メモ

忘れっぽいです

2017年まとめ

プラチナスターズの時はゲームで遊ぶだけで満足でしたが、シアターデイズの二階堂千鶴に出会ってからは、音源買って(モノを増やしたくないのでダウンロード派)ブルーレイ買って中の人のラジオにちまちまメール出して、、、と再びアイマスの泥沼に戻りつつあります。
9510.jpg
9511.jpg
おーっほっほっほゲホゲホの後にこんな表情をする千鶴さん。かわいいですね。みなさま、ごきげんよう。2017年のかりふらです。
MT車に乗り換えてから運転が楽しくてドライブばかりで、ブログに書き残すような事はさほどないのですが、2017年の良かったモノ、アイマスMAD1本、映画3本、ゲーム1本、そして漫画1作を、メモしておきます。


[ミリオンライブ!シアターデイズ ] Hummingbird feat. Merzbow

「鳥といえばメルツバウ」
ノイズを少しでも聴きかじった者にとっては常識でしょう。だから、ハミングバードにメルツバウを合わせるというのは、とても自然な発想です。
当たり前の発想や連想を、パッとMADにする。10年前と変わらぬ瞬発力が今もアイマスMADにフツーに存在するのが、嬉しいですね。当人にとっては安直でも、他の人からすれば新鮮に映るかもしれないのですから、ひとまず作ってしまえば、どこかで誰かが反応して面白いことが起こるかもしれません。とりあえず僕はこのMADに反応しました。ツイッターに流れてきたURLをクリックするなんて、ましてニコニコのURLなんて、クリックしたのは何年振りでしょうか。
映像としても、とりあえずエフェクトぶち込んでいく潔さが楽しいです。メチャクチャに光るところサイコー。この、手探りのぶどーかんな感じ、動画編集に慣れていくと出せなくなっちゃうんですよね。
この投稿者さんの他のMADも面白いです。動画速度の変更が出来ないのか、映像カットで尺を合わせていくスタイルで作られており、ユニークな質感があります。かつてのアイマスMADファンとしては、フェリーニPっぽさを感じます。ネタが2000年代のフェリーニPって感じ。



極楽交通渋滞

サムネ気持ち悪いですね。
ローレル&ハーディの破壊的スラップスティック・コメディが今年のベスト映画です。
前半は店先で起こる他愛のないドタバタ劇ですが、後半はひたすら車の破壊行為が続き、エスカレートしていきます。
ギャグのために破壊している、というより、ただただ破壊のために破壊している。意味も目的もなく破壊行為だけが在る。という感じ。その光景に、初見時は笑いより恐怖を覚えました。
本作はゴダールの『ウィークエンド』渋滞シーンの元ネタです。
サモハンの『五福星』で延々カークラッシュが続くシーンも影響を受けてそうな気がします。直接の元ネタは当然『ブルース・ブラザース』でしょうが、「消火栓から吹き出る水」という運動を画面にしっかり収める優れた映像感覚は、無声スラップスティック相当見てカラダに染み付いてるサモハンやジャッキー・チェンならでは、でしょう。
(ところで先日、改めて『五福星』を見たらジガ・ヴェルトフ集団期前後のゴダールっぽさがある上に、ゴダールが放棄しているストーリーテリングも力技で内包していて、80年代ゴールデン・ハーベスト恐るべし、となりました。やっぱシネフィルはジャッキーやサモハンの映画見ておくべきよね)



星を持つ男

1950年公開、原題 "Stars in My Crown"
監督は『私はゾンビと歩いた』『キャット・ピープル』といったジャンル映画や、フィルムノワール『過去を逃れて』辺りが日本でもそこそこ知られているジャック・ターナー。

『星を持つ男』は西部を舞台にした人情噺です(Amazonのレビューで端正に作品説明をされてる方がいらっしゃいます)。
涙を誘う物語と、無駄のない演出はモチロン素晴らしいのですが、この「荷馬車いっぱいの藁の上に寝そべる二人の少年と、そこに差す木漏れ日」のシーンのような美しい情景が、映画をより忘れがたい物にしています。

こんなシーンと出会うために、映画見てるんですよ、ほんと。



映画キラキラ☆プリキュアアラモード
プリキュア映画に、理屈を入れる必要はない、といつも思います。
敵が悪いことをする理由だとか、圧倒的に強い相手に最終的に勝ってしまう理屈だとか。物語を作る人や、大きなお友達にとっては、そういった物があった方が納得できるのでしょうが、メイン客層であるお嬢さま方にとっては退屈極まりない事がほとんどです。お嬢さま方は、プリキュアがバッタバッタと悪いヤツをやっつける姿が見たいのです。
という観点から見ると、キラプリ映画は久しぶりの良作でした。理由など提示せず、「楽しい」という感覚だけで映画を進めて行く。特に動物変身モード時は「すげぇ」と呟いてしまうほどに理屈レス。辻褄を合わせるより、面白そうな方向に振るのを優先する展開に、とても感動しました。フランス人はプリキュア知らないだろうに無条件でミラクルライト振ってくれるのも良かったですね。
僕が高評価のプリ映画は、大友のみなさまが低評価を下すことが多いので、おそらくこの映画も世間の評価は低く出るのではないかと予想しますが、是非来年以降も今回のスタイルで邁進して欲しいものです。



Tormentor X Punisher

史上最高に好調だった2017年任天堂を象徴するSwitchのマリオ&ゼルダ。
理系でも文系でもない文化系純粋培養ボケ頭でも遊べてソシャゲのお供に最適な元素周期表放置ゲーム『Idle Evolution』。
マルチで遊んでナンボな作品が増えてFPS & TPS シューターからスッカリ遠ざかっていた自分が久しぶりにエンジョイ出来たシングルFPS『HIGH HELL』。
そして今年最後のサプライズ・ケーキ『Bridge Constructor Portal』。

と、2017年プレイした新作ゲームはこの程度なのですが、群を抜いて面白かったのは『Tormentor X Punisher』でした。

「リロードがショットガン」という突き抜けた仕様に、完敗と乾杯しました。
『スターシップ・トゥルーパーズ』よろしくマシンガン連射でエネミーをブチのめす。弾数は無制限だけどリロードは必要。でもリロード・ボタンを押してもショットガンが発砲されるので、弾は途切れない。
この仕様のおかげで、トリガー引きっぱなしで弾を撃ちまくるだけの単調さから解放された、リロードが快感となるネクスト・レベルのトリガーハッピーに脳が満たされます。
ゲームシステムは、プレイヤーも雑魚も一撃必殺仕様。スキルやステータスUPなどのお助け要素は一切ナシ。死ねばイチから裸一貫でやり直し、というハードコアなアーケード・スタイル。
正直、僕には難しすぎるゲームなのですが、あっさり死ぬおかげでワンプレイが短くお手軽に楽しめるし、リスタートのレスポンスも良いし、何よりDOOM直系のゴアいメタルなサウンドトラックが心地よくて、延々と遊び続けてしまいます。



みくまりの谷深

かつて月刊アフタヌーンで連載されていた虫漫画『エンブリヲ』小川幸辰の新作書き下ろし漫画。「みくまりの谷深(やみ)」と読みます。
近年はエロやパロやコメディをちょくちょく描いていて、同人誌に寄稿しているその手の作品も面白いのですが、やはりかつて『エンブリヲ』に衝撃を受けた身としては「こういうのが読みたかった!」と嬉しくなる、フォークロアでハードコアな漫画となっております。
全2巻に収める為にかなりギッチギチに詰め込んだのだろうなぁと思われる怒涛の内容で、もったいぶらずに事が起きまくり、人が死にまくります。ドロドロした村の因習と、現代社会の隠蔽気質が合わさって、最高に事態が泥沼化した地獄絵図が繰り広げられます。でも主人公の女の子の絵柄はキュート!おもらしイヤラシイ!
『エンブリヲ』の小川幸辰と、アダルト作品などの時のおがわ甘藍。二つの名義がついに理想的なカタチで融合した感があります。願わくば、今回みたいなお話をもっとじっくり展開できる場所が欲しい!という事で、興味がある人には是非買って頂きたい一作。



------
と、こんなところでしょうか。
音楽は相変わらず最近の物は全く知りません。今年は、もっぱらキャノンボール・アダレイとナット・アダレイのアルバム聴いてました。

コレ聴きながらドライブするの、楽しかった。はやく春にならないかな。
[ 2017/12/26 23:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2016年に出会ったもの

すっかり家に閉じこもっていた一年でしたが、インターネットのおかげでさほど困りませんね。そんな2016年の、出会えて良かったもの、
「あらまあステキじゃない!」と、
2016b.jpg
↑こんな顔になったものを、書きます。


1. 1970年のインド映画『Uski Roti
好みの映画に出会えた、というだけでなく、日本では全く知られていないけど、この世界にはマニ・カウルという凄い監督がいる、と発見した喜びが、とてつもなく大きかったです。


2. 今年の邦画『インターン!
「自分だけはこの良さが分かる!」なんて思っちゃうと、偏愛してしまいますよね。根強いファンがいるクソアニメって、そういう楽しみ方をしてる人が多いんじゃないかな。


3. アイドルマスター プラチナスターズ
一度は完全に興味を失ったアイマスのゲームを、今や毎日欠かさずプレイしてるんですからね。凄いことです。毎日やってるのにオーロラディーヴァ出ないってのも凄いことです。


4. ジョン・フォード監督作『太陽は光り輝く
映画はこれ一本あれば良い。なんて乱暴な事を思ってしまうほどの傑作。


5. Dyson Pure Hot+Cool Link
アフェリエイト枠。


6. 『この世界の片隅に
僕が昔ちょこっと付き合っていた女の子が自殺したと、風の便りに聞きました。事故で亡くなったカレシの後を追ったそうです。彼女には、母と兄がいて、三人暮らしの母子家庭でした。彼女が亡くなる前に、心の脆い人だった兄もまた、自殺しています。成人するまで育てた子が二人とも自殺し、それでも母親は以前と変わらぬパートタイムの仕事を続け、独り、暮らしています。その心境がいかなるものか、僕には見当もつきません。

『この世界の片隅に』を見て、僕はその事を思いました。玉音放送のシーンに、しれっと加わっている近所のおばちゃん、刈谷さん。
201606.jpg
劇中の刈谷さんは最初から最後まで表情を変える事なく、感情も表に出しません。しかし彼女もまた、我が身を呪うような後悔と悲しみの経験をしている人です。悲しみの度合いなど測れませんが、夫と弟を既に亡くし、その上あんな形で息子との今生の別れをして、一人残された彼女の状況は、主人公すずよりも悲惨かもしれない。でも彼女はこの物語の主人公ではないから、しれっとした顔をしながら一体何を思っているのか詳しく描かれる事はない。ただ、しれっとした顔で生きている、という事が提示されるだけ。

「うちしか持っとらん それの記憶がある」
すずが言う通り、人は誰しも、その人しか持ち得ぬ記憶を抱えています。人は記憶の器かもしれない。でも、この世界の片隅にいるほとんど全ての人は、物語の主人公のように記憶を器から外に出すこともなく、しれっとした顔で生きていきます。だから僕には、二人の子を亡くそうと今日も変わらずパートのおばちゃんでいるあの母親が、どんな記憶を抱え、どんな心境でいるのか、見当もつきません。

あなたからすれば、僕もそうですし、僕からすれば、あなたもそうです。しれっとした顔で生きている。でも、一人一人それぞれに記憶を抱えている。
記憶を器から出す必要があるのか、僕には分かりません。良い事ばかりとは思えないからです。共有された記憶は歴史となり、時に憎しみや論争も生みます。
それよりも大切なのは、「うちしか持っとらん それの記憶」を誰もが抱えていると認識する。そういう事だろうと、僕は思います。あなたの大切な人であろうと、あなたが気にも留めない人であろうと、あなたを攻撃する人であろうと、あなたが攻撃する人であろうと。もちろん僕自身、あなた自身も。
そしてもう一つ大切なのは、消えてしまいそうな器の記憶に思いを馳せること。この作品がそうであるように。


