メモ

忘れっぽいです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フリーDL曲 2011/04/30

Portugal. The Man – “Got It All (This Can’t Be Living Now)”
http://themuseinmusic.com/2011/04/29/portugal-the-man-got-it-all-this-cant-be-living-now/


Nothing Nothing (feat. Nite Jewel) - Heart Shaped Rock by Human Ear


Gonjasufi – Bury Me
http://franknbeats.com/2011/04/mp3-gonjasufi-bury-me/



・「ジェネシスとレディ・ジェイのバラッド」イメージフォーラム・フェスティバル2011@東京パークタワーホール。

スロッビング・グリッスル、サイキックTVのジェネシス・P・オリッジと、そのパートナーであるレディ・ジェイのドキュメンタリー。
ジェネシスPの愛娘が歌った最強ジミヘンカバーの話とか、チラッとしか出てこなかったけど超テンション上がった。

このMV、デレク・ジャーマンの庭で撮影したんだって!
しかし会場の椅子の具合が悪かったから集中出来なかった。お家でじっくりDVDで見たいけど、日本盤出ないかなー。

・「イヴ・サンローラン」横浜ブルク13。
意外とカップルとか少なくて観客マナー良かった。やっぱ夜のブルク13はイイな。
スポンサーサイト
[ 2011/05/01 00:00 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)

見た映画:4月

4/1
「冷たい熱帯魚」園子温監督
エグいし、笑えるし、イイ台詞多いし、146分という長さを全く感じなかった。思い返すと気になる所はあるけど(キリスト教を便利に使いすぎ、とか)見てる最中はひたすら楽しかった。ラストシーンも超好み。

4/2
「塔の上のラプンツェル」バイロン・ハワード、ネイサン・グレノ監督
塔の中で過ごし続けてきたラプンツェルが初めて外への第一歩を踏む瞬間の3Dスゲー!ロマンスシーンも3Dでこそ栄えるね。
ストーリーは荒いけど、そんなのいいじゃない。子供は笑って、カップルはウットリできる、リトルマーメイド以降のディズニー映画の理想形。

4/5
「ソーシャル・ネットワーク」デヴィッド・フィンチャー監督
この題材で、誰もが楽しめるし語りたくなる、堂々たるエンターテイメントになってるんだもんなぁ。ドラマとしても、ロマンス映画としても、ボンクラ映画としてもグッと来るラスト、最高。
個人的に女性弁護士が余計に感じたけど、居ないと観客の立場の置き所が一つ減るというか、飲み込み辛くなるよね。

4/8
「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」入江悠監督
好きな映画なんだけど、物語のデフォルメ感(事務所のお偉いサンが「100万売れる」とか言っちゃうリアリティの無さとか)がちょっとね。クライマックスのライブが映画用の撮り下ろしだったら気にならなかったんだけど、"現実に行われたライブ"という事実が見る前から頭にあったので、ストーリーとライブシーンのリアリティの差が気になってしまった。
でもそれ以外はとても良くて。特に、の子のあやうさとカリスマ性を損なわない出し方は見事だった。物語がクライマックスヘ向かう最高のキッカケにもなってるし、ニコ厨としても感慨深い。

4/9
「ワイルドバンチ」サム・ペキンパー監督
DVDだとついクライマックスばかり見返してしまうんだけど、スクリーンで見たら最初の銃撃戦が良くて良くて。

「引き裂かれた女」クロード・シャブロル監督
ソーシャルネットワークもそうだけど、ラストカットが終わってスタッフロール流れた瞬間、題名の意味にニヤリと出来る映画って好き。

「トゥルー・グリット」コーエン兄弟監督
リアリティのある西部劇としてケレン味を抑えて見せていき、クライマックスでエモーション大爆発。完全にヤられた。物凄く好きです。

4/14
「ソウル・キッチン」ファティ・アキン監督
この映画を腐らせると食堂かたつむりになるんじゃなかろうか。

4/15
「天国は待ってくれる」エルンスト・ルビッチ監督
アホみたいな導入で始まる、いけ好かないボンボン一代記、なんだよ話だけ見たら。だというのに、しみじみと良い。

4/16
「ビー・デビル」チャン・チョルス監督
僕がホラー/スプラッタ映画に求める一つの理想型。物語に誠実だからこそ必然的に描写がエグくグロくなり、それがエンターテイメントとしても機能してる。圧倒的に今年No1です、今のところ。

4/19
「孫文の義士団」テディ・チャン監督
最近のドニー・イェンは本ッ当に良いね!しかしそれが霞む程にニコラス・ツェーの役が良かった。彼が出てくる度に頬が緩んだり、涙ぐんだり。

4/22
「ファンタスティック Mr.FOX」ウェス・アンダーソン監督
滝のシーンが美しくてねぇ、良かったなぁ。
とある感想を読んで、クラシックな映画をもっと見てたら、もっと楽しめるんだろうなーと思った。

4/24
エドガー・ライト監督作品オールナイト
「ショーン・オブ・ザ・デッド」
ゾンビフォロワー映画の最高傑作が日本劇場初公開って、そりゃお前…。家に引きこもってMAD作るの止めて、映画館に引きこもる様になって本当に良かったと思えた日。

「ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-」
ニック・フロストが銃を放つと場内割れんばかりの拍手。会場の一体感最高だったな。

