、そこが逆に良いんだよ!モードに素直になれる。演技はあのテンションが正しいし、コミカルテイストも子供を楽しませるのが本分なんだから正しい。特撮のチャチな部分は、ガキのころ寒天に絵の具混ぜて海とかヘタなジオラマ作ってソフビ並べて遊んでた俺の「俺もコレ出来るかも!」感が湧き上がってグッと来る。シネマハスラーではディスられてる「人間を守るのに理由などない、ずっと昔からそうしてきた」的な受け答えも、"人間は遥か昔から物語を求め、支えられてきた"というメッセージとして受け取ったので、むしろ号泣ポイントだった。
[ 2012/04/02 20:07 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)

フリーDL曲 2012/4/3

yeah i did.wait no i didnt by deadmau5



Oberst & Buchner feat. Midimúm - Today I Feel



Sir Michael Rocks – Pajama Pants




・「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説」と「クローズZERO」を、今更見た。どっちも大乱闘して、どっちも紅一点的存在が物語的に邪魔、という所がとても似ている。それより何より、どっちも超おもしれー。「クローズZERO」の大乱闘見ると「喧嘩の花道」見返したくなるなぁと思ってたら、あらあらうふふ。

[ 2012/04/03 22:00 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)

フリーDL曲 2012/4/4

BBNG2 by BADBADNOTGOOD
http://badbadnotgood.com/



Cyhi The Prynce – A-Town ft. Travis Porter & B.o.B



You Think Hazy (feat. Deanna Neil) - krusht




・「ウルトラマンサーガ」3D@新宿ピカデリー。
www.ultramansaga.com/

 先日は2Dで号泣したので、今回は3Dでの号泣具合を確認。「ポーの一族」のグレンスミスの日記的な"人がフィクションを必要とする理由"を描く話はツボなので、やっぱ泣かされるわ。3D演出は、序盤はそこそこ楽しい。狭いコクピットの立体感と密閉感はとても効果的に出てる。ウルトラマン初登場シーンの重量感も良い。他は正直、ビークル戦とかミニチュアとか3D活きそうなシチュエーション多い割りに、あまり効果無いような。



・「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」@バルト9。
http://wwws.warnerbros.co.jp/journeytothecenteroftheearth2/

 前作は未見だけど、日本初のデジタル3D公開映画だったそうで。今回は冒頭に流れるオマケのルーニー・テューンズの3Dアニメから既に、パース効かせまくって立体感出しまっせモード全開。本編も3Dのケレン味バリバリ&テンポ良い展開で、ローティーン向けアトラクション映画としてクオリティ高かった。

 美麗なCG風景を3Dで見せる、なんて今更どうなん?と、なりかねない所を、設定のセンス・オブ・ワンダーでちゃんと魅力的に見せてるのがお見事。ジュール・ベルヌの「神秘の島」そして「ガリバー旅行記」「宝島」に登場した島は、実は全て同じ島であり、更にその島は○○でもあって、、、という舞台設定たまらん。すげーワクワクする。

 風景、アクションを3Dで見せて楽しませるのはもちろん、ドウェイン・ジョンソンの筋肉やTシャツに浮き出るキュートな乳首を、そしてヒロインの胸を、3Dで見る喜びもキッチリ提供。3Dじゃなくても、ドウェイン・ジョンソンのTシャツに染みる汗と、ヒロインの汗でテカる胸元は存分に楽しめる。ていうかドウェイン・ジョンソンが魅力的なだけで俺はもう満足です。更にマイケル・ケインとルイス・ガスマンも出てるし、オッサン役者の人選が良いのよ。サブストーリーが父性の確立だもんな。お父さんと息子で見に行くと最高だと思う。



・「東京の街が奏でる 小沢健二コンサート」@東京オペラシティコンサートホール。
http://www.hihumiyo-operacity.com/

 なか村さんのご厚意で、生の小沢健二初体験。18時半開演で22時終了、3時間半のロングセット。のハズなのに、微塵も長さを感じない。

 俺は岡崎京子きっかけで小沢健二を好きになって、確かに好きだったけど、すぐそこで歌っている姿を見て、こんなにも小沢健二が好きだったのかと、自分でも驚くほどに序盤は泣いてしまった。本当に見られて良かった。
[ 2012/04/05 02:31 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)
プロフィール
Author:かりふら