7. なーんて事を思わなければやっていけない程度に、他人が怖くて仕方がない僕にとって、とてもパーソナルな映画になったのが日活ロマンポルノの名作として名高い『人妻集団暴行致死事件』でした。最近は「もう映画の感想や解説、製作の裏話やインタビューは見ない!俺はただそこにある映画だけを見る!」と言う映画需要スタイルを心がけていますが、人様に評価されている物はやっぱり良い事が多いですね。


8. 『バズビー・バークリーの集れ! 仲間たち
1943年12月公開のミュージカル映画。すずの記憶で言えば、彼女に縁談が持ち込まれた時期に、アメリカではこんな狂乱の映像がスクリーンに映し出されヒットしていたんだなぁ。


9. Davis Ayer
とてもユニークな写真家さんです。


10. 東方同人誌
タイトルの字数順に
上元』サークル:砂亭
ゆめゆめわするる』サークル:風前ランプ
親愛なるラプンツェルたちへ』サークル:paseri
特に響いた三冊です。簡単な感想は追記に。感想、というより印象ですが。




では、以下に追記として、それぞれについてもう少し書きます。
[ 2016/12/16 20:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)

プラチナスターズ所感

プラチナスターズ、全員Sランクにしたところでの感想。長いので、本文は追記の方に。
[ 2016/10/14 20:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

I'm God by clammyclams


Iggy & The Stooges / Im a Man / (Leroy Schlimm Edit) by leroy schlimm


DaVinci & Ammbush - Inhale (Prod. REL) [Non-Mixtape Version] by SWTBRDS


Musique Concrète for Beginners by Monroeville Music Center




・リスアニ!アイマス特集号ってアイマス記事オンリーなんだな。トカチゴールドとかも載ってて面白いね。俺はいまだにトカゴ当選しなかった事を根に持って生きている。


・特にネタも無いので上半期見た映画20選。新作旧作問わず、映画館&自宅観賞両方含む。善し悪しより、2011年上半期に見て良かった、という点でチョイス。

ビー・デビル
現時点で今年ベスト。別格。

映画プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ★虹色の花
震災の影響でブルーチームの水上シーンが若干カットされていた。映画館によってはカットされる所で「ブチッ」って音がしてたのが急ぎの編集という感じで興味深かった。

ジャッカス3D
これが一番今期、わざわざ映画館で3Dで見た意味があった。高い3D料金出してクソとゲロまみれになる不毛さ。それを楽しめるというのがどんなに幸せな事か。

SOMEWHERE
エル・ファニングの天使っぷりだけで生きていける。

SUPER8/スーパーエイト
エル・ファニングの<ネタバレcensored>だけで生きていける。

MAD探偵 7人の容疑者
狂えば狂うほど美しくなる。もっとさらけ出そう(提案)

愛の勝利を ムッソリーニを愛した女
さらけ出し過ぎるとドン引きされるので気をつけよう。

ソーシャル・ネットワーク
俺らみたいにネット上でウジウジしてる連中は見るべきですよ。

ブラック・スワン
アイマスライブ6th東京公演で中村先生もMCネタにしてたし。

メアリー&マックス
不器用でも、つたなくとも、残す事に意味があるなら、俺らがやってるクソみたいな動画遊びも。

冷たい熱帯魚
やっぱ、でんでんはインパクトあったよね。

ドリーム・ホーム
家って大事。

ピラニア3D
日本公開は来期だけど、ちゃんと劇場公開してくれるというのが本気で嬉しい。

ムカデ人間
日本公開は来期だけど、ホント気分悪くなれる映画なんで!オススメなんで!俺は見ないけど。

ホット・ファズ
エドガー・ライトオールナイトでの観賞、天に向けて発砲するシーンでの拍手喝采は最高だった。

ブロンド少女は過激に美しく
ストーリーを求めて映画を見てるんじゃないよ。あんなカットをラストカットにするブッ飛ばしっぷりこそ見たいんだよ。

劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ
ニコ厨ですから。

ブルーバレンタイン
アイマスとの付き合い方すらヘタなのに、他人と付き合うなんて。

映画 ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー…ですか!?
つぼみを見習って心を開かなきゃだめだー。

ワイルドバンチ
"let's go" "why not"
[ 2011/06/29 23:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

Final Cut Pro X インプレ、アイマスMAD製作者用

Final Cut Pro X、ちょっと弄った感想、MacユーザーのニコマスPが何人か見てるかもしれないので書いておきます。

FCPXは思いっきりiMovie寄りになっています。なのでFinal Cutシリーズの人はまた一から操作に慣れていく必要アリ。Final Cutシリーズの良い意味での無骨さが無くなり、最近のApple純正アプリらしい初心者に優しい、ただしバリバリ使う人には使い辛いインターフェイスになっていると思います。

動画の速度調整はカット尻をドラッグするだけで直感的に出来ます。僕みたいに速度計算しない人間にとっては便利かもしれません。ただ数値入力で速度調整出来ないので、動画速度を72%にしたいという時も、いちいちカット尻をドラッグする必要があります。面倒です。

エフェクトはFCPにあった物は普通に入ってるかな。少なくとも僕が良く使っていたエフェクトは全部ありそうです。ただ、僕が良く使っていた色の出し方は、ちょっと手間になりました。

これは500~1000%拡大して"これもう分かんねぇな"状態にした動画にプリズムブラーをかけオーバーレイ合成で重ねて作っていたのですが、FCPXの動画拡大率が最大400%なので、重ねた動画が分かっちゃうんですよね。横着しないで重ねる用の動画作れば良いだけの話なんですが。

色調補正は、やりやすくて好感。カラーバランス、サチュレーション、露出をグリグリ弄ってリアルタイムでプレビュー出来ます。

レンダリングは勝手にバックグラウンドでやってくれるのですが、動作は重くなります。弄ってた動画がMP4形式で動画サイズ1280x720、59.94fpsという編集するにはよろしくない物だったせいでしょうが、一時間くらい使ってたらエフェクトかけてる時に落ちました。これは動画編集に適したデータ使えば変わってくるかもしれません。


取りあえず、こんなモンですかね。
iMovieから移行するなら問題なさそう。
Final Cut Studio使っているなら、もうちょっと利点が見えてこないと厳しいかな。
Final Cut Expressの人は、操作覚えればメインで使える編集ソフトになると思います。FCEで出来ないオーバーレイ合成などが出来るのは、色調が重要なアイマスMADでは大きいです。FCEで編集してFCPXで色調補正というのもアリかも。従来のFinal Cutシリーズと同時起動が出来ないので、旧Final Cutで編集→FCPXで色調補正、といった作業を同時進行するのは不可能ですが。

僕はあまり利点が無いようなら、今まで通り旧FCPで編集して、AEで補正かけちゃうと思います。
まあ軽く弄っただけなので、参考程度で。
余裕あったらFCPX弄るニコ生やりたいですが、シングルディスプレイ環境なので難しいかなぁ。
[ 2011/06/22 01:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2010

薄~い一年を振り返る。
[ 2010/12/23 19:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

Lactacyd - "Vagina monologue"

by ROBERT NYLUND from camilo gisone on Vimeo.



なるほどこの視点はなかった!
[ 2010/06/06 13:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)



いわゆるニコマスで杉田かをるP(仮)と呼ばれてる方の。
こんなにいいのに、あんま聴かれてないなー。
ヒップホップのアルバムのジャケパロな絵もメッチャいいのですよ。
[ 2010/05/11 06:11 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

KLM Economy Comfort Product with Ramana at Manchester Airport T2

よし!お前は罰として透明椅子を2分22秒やれ!


[ 2010/05/07 06:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

かっこいい台詞おもいついた

Pじゃなくてアイドルをリスペクトしてください

うわっ、かっこいい><

まあ、Pリスペクトは動画作る原動力になるから全然おkだと思うし、
アイマスで作ってるのはアイドル好きだからだろうし、
使う機会ないだろうけどナァ。
[ 2010/04/24 23:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
プロフィール
Author:かりふら