「スコット・ピルグリム vs. 邪悪な元カレ軍団」
ぶっちゃけストーリーには文句もあるのよ。原作コミック読んだら物語のディテールは大幅に省略してるし。でも映像や音の、映画だからこそ出来る部分のディテールが尋常じゃなく豊かなのよ。しかもそれは俺が十代を過ごした頃のゲームや音楽な訳で、もう愛おしくて仕方がない。

4/26
「エンジェル・ウォーズ」ザック・スナイダー監督
抑圧からの解放というと、ビーデビルが直接的な描写だからこそ胸に迫る映画だったのに対し、こちらはオブラートに包みまくって重要な事をボカしてるのに欺瞞を感じる。解放手段としての妄想というテーマは萩尾望都先生の「ポーの一族 / グレンスミスの日記」(一番好きな漫画!)が素晴らしい描き方をしているので個人的にどうしても厳しく見てしまうし。
ビジュアルもスコットピルグリムの鮮烈さの前では霞んでしまうというのが正直な所。現実、妄想第一層、妄想第二層という三層構造で出来ている話なんだけど、中途半端に現実描くより、妄想第一層を現実にしちゃえば楽しめただろうな。


4/29
「ブルーバレンタイン」デレク・シアンフランセ監督
男が腕に入れてるタトゥーが絵本「おおきな木」っていうディテールとか、もう最高。ロマンチストな男って本当にバカだよな!でもそんなバカ男と同じ事をした経験があるからグッサグサに刺さって来るんだよ(ノД`)・゚・ウワァァァン!!!

4/30
「ジェネシスとレディ・ジェイのバラッド」マリー・ロジエ監督
ジェネシスPの活動の根底に、ブライオン・ガイシンとバロウズの"カットアップ"があるからか、この映画もカットアップ的。貴重なアーカイブなので王道ドキュメンタリーな編集でも見てみたいなぁ。

「イヴ・サンローラン」ピエール・トレトン監督
鮮烈な活躍見せる前半は淡々としていても熱量に溢れていて、サファリスーツやモンドリアンドレスが映るだけでゾクっとする。反面、後半は地味だった。サンローランの苦しみを"アルコールやドラッグに逃げた"という言葉以上に見せないのがなぁ。頂点ゆえの苦悩はぼんやり理解出来るけど、具体的なエピソードも欲しかった。
とはいえ、ゆったり見せる間の取り方も音楽も素晴らしい。公式サイトの監督インタビューの
「この映画を観るに当たって、お勧めしたいのが、まるで公園を散歩しているかのような気持ちで見ていただきたい。なぜなら、そういうときにいい考えや答えが見つかると思うのです。」
という言葉の通り、サンローランがアートに囲まれた生活からインスピレーションを受けた様に、見る者に創造力を与える見事なドキュメンタリー。
[ 2011/05/01 01:34 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

フリーDL曲 2011/05/01

Gosprom - 20
すげぇいい。
http://www.archive.org/details/headphonica.hpcd090
09年リリースの作品。
http://www.headphonica.com/?p=145
このネットレーベルいいわー。
http://www.headphonica.com/


Tomas Jirku | Psilence (April 29, 2011)
http://www.archive.org/details/bsc_009


Toro y Moi – Made in Bed (New Mix)
http://www.raddlounge.com/blog/?p=18693


“Up On The North Shore” The Sea And Cake
http://www.magnetmagazine.com/2011/04/30/mp3-at-3pm-the-sea-and-cake/



・「イリュージョニスト」シネマート六本木。
シンデレラは幸せになった。では、彼女に魔法をかけた魔法使いは?
っていうコピーにしたらもっと客釣れるんじゃないですかね。常に哀しみを湛えつつ可笑しい、素敵な映画。あまり期待せずに見始めたけど、物語に入り込んでしまって終盤は涙が止まらなかった。

・「男たちの挽歌2」シネマート六本木。
この映画のキンさんとか、狂い咲きサンダーロードの小次郎サンのポジションに憧れるのはフヌケの証拠だぜヒャッハー!興が乗ってオウチで狂い咲きサンダーロードも見てしまった。ジンさんの笑顔最高だ。
それにしても挽歌2はスクリーンで見ると飯食うシーンが絶望的に汚い、訴訟。

・そんな愉快な挽歌シリーズをはじめ、チャイニーズゴーストストーリー、ワンスアポンアタイムインチャイナ、片腕ドラゴンとかやる香港映画祭りがシネマート六本木で開催中!!!
http://www.cinemart.co.jp/theater/hongkongmovie/
[ 2011/05/01 21:07 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)

フリーDL曲 2011/05/02

Ghost Crab – “In Heat”
前奏部分を延々とリピートしてたい。
http://www.newdust.com/ghost-crab-in-heat





AQUIFER - HOUR LOGIC EP - 2011 by LAUREL HALO


Phrenia



Sun Glitters - Feel it (DannielRadall Remix) by DannielRadall


The Only One feat. Bobbi Dahl by Teams



・忙しいです本当です
[ 2011/05/02 23:01 ] フリーDL曲 | TB(0) | CM(0)

Falling Balloons



シンプルな実験映像。かっこいい。
[ 2011/05/03 06:19 ] vimeo | TB(0) | CM(0)
プロフィール
Author:かりふら